30代ママの転職の実態とは?仕事と育児が両立できる、転職の秘訣を教えます!

30代ママが転職する方法 転職・キャリアアップ

子供を育てながら自分のキャリアについても考えていきたい…と思っている方も最近は多いと思います。一見すると、小さなお子様を抱えながら転職活動をするということは、とても難しいことにも思えますよね。

ただ、今は共働きも当たり前の時代となっており、女性のキャリア推進についても取り組んでいる企業はたくさんあります。

今回は、30代ママの転職の実態やどのようにしたら自分の希望通りの就職ができるか、ご紹介をしていきます。

30代ママが転職を考える理由

一般的に転職がしやすい年代層といえば、20代の若い世代や、30代以降でも女性よりは男性のほうがしやすいイメージがあります。女性は20代後半から30代あたりで、結婚や出産といったイベントがある方の割合が多くなってきます。出産となると、体の負担も大きく一度務めていた会社を離れたり、出産・育児休暇を取るのが一般的な選択肢となっています。

このようなイベントがあると、子育てをしながら転職活動をするということに対して「ハードルが高い」、「なかなか踏み出せない」と考える方もいるかと思います。

身軽に動ける20代や、妊娠・出産といったイベントがない男性よりも、転職活動がし辛いというのが一般的なイメージです。

出産・育児休暇後にもっと働きやすい環境を求めるから

ただ、出産・育児休暇を取得すると一年以上のブランクが発生したり、その後も体調の変化や子供の面倒で「復帰がし辛い」という場面も出てくる可能性があります。

そのため、出産前はバリバリ働いていたという方も、残業や休日出勤が難しくなったり、仕事と育児のバランスが難しいと感じるかもしれません。

会社自体があまり女性の働きやすさを重視していないという場合もあり、社会全体の動きは変わりつつありますが実態というと難しいところもあります。

さらに年収の高い環境を求めるから

また、子供を産むと経済的にも今までの給与では厳しいので、年収をあげるための転職をしたいという方もいます。

ただ、30代ママの多くの方がまだ子どもが小さいため、保育園、幼稚園や学童の迎えもあり、働ける時間は出産前より短くなることが一般的です。

そのため、短時間でも更に給与の良い環境を求めるというひとは増えています。

(それだけ、”勤務時間”ではなく個人の成果・実力を評価する企業が増えているという背景が主な理由です)

このような様々な理由があり「転職したい」と考えている30代のママは少なくありません。

そこで、30代ママの転職は実際厳しいのか?どのように動いたら成功と呼べる転職ができるのか?考えていきたいと思います。

実際厳しい?30代ママの転職の実態とは            

先程も述べた通り、30代で子供がいる女性の転職というのは、比較的難しいイメージがあります。

同じように共働きでも、女性のほうが子供の面倒で休みがち、フルで働けないという世間のイメージが働きにくさを増長させていきます。古風な会社だと、育児をしている女性という時点で落とされる可能性もあります。

しかし、30代ママという立場でも、自分のキャリアは伸ばしていきたいという思いがあることや、仕事にやりがいを求めるのは当然です。

出産前に働いていた会社があまり出産や育児に協力的でなかった場合は、転職を検討することをお勧めします。

比較的難しいイメージがあるとは述べましたが、実際に動いてみると育児に協力的な会社や、女性の活躍を推進している企業もたくさんあります。広く目を向けてみることが大切です。

また、転職活動をする前に自分自身の積んできたキャリアをしっかりと振り返りましょう。

企業の立場からしても30代から未経験を任せる、というよりは得意な分野を担ってもらい、成果をあげることを期待しています。自分を必要としてくれる会社であることかつ、育児に協力的かを、きちんと見極めていく必要があります。

転職の壁にぶつかったときはこちらの記事が打破するヒントになるかもしれません↓

転職スキルなし

30代で転職したいけどスキルがないから無理?転職時に覚悟すべきことと成功の秘訣

では、どのように転職活動を行っていけばいいか、具体的に解説します。

30代ママが転職するときに知っておくべき「失敗しない会社の選び方」                 

woman holding silver iPhone 6

大切にしたいのは、自分の経験が活かせる会社であることと、育児に協力的な会社であることです。この2軸を注力して会社を探していきましょう。さらに、見ていきたい点としては下記があげられます。

-社員数が多い

社員数が多いと、子供が体調不良などで休みをとらなければいけない場合、代わりがきくという利点があります。

逆に、小さい規模の会社だと業務を代われる人が少なく、頼みにくかったり、肩身の狭い思いをする可能性があります。

-女性社員が多い

女性社員が多いということは、女性が働きやすい会社であるとも考えられます。

また、子育て中のママ社員がいるなど、自分と同じ立場の方が働いているということは安心材料にもなりますし、会社としても育児に協力的であるということがわかります。

-フレックス、在宅勤務制度がある

最近はコロナ対策の影響や働き方改革により、フレックスや在宅勤務を導入している企業も少なくありません。

定時で仕事の時間が決められている場合は、子供の送り迎えなど調整が必要だったりしますが、フレックスの場合は自由に業務時間を調整できるため自分にも他人にもストレスがかかりません。

また、在宅勤務であれば通勤の時間がない分朝や夜の時間に余裕ができますし、働きやすい環境であることは間違いないです。

-くるみんマーク・プラチナくるみんマークを取得している

くるみんマーク・プラチナくるみんマークとは、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定をうけた証です。このくるみんマークを取得している企業は、「次世代育成支援対策推進法」に基づき、計画を定め、育児に協力的な体制を整えていることになります。

こういった指標を参考にしてみてもいいでしょう。

厚生労働省のホームページに取得企業一覧も乗っているので、のぞいてみてください。

【おすすめ】自分のために最適な仕事を提案してくれる「転職エージェントの活用」

このように様々なポイントがありますが、たくさんある企業の中から自分にあった企業を探すのはとても労力がかかります。ましてや、子育てで忙しいなかで転職に割く時間があまりないという方も多いでしょう。

そういった方は、転職エージェントの利用も検討してみてください。

自分の仕事の希望や、条件などを伝えておくと、エージェントが仕事を探し紹介してくれます。また、自分ではやりづらい給与交渉なども、転職エージェントが行ってくれる場合があるので、おすすめです。

30代ママにおすすめの転職エージェント

実は、働くママ専門の転職エージェントもあるんです。もちろん利用無料ですので、使わない手はないです。

それはなぜか?

「仕事と子育てを両立させたい」というママに理解がある企業だけを希望職種、スキル、条件に応じて紹介してくれるからです。

これは転職サイトで自分で検索して見つけようとしたらかなら苦労します。

なので、30代ママで転職エージェントを利用する人が急増しています。

正社員からは難しいな…と思っている場合でも、副業からできるなど、色々な方法があるので、まずは相談してみるのもいいでしょう。

30代ママにおすすめの転職エージェントはこちら▼

30代ママが転職するなら絶対に登録すべき転職エージェント

ママ向けキャリア転職支援サービス【ママキャリ】
→ 子持ちで働く女性専用の転職エージェントでは一番有名。仕事と子育てを両立できる求人のみを紹介してくれる。

type女性の転職エージェント
→ 女性専用転職エージェントでは最大級。ママ・女性が働きやすい企業をがんがん紹介してくれる。

doda
→ 何といっても求人案件の量は日本トップレベル。特にIT系企業への転職に強い。在宅ワーク可でIT系の職種を希望の方は、子育てに協力的な企業の求人を紹介してもらいやすい。

転職エージェントを利用するのが始めての方はこちらの記事をチェックしてみてください!

転職エージェントを利用する理由

あまり知られていない「転職エージェントを利用するべき理由」

最短で転職成功させるための「30代ママの面接対策」とは?

転職エージェントやその他の求人経由で応募して、

書類が通ったら、次は面接対策を行いましょう。

20代の身軽な頃とは違い、なんでも「できます」と答えるのはNGです。子育てがある以上、自分の条件を提示し、企業とのニーズをすり合わせることも大切です。

働くママが選考中に企業に確認すべきこと

また、企業側も子育て中の女性に対して、万が一のことを考えなければいけません。純粋にスキルだけで判断してもらえればいいのですが、本当に仕事を任せてもいいのか、確認しなければいけないポイントがいくつかあります。

・子供を預かってもらえる環境があるか(周囲の手助けはあるか)

育児をしながら仕事をする、ということはその間どこかに子供を預けておく必要があります。小学生以下であれば、何時から何時まで預けられるかなど、具体的な業務可能時間を伝えておきましょう。

また、子供が熱を出した場合など、いざという時にどう対応ができるかということも重要です。仕事と育児の両立に関して、家族もサポートしてくれるということをアピールしましょう。

・子供の年齢

乳幼児なのか、小学生なのかで手のかかり具合が変わってきます。乳幼児のほうが急な発熱やトラブルが多いため、どれくらいの頻度で緊急の対応が必要かなど、あらかじめ伝えておくことが大切です。

・希望の雇用形態

希望する業務が休日出勤や残業が多かった場合、それに対応できるかをよく考えておきましょう。対応できる前提で入社しても、現実的に難しかった場合、企業に迷惑がかかりますし、自分も無理をしてしまうことになります。どのような勤務時間、勤務場所であれば仕事と子育ての両立が可能か、あらかじめ自分の中で決めておくことが大切です。

なお、基本的には募集要項にある雇用形態に応募する、というのが通常ですがどうしてもやりたい仕事、自分のスキルを活かせる仕事であれば、一度交渉してみるというのも手としてあります。

最初のミスマッチを防ぐためにも、履歴書の「本人記入欄」に子供のことを記載しておくことをお勧めします。

育児をしているということを分かったうえで、企業が面接をしてくれれば、条件のすり合わせも比較的スムーズかと思われます。逆に、面接してから子供がいると分かった場合、企業側の業務想定と異なってくることもあるので、その後の検討に時間がかかる可能性があります。

どのような勤務体制を希望するか、一言添えておきましょう。

また、育児面での条件のほかに、自分のキャリアビジョンについてもしっかりと伝えることが大切です。

出産、育児でブランクが出来たとしても、これまでの経験、スキルをもって業務に貢献できるということを明確に伝えることができれば、高評価につながると考えられます。

まとめ:働くママさんにぴったりな職場は非常に多いです

woman sitting on brown wooden chair while using silver laptop computer in room

30代ママの転職というのは、一見ハードルが高いと見られがちですが、調べてみると育児に協力的な企業は増えてきています。

また、転職エージェントを利用することで、時間をあまりかけずに育児と両立しながら転職先を探すことも可能です。

これからの時代は夫婦共働きが当たり前になっており、パパとママ二人で育児を協力して行い、ママも働ける環境をつくることが大切です。

今の職場があまり育児に協力的ではない場合、辞めたら次がないと不安になる方もいるかとは思いますが、そこで転職を諦めてしまうのは勿体ないです。

今は女性の働きやすさや、育児をしながら働ける環境づくりを重視している企業もたくさんあります。家族の協力やエージェントなどを活用して、自分の希望通りに働ける職場を探してみてください!

きっと良い転職先が見つかるはずです! みなさんの転職が上手くいくよう陰ながら応援しています(^ ^)

今回ご紹介した30代ママにおすすめの転職エージェントはこちら

30代ママが転職するなら絶対に登録すべき転職エージェント

ママ向けキャリア転職支援サービス【ママキャリ】
→ 子持ちで働く女性専用の転職エージェントでは一番有名。仕事と子育てを両立できる求人のみを紹介してくれる。

type女性の転職エージェント
→ 女性専用転職エージェントでは最大級。ママ・女性が働きやすい企業をがんがん紹介してくれる。

doda
→ 何といっても求人案件の量は日本トップレベル。特にIT系企業への転職に強い。在宅ワーク可でIT系の職種を希望の方は、子育てに協力的な企業の求人を紹介してもらいやすい。