30代で転職したいけどスキルがないから無理?転職時に覚悟すべきことと成功の秘訣

転職スキルなし 仕事の悩み解決

 現在会社勤めをしている方のなかには、「ほかの業種のほうが自分に適しているのでは」「キャリアアップしやすい会社に勤めたい」などの理由で、転職を検討している方も多いのではないでしょうか。

しかし、転職したいけどスキルがない、30代だから転職は厳しいのではなど、不安をいだく方もいるでしょう。

そこで、転職したいけどスキルがない場合や、30代で転職を成功させるにはどんなポイントを押さえれば良いのかを解説します。

スキルがない30代は転職で不利だといわれる理由

30代 転職

30代の会社員は20代の会社員と比較して転職で不利になる理由として、以下が挙げられます。


・30代までに培った経験を期待され、即戦力になるようなスキルが求められる 

・育児休暇(男女ともに)で退職や長期休暇をとるリスクがある

 

30代で転職する場合、即戦力になるようなスキルを持っていることを期待されるのです。そのため、スキルがないだけで不利になることがあるでしょう。

また、女性の場合は、結婚や出産、育児などで長期休暇を取る可能性があります。結婚や出産はライフイベントであり、各休暇を取る権利もあるため、休暇の取得そのものは問題ありません。

しかし、企業側から見ると、採用した従業員が働き始めてすぐに長期休暇を取ったり、退職をしたりとなれば大きな痛手になります。採用する企業側が慎重になるため、転職希望者にとって不利になることが多いです。

転職したいけどスキルがない30代が覚悟すべきこと

30代 転職

 30代で転職活動を始める場合、覚悟しておかなければならないポイントがあります。

焦って転職活動を進めてしまい転職後に後悔したり、転職先が決まらずに経済的に厳しい状況になったりするケースも珍しくありません。

そのため、転職活動を始める前に、転職活動期間や収入などを確認しておきましょう。

転職活動が長引く?早い段階で対策をする

スキルがなく30代で転職を検討している場合、スキルがある方や20代と比較して不利になることから、2か月~3か月程度と転職活動が長引く可能性があります。

希望に適した求人を見つけられなければ、更に転職活動期間が長くなることもあるでしょう。

転職活動が長引く可能性を考えて、「転職活動に集中するために退職する」「自分を追い込むために退職してから転職活動をする」といったことは止めましょう。

モチベーションを上げることは大切ですが、無収入の状態や転職したいけどスキルがないといった悩みがある場合には、安定した収入源は確保しておく必要があります。

スキルがない30代の転職では無茶な挑戦はせず、現在の職を離れずに転職活動をしましょう。転職活動期間を短くしたいのであれば、早めにアピールポイントの整理や自己分析などを行うことが大切です。

 

30代後半で転職すると年収が下がるリスクあり

転職したいけどスキルがないという場合でも、30代前半で転職する場合には収入を上げられる可能性があります。

しかし、30代後半になると、一般的には実務経験が評価されて収入が上がる時期です。 転職したうえで収入アップを希望する場合、ハイキャリア求人に応募するほかありません。

ただし、ハイキャリア求人は当然高いスキルが求められるため、スキルがなければ応募できず、応募自体はできたとしても転職できる確率は低いです。

また、30代後半になると応募できる求人数が減少し、同時にハイキャリア求人も減少します。そのため、30代後半でスキルがないという場合、転職すると収入が下がるケースが多いです。

 

企業が中途採用者に求めるものは大きい

30代になり、20代と同じ感覚で転職活動に挑むのはリスクが高いです。

20代は社会人経験が浅いため、企業側は人材が成長することを想定して採用しますが、30代は社会人経験が10年ほどあるため、さまざまな項目で一定以上のレベルが求められます。

転職をするのであれば即戦力になるかどうかが大切になるため、ほかの転職者と異なるスキルが必要です。

また、30代で転職をすると、将来管理職として働くことを期待されるため、マネジメントスキルの有無も重要視されます。同時に、業務成績や効率化、人脈についてもチェックされるのです。

[b

35歳を過ぎたら未経験の業種への転職は避けたほうが良い

30代になり「ほかの職種のほうが向いている」「チャレンジしたい」と考え、業務経験がない職種への転職を検討する方もいるでしょう。

しかし、転職したいけどスキルがない場合や、35歳過ぎて転職する場合、未経験の職種へ転職できる確率は極めて低いです。

企業側から見ると、未経験の場合は人材教育にコストがかかります。加えて、管理職を目指してキャリアを積む年代であることから、即戦力になってもらいたいのです。

30代の中途採用者には即戦力になってもらいたいのに、教育にコストを使い人材を育てるなど、企業側にメリットはありません。

30代で未経験の職種へ転職を希望しても、企業側から中途採用を希望するケースが稀なことから、転職するのは難しいといえるのです。

なお、30代前半であれば未経験の職種でも転職できる可能性があります。

33歳で異業種に転職できるのか?

33歳で異業種への転職は難しいのか検証してみたら…

 

転職したいけどスキルがない30代が転職を成功させるコツ

30代 転職

スキルがある方や20代の転職希望者と比較すると、転職したいけどスキルがない30代が転職を成功させることは難しいものです。

そこで、転職したいけどスキルがない、年齢的に不利だという場合に、転職を成功させるためのポイントを紹介します。

 

未経験でも働きやすい職種に絞る

転職したいけどスキルがない、資格を持っていないという30代の方は、未経験でも中途採用されやすい職種へ転職する方法が有効です。

未経験でも採用される可能性が高いものとして、営業、販売やアパレル関係の仕事が挙げられます。 営業職は、人材派遣や不動産関係の企業をメインに採用される可能性が高いです。

アパレルや販売の仕事は資格がなくても働けることや、30代以上をターゲットにしたブランドもあることから、転職したいけどスキルがない30代の方でも転職しやすいといえるでしょう。

特別なスキルや資格がなく、正社員での転職を希望する場合は、営業やアパレル関係の求人に絞って応募するのがおすすめです。

 

これまでの経験・実績を文章にする

20代で転職活動をする際には、面接で「とにかく頑張ります!」と言っても評価されるケースがありますが、30代の転職活動では「頑張ります」では採用されません。 転職したいけどスキルがない30代が転職を成功させるためには、これまでの経験や実績を言語化し、整理する必要があります。

整理すべき内容は、職種、スキル、経験、実績です。

職種は:これまで経験した職種や業種、印象に残っている業務など スキル:この分野は詳しい!というものや、持っている技能など 実績:会社が設けた制度で表彰された経験など 経験:企業で働くなかで学んだこと、どのような人達と仕事をしてきたのかなど 自分が転職したいと考えた理由や、気になる企業がある場合は該当の企業へ転職するメリットなどを整理しておくことで、面接時にスムーズな受け答えができます。

スキルがなくても即戦力になることをアピール

人材を採用する企業は、同等のスキルであれば長期間勤務でき、スキルを伸ばせる可能性が高い20代を採用します。

そのため、転職したいけどスキルがない30代の人材に求めるのは、「入社後すぐに即戦力として働いてくれるか」です。

自分の実務経験や採用された後の業務についてアピールしやすいのは志望動機であり、志望動機の受け答えで転職を成功させられるかどうかが決まるといっても過言ではありません。

面接の際の会話でも、スキルの有無よりも「即戦力になれる」ことに焦点を置いて話しましょう。

コミュニケーションスキルをアピール

30代になると、社会人10年以上という方が多く、同僚との接し方や自分の価値観、性格もはっきりと定まっています。また、およそ10年というキャリアを積んでいることから、社会人してのプライドもあるでしょう。

そのため、中途採用した場合に、同僚とコミュニケーションを取れず、会社に馴染めないケースも少なくありません。職種によっては、同僚とコミュニケーションを取れないと業務に支障が出るため、採用担当者は人柄をチェックします。 転職活動では、面接時に「どのような場所でも、誰とでも上手に人間関係を築ける」とアピールしましょう。

履歴書では、趣味や資格など自分自身について話せる項目にこだわって、人柄が伝わるようなエピソードを話します。 「転職しても同僚とうまくやっていけそうだ」と判断されれば、スキルがない30代でもライバルに勝てる可能性が高いです。

現在の仕事でも、転職してからも、協調性がある人間だとアピールできるようなエピソードを用意しておきましょう。

 

30代の転職に強いエージェントを利用する

JACリクルートメント

転職したいけどスキルがない、30代で転職に不利だと不安をいだいている場合は、転職エージェントを活用する方法がおすすめです。

転職エージェントに登録をすれば、企業の求人を紹介、面接のスケジュール調整、給料の交渉など、無料で転職をサポートしてくれます。

30代の転職では、マネジメントスキルをはじめとした専門的なスキルが求められます。転職エージェントを活用すれば、スキルの有無を考慮して求人を紹介したり、スキルをあげる方法、職種の選び方なども”無料で” 提案してくれるのです。

また、転職エージェントは、各エージェントが独自で扱う非公開求人あります。非公開求人は企業のホームページや求人サイトでは公開されない求人のことであり、非常に稀少な求人や条件が良い求人などがあるため、転職エージェントに登録するのがおすすめです。

ひとりで転職活動をするのは不安だという場合にも、専任スタッフがアポートしてくれる転職エージェントサイトを利用しましょう。

 

30歳での転職におすすめの転職エージェントはこちら▼

いろんな職種に対応しているあ総合系の転職エージェントを今回は紹介します。

30代で転職するなら登録すべき転職エージェント

【マスメディアン】
→ マーケター・広報の転職に特化した転職エージェント。Webマーケ領域の転職に強く、実績も業界No.1。マーケターを目指すならここは必須。

doda
→ 何といっても求人案件の量は日本トップレベル。IT系企業への転職に強い。自社サイトを持っているIT企業でWebマーケターを狙うならおすすめ。

JACリクルートメント
→ 年収800万円以上のハイクラスの転職の特化した有名転職エージェント。特に外資系・グローバル職に強い。語学が堪能ならハイクラス求人を紹介してくれる。

リクルートエージェント
→ リクルートが運営するミドル~ハイクラス求人特化の転職エージェント。メガベンチャーから大手のWebマーケターまでカバーしている。都市に関わらず地方での転職を希望している人にもおすすめ。

30代転職に最強の転職エージェントをまとめた記事はこちら↓

30代 転職エージェント

【2021年版】30代で転職するならこれ!おすすめ転職エージェント・サイト

 

 

さらに詳しく職種別におすすの転職エージェントをこちらの記事で紹介しているので、興味あるひとは是非どうぞ!

【2021年 職種別転職エージェント徹底比較】一発でおすすめが見つかる

 

まとめ:転職したいけどスキルがない30代はエージェントを活用しよう

転職したいけどスキルがない30代は、20代やスキルがある方と比較すると転職活動で不利になります。

 

転職活動におけるポイントを押さえて、計画的に行動することが大切です。 また、スキルがない30代でもスムーズに転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

 

30代のキャリア形成について、プロがアドバイスやサポートをしてくれるため、積極的に転職エージェントを利用しましょう。