商社マンの給料を大公開!20代・30代の年収は?

転職・キャリアアップ

「平均年収1,000万円以上!」

総合商社マンの給料は間違いなく日系企業最高峰です。

そんな、超高年収の商社マンは「一体いくらもらっているのか?若いうちからもらえるのか?」

私の実体験を交えて解説します。

マチャド(筆者)
初めに筆者の自己紹介から。私は就活時に7社総合商社を受け、そのうち2社内定をもらいました。
その後5年間、総合商社に勤めて、スタートアップの創業メンバーとして転職しました。

商社マンの給料を大公開! 【商社マン時代の給料も公開します】

まずこの記事での「商社マン」の定義は総合商社(7大商社)で総合職の人です。

その他の専門商社や一般職の給料ではないこと予めご了承くださいませ!

それでは早速、こちらが各社の商社マンの平均給料です。

【総合商社の総合職平均年収(Tanomo調べ)】

会社名総合職平均年収(実態)総合職平均月収
三菱商事1,760万円147万円
伊藤忠商事1,605万円134万円
三井物産1,571万円131万円
住友商事1,526万円127万円
丸紅1,526万円127万円
豊田通商1,205万円100万円
双日1,251万円104万円
参考:各社2019年度有価証券報告書

全社月収100万円オーバーですね!オバケ級ですねww

業界No.1,2の三菱商事と伊藤忠商事の給料が極めて高いですね。特に伊藤忠は純利益が軒並み上昇しているので、それに比例して毎年社員の給料は上昇傾向にあります。

豊田通商も業績が良くなっているため、給料は上昇傾向にあります。

こちらの平均給料は、各社の有価証券報告書から総合職の給料のみを算出しました。

実は、よく雑誌で特集されている「総合商社の平均年収」は商社マン・ウーマン(総合職)だけの年収ではないのです。

算出方法など、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

実は間違い?「本当の」7大総合商社の平均年収を出してみた。2021年版

元商社マンの20代の給料を公開

私は5年間総合商社マンとして働いていました。ざっくりですが、その時の給料はこちらです。

まず、ベースには住宅手当等の現金支給される福利厚生も含まれています。

私は6年目で辞めたので、7年目以降の年収は概算です。(上昇率はほぼほぼ合っていると思います)

個人の成果と会社の業績次第で30歳で1,000万円近くもらえます。

少々給料のからくりを説明すると、 まずベースは階級により決められます。階級は勤務年数に応じて昇格試験があり、それを合格すれば上がっていきます。

(ただ主任以上(新卒で35歳ぐらい)は、上司の推薦だったり、個人の成果により誰でも昇格できるわけではない)

そして、ボーナスは(基本給)× (○○ヶ月)で決まります。

(○○ヶ月)の部分は、会社の業績、個人の成果によって決まります。(ちなみに私がいたころは7.5か月分でした)

年代別商社マンの給料 【20代・30代・40代の年収】

20代の一例を挙げましたが、年代別の商社マンの給料を見ていきましょう!30,40代で商社へ転職を目指す方も必見です!

20代の商社マンの給料:400-900万円/年

2年目から飛躍的に給料が増えます。ボーナスと残業代が入るからです。ただし、商社マンの傾向としてお金が入ると豪遊しだす人が多いです。毎日のように合コンしたり外車買ったりと、私の周りを見るとあまりお金が残らない人が多いですね。。私も入社3年目ぐらいはほぼ収支トントンでした笑

4年目以降になると、人事評価において”定量評価”の割合が増えました。このころから徐々に同期の間で給料に差が出始めます。20代で海外駐在員になる商社マンは地域によっては手当が出るので他の人よりも給料は高くなります。

30代の商社マンの給料:1000-1500万円/年

海外駐在に行く商社マンが増え、手当で給料も上がります。また、30代中盤からは残業代も出なくなる代わりにベース給料はめちゃ上がります。

40代の商社マンの給料:1200-2000万円/年

課長職になれば、良い業績残すと1500万円は手堅いです。

この年代から「出世する人」と「窓際族」となる人大きく分かれてきます。

「出世する人」は、40代で部長になって年収2000万円到達します。

一方、「窓際族」は課長職止まりでそれ以上給料UPはないです。とはいえ1200万円以上はもらえるので世の中的には勝ち組ですが。

50代-60代の商社マンの給料:1200万円-3億円/年

ここからは完全に「役員になる人とならない人」で大差が生まれます。

総合商社において、課長・部長職からのパスは大きく分けて3つあります。

  1. 役員に昇格するひと
  2. 子会社の役員になるひと
  3. 出世しないひと(そのまま)

出世しない人でも1200万円はもらい続けることができるので超優良企業ですよね。

役員になるひとは、取締役で億万長者になれるでしょう。ちなみに伊藤忠の平均役員報酬は3.4億円です。(有価証券報告書より)

子会社の役員の場合は、1500万円-3000万円ぐらいです。(規模の大きい子会社の場合もっと高いが)

商社マンの給料はなぜそんなに高いの?

メガバンクや有名メーカーより断然給料が高い商社マンですが、なぜそんなに高給なのでしょうか?

大きく分けてその理由は3つあります。

  1. めちゃくちゃ利益を上げているから
  2. 総合商社のビジネスモデル
  3. ハイレベルな仕事内容だから

こちらの記事で詳しく解説しているので是非どうぞ。商社の仕組みが理解できます!

WEBマーケター 年収

30歳で年収1,000万円!総合商社の年収が高い3つの理由

商社マンになるにはどうすればいい?

では一体全体、給料レベルS級の総合商社の商社マンになるためにはどうしたらいいのでしょうか?

就活で2社内定もらい、商社で働いた経験のある私が考えた「商社に入るために絶対にやるべきこと」はこの2つに尽切ると思います!

  1. 英語力を徹底的に伸ばす
  2. 有利になる資格を残された時間で取得する

それぞれ関連記事で具体的な勉強方法ご確認ください!

商社マンになるには英語ができないとマズい?【商社就職に必要な英語力】

総合商社で必要なスキルは3つ。【元商社マンが徹底解析】

総合商社は給料がいいだけではなく、「ファーストキャリアとしても最適なビジネスの本質が学べる場」です。

色んなビジネスモデルを体感できるので今後のキャリアにも活きてきます。

転職して商社マンになりたい人へ

商社では中途採用も積極的に行っています。転職で商社マンを目指している人は、まず転職エージェントを登録することをおすすめします。

転職の場合、総合商社は事業部単位で募集をかけることが多いです。

自分の得意領域の事業部からの募集を逃さぬようまずは転職エージェントに登録→エージェントから都度通知をもらう仕組みを構築するのが最優先です!

総合商社の募集案件が多いのはこちらの転職エージェントです!

7大総合商社に転職するなら絶対に登録すべき転職エージェント

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
→ 年収800万円~2,000万円の求人中心のハイクラス特化した転職エージェント。ヘッドハンティング型で、待っていたら希望職種のオファーが来る仕組み。丸紅・伊藤忠・物産などの総合商社新事業立ち上げ担当やマネージャー職レベルの求人がガンガンある。また、担当エージェントも自らサイト内で選ぶことができ、無料で転職サポートが受けられる。年収600万円以上で総合商社への転職を考えている人は登録必須!

JACリクルートメント
→ グローバル人材に特化した大手転職エージェント。とにかく総合商社の求人が多い。総合商社への転職したい人はここはマスト。

リクルートエージェント
→ リクルートが運営するハイクラス求人特化の転職エージェント。総合商社の求人案件は常に持っている。20代後半~40代の人におすすめ。

マイナビエージェント
→ マイナビ系のハイクラス専門転職エージェント。大手総合商社と太いパイプがあり、たまに総合商社の非公開求人を持っているため、登録しておいた方がいい。

ランスタッド
→ ハイクラス求人に完全特化した転職エージェント。高年収求人しか取り扱ってないので、大手商社の管理職を狙うならここ。

doda
→ CMでお馴染みの大手転職エージェント。商社の求人も多く紹介しているので登録しておくべき。転職サイトも同時登録できるので併用して利用するのがおすすめ

総合商社に転職するための転職エージェントの活用方法はこちらにまとめましたので是非あわせて読んでみてください!

総合商社 転職エージェント

7大総合商社に転職するなら絶対に登録すべき転職エージェント&転職サイト

みなさんのキャリアが上手くいくことを陰ながら応援しています!では!