「ベンチャー企業は危ない」→ 全て論破します。

ベンチャー 危ない ベンチャー・スタートアップ
ベンチャーに就職・転職を考えているが、ベンチャー企業は危ないと言われている。それって本当?

この記事はこんな疑問に答えます。

ベンチャー企業で働いている私が解説します。5分で読めちゃいます。

「ベンチャー企業は危ない」と思われている理由を深堀してみた

ベンチャーで働いて4年になるが「ベンチャー企業は危ないとか怖いとか」思われている理由を徹底解析してみました。

ダントツでこの3つだと思う。

1. ベンチャーは倒産するリスクが高いから

たしかに新規企業が倒産するリスクは高く、生き残る会社も一握り。ましてや大成功を残す企業は更にほんのわずか。

多くのスタートアップ・ベンチャー企業の運転資金は2-3ヶ月ぐらいしかないと言われています。

とういうことは、コロナみたいな社会封鎖が起こり営業できなくなった場合はほぼアウトになってしまいます。

2. 激務でブラック企業だと思われているから

ベンチャーで激務は正しいかと思います。とにかく仕事はEndlessです。

就業規則も整備されていないし、少人数で自分の仕事量は一般企業より断然多いです。激務でブラック企業だと思っちゃうひとも理解できます。

ただ、自分が情熱を燃やしてやる仕事ならば、苦痛など一切感じません。

ベンチャーにおける「偏見」のひとつである、「激務」について解説している記事もあるのであわせてどうぞ。ベンチャー企業の実態がわかります。

ベンチャーは激務

「ベンチャーは激務」と言っている人の話は聞かない方がいい。【ベンチャー転職希望者へ】

3. ワンマン社長のせいで成長機会を失っているから

ベンチャーの場合は、「創業者がゼッタイ」という風潮があります。未上場ベンチャーでは、ワンマン社長が多い傾向にあります。

ワンマン社長の特徴は、事業方針・戦略立案・決裁権も他メンバーに相談することなく、すべて社長が意思決定している点です。

ボトムアップの提案や提言が受け入れられないすると、挑戦できる幅も狭まり、著しく成長が出来なくなるリスクがあります。

ベンチャーは本当に危ないのか? → 全て論破します

Photo by Lujia Zhang

ではベンチャーは本当に危ないのか? 

私は「全く危なくない」と思っています。

危ないと言っている人はおそらくスタートアップ・ベンチャー企業での勤務経験がないか、物事の一部しか見れてないと思います。

上で挙げた「ベンチャーは危ない」と思われている理由を1つずつ解説していきますね。

「ベンチャーは倒産リスクが高い」→ 倒産したら何がリスク?もっと深刻なリスクは..

借金して起業した創業者でない限り、倒産しても負債を負うことはありません。

仮に直前で会社が倒産したとしても、ちょっと急いで転職活動する必要があるぐらいです。

しかも幸い、日本は失業手当を半年間出してくれるので、すぐに無収入になることはないです。

ベンチャーで挑戦して成長意欲がある人なら、すぐにどこでも転職することが出来ます。

なので、リスクは全くないと私は思います。

逆にリスクなのは、「限りある人生で、挑戦したいことがあったけど、勇気がなくて一生出来なかったとき」です。

「ベンチャーは激務だから」→ ベンチャー志望なら関係ない

そもそも「激務」であることを恐れる人は、ベンチャー志望者にいません。

探求心と成長意欲が人の何倍も高い人がベンチャーを志望し、ベンチャー企業に入ります。

あと、ベンチャー企業の特徴は、「ビジョン・目標に対する達成意欲が高い」ことです。それが個々に浸透されています。

そういう人達が集まるとどうなるか?仕事はEndlessになります。時には、時間を忘れて夜中までメンバー同士で議論したり、飲みに行っても事業の話で盛り上がったりと。

「仕事をやらされている」と思っているから激務と感じるのであって、ベンチャーで働く大半の人は、自ら仕事を作り、Endlessにやり続けているだけなのです。はたから見ると激務に映っているだけなのです。

「ワンマン社長のせいで成長機会を失っている」→ 見極め方はあります

ベンチャー企業をはじめ未上場企業の場合、社長や役員を解任することは不可能です。

トップに信頼や共感が持てないのであれば、その会社は入社しないか、辞めた方が絶対に良いです。

転職してから後悔しないように「ワンマン社長」の見極め方を説明します!

一発で見極め可能です。

このうちどれか1つに当てはまる場合は、ワンマン社長の可能性が高いです↓

● 会社の実績や成長を話しているとき、全て「俺が」「私が」と一人称で話す人

●「俺の金」「私の金」など、投資したことを一人称で話す人

● 社員から覇気が感じられないとき

今まで多数の中小企業の人と会いましたが、特に確度の高いのは1番目です。

ダメな社長の特徴

ダメな社長・経営者の特徴6つ。こんな社長の下で働くぐらいなら転職しよう

※ベンチャーから大企業への転職は不可能?

そんなことはありません。ベンチャーから大企業へ転職することは可能です。むしろしやすいケースの方が多いです。

幸い、多くの大企業は常に優秀な人材を求めて募集をかけています。ベンチャーでゴリゴリに成長して、実績を積み上げていけばきっと、転職市場価値は高まりオファーはもらいやすくなります。

詳しくはこちらの記事で解説しているので、お時間ある方は是非どうぞ。

ベンチャーから大企業

「ベンチャーから大手へ転職は無理」→そんな時代は終わりました。

優良ベンチャー企業の見極める方法

@laughayette

方法は2つあります。

それは、

1. 自分で会って見極める

2. プロに任せる

です。

1つ目の自分で見極めるのは、正直限界があります。

が、ベンチャー企業への転職活動で色んな会社を見てきて「優良ベンチャーの特徴」を見つけました!

それがこちら:

  1. 採用面談ですぐにトップ(社長や役員)が出てくる → ヒトを重視している
  2. VC(ベンチャーキャピタル)から資金調達をしている → 期待されている、信頼性
  3. 社員同士が仲良さそう → フランクに話している
  4.   

  5. 求人情報やWebsiteでやりがいをPRするのではなく、Visionを明確に示している → やりがいばかりをPRしていると怪しい

また、2つ目の「プロに任せる」が優良ベンチャー企業の絞り込みという1stステップでは最も重要です。

ベンチャー転職で私が利用したおすすめ転職エージェント

ベンチャー転職を迷っている方もまずは転職エージェントに登録して、実際にプロに相談してみることをおすすめします。(もちろん利用は無料です)

ベンチャー転職にオススメの転職エージェント&サイト

リクルートエージェント
→ 実際に利用して一番ベンチャーの求人を紹介してくれた。総合型なのであらゆる業種・職種をカバー。特に都市部のITベンチャーに強い傾向。

DYM転職
→ 20代でベンチャー未経験者や第二新卒の転職に特化した有名転職エージェント。メガベンチャー〜創業したてスタートアップまで幅広く紹介してくれる。ここの特徴は経営者と直接やりとりしていることが多いのでベンチャーの未公開求人を保有している。若いうちから成長ベンチャーに転職してコアメンバーを狙うならここ。

JACリクルートメント
→ ミドル・ハイクラス案件専門エージェント。ベンチャーの幹部候補・管理者の求人を紹介してくれる。(規模はやや大きめのベンチャー志望者向け)

ジョブトラ20s
→ 第二新卒×成長ベンチャーに特化した転職エージェント。20代でこれから成長ベンチャーへ飛び込んで創業メンバーとしてキャリアを積んでいきたいと思っているならここ。

マイナビエージェント
→ ベンチャー企業求人多数。会社規模も小~大まで揃えている。

プロコミット
→ 未上場の小規模ベンチャー・スタートアップに強い。立ち上げメンバーを狙うならここ。

doda
→ 海外事業立ち上げ等、グローバルな案件が多め。ビジネス職からエンジニアまで幅広く紹介してくれる。

私も利用して驚いたのですが、転職エージェントは企業のことを包み隠さず情報共有してくれます。

中途採用の場合、エージェントは企業から”紹介の質”を求められているからだと、今になって気づきました。

企業側からすると、相性が合わなさそう、活躍出来なさそうな候補者をバンバン紹介してくるエージェントは使いたくないですよね。

おすすめのベンチャー転職エージェント

【2021年版】ベンチャー転職に強いおすすめ転職エージェント

そもそも安全で安定した業種・職種の条件は?

公務員ぐらいではないでしょうか。

その他は安全な職業などありません。大企業だってリストラはありますし、倒産する可能性も多いにあります。

では一番安全で安定した仕事は?

→ それは、「自分で稼ぐ力を身に付ける」に尽きると思います。

いざのときは、会社は守ってくれません。自分個人で稼いでいなかないといけません。

まずは、会社の名前なしで自分がどれぐらい稼げるのか試してみても良いかと。

いますぐリモートワークで副業を始める方法【業種別完全解説版】

ベンチャー企業の年収は?

Photo by Eric Prouzet

ベンチャー企業の年収は、会社の規模、状況と職種、役職により大きく異なります。

この4つの要素が絡み合っている感じですね。

ベンチャー企業と言われる中で一番年収が高いのはやはり上場しているメガベンチャーですね。

例えば、LINE,楽天とかDeNAとかグリー、サイバーエージェントなどなど。部長や役員レベルとなると数千万円は余裕でもらえるらしいです。

未上場ベンチャーでも、全社一律で年収が低いかというとそうではないです。

転職エージェントから紹介されると思いますが、社員数十人しかいない小規模のベンチャーでも提示額が年収800万円以上の案件も少なくはありません。

資金調達した会社はよく、EXITまで最短で駆け抜けるため、優秀な人材を高額で惹きつけようとします。

なので、経営幹部候補、開発責任者等のポジションでの求人は提示額は高い傾向にあります。

結論:「ベンチャー企業は危ない」は幻想

終身雇用の時代は終わりました。

「大企業に入るために良い大学に行きなさいよ!」という親の願いは最適解ではなくなってきました。

間違いなく「ベンチャーは危ない」は、ほんと一面しか見ていない発言です。

もしかしたら、ベンチャーでの身につく対応力、死ぬ気で働く精神力を考えると、長いキャリアでみたら「ベンチャー企業は一番安全」なのかもしれませんね。

実際に総合商社からベンチャー企業に転職した私の実体験もこの記事で紹介しているので是非お時間あれば読んでみてください。

ベンチャー 転職 後悔

ベンチャーに転職して後悔する前に知っておくべき5つのこと。【ベンチャー転職者の実体験】