「20代で転職うまくいかない」に陥っている人が一瞬で転職優位になる方法

「20代で転職うまくいかない」に陥っている人が一瞬で転職優位になる方法 仕事の悩み解決

「転職したくて頑張って行動しているのに、なかなか内定が得られない」

「どう転職すればいいか分からなず、うまくいかない可能性が怖い」

という悩みを抱えている20代は多いものです。

20代のうちに理想通りのキャリアを積んでおきたい人にとって、大きなストレスになっているのではないでしょうか。

マチャド(筆者)
[結論] 20代で転職に悩んでいる人は、20代に強い転職エージェントを活用していきましょう!

今回は、転職を優位に進める方法やオススメの転職エージェントを紹介します。

20代で転職がうまくいかない人の特徴

人, 女性, 座る, 男 が含まれている画像

自動的に生成された説明

まずは、20代で転職がうまくいかない人に共通する特徴を確認していきましょう。

心当たりがあれば、転職方法を見直す必要があるかもしれません。

転職媒体が自分に合っていない

世の中には、さまざまな転職媒体があります。

・転職サイト

・求人情報サイト

・求人特化型のフリーペーパー

・ハローワーク

代表的なものとして、上記のような媒体が挙げられます。

また、近年はダイレクトリクルーティングなどのスカウトサービスや、SNSを活用した採用、紹介がベースとなるリファラル採用などに取り組む企業も増えてきました。

しかし、転職を成功させるには自分に合った転職媒体を見つけることが肝心です。

自分の理想に合った媒体を選べていないと効率が悪くなり、「いい企業と巡り合えない」という結果ばかりが残ってしまうでしょう。

20代を積極採用している企業を見つけられていない

企業によって、採用したい人材のイメージは異なります。

「20代の若手を積極採用し、時間をかけて自社マインドを育成していきたい」

「人材マネジメント経験が豊富な40代50代を採用し、即戦略となって会社を引っ張っていってほしい」

など、企業側のニーズはバラバラなのです。

経験と実績を求める企業にばかり応募している場合、どうしても20代は見劣りしてしまいます。

全員がほぼ同じスタートラインに立つ新卒採用とは、勝手が異なると分かります。

入社後のキャリアイメージができていない

ビジネスマンとして若手の範囲に入る20代は、10年後20年後のキャリアをイメージしながら転職することが重要です。

キャリアイメージがしっかりしていないと、転職がゴールになってしまいやすくなるでしょう。

入社後に成長している自分の姿を面接担当者にイメージしてもらうことが難しくなり、不合格ばかり続きかねないのです。

「20代で転職うまくいかない」に陥っている人が一瞬で転職優位になる方法

「20代で転職うまくいかない」に陥っている人が一瞬で転職優位になる方法

20代の転職を成功させる秘訣

スーツを着てネクタイをしている男性

自動的に生成された説明

早速、20代の転職を成功させる秘訣を紹介します。

次に挙げるようなポイントを抑えていけば満足できる転職を叶えやすくなりますので、事前にチェックしておきましょう。

志望業界の情報を十分に仕入れておく

経験のある業界に転職する場合でも、完全未経験から転職する場合でも、業界に関する知識は十分に仕入れておきましょう。

・業界が抱えている問題や課題は何か

・業界のリーディングカンパニーはどこか

・消費者(ユーザー)から何を期待されている業界なのか

・業界内で話題になっているニュースやトレンドはあるか

などの情報をチェックしておけば、業界の全体像を把握しやすくなります。

ベンチャーの求人の探し方

【転職希望者必見】優良ベンチャー企業求人の賢い探し方とは?

もちろん面接担当者もその業界の一員であるため、無理な知ったかぶりや知識のひけらかしはNGです。

しかし、きちんと事前リサーチしてきた姿勢や自分なりの考えを持って発言しようとする前向きさは、面接時に大きくプラスとなるでしょう。

自己分析に時間をかける

面接担当者が最も知りたいのは、「応募者がどんな人なのか」です。

・どんな経歴や実績があるか

・どんな仕事をするとモチベーションが上がるか

・今後のどんなキャリアを歩んでいきたいか

・想定しているライフプランはあるか

・強みや適性などアピールできるポイントはどこか

上記の項目についてしっかり考え、応募先企業との相性がいいことをアピールしていきましょう。

そのためには、自己分析が欠かせません。

仕事に関する質問も、少しプライベートに踏み込んだ質問も想定しながら、自分の考えを言語化していきましょう。

ベンチャー転職エージェント

「20代未経験で転職したい」→転職のプロに解決してもらうべき

履歴書や職務経歴書の内容を再考する

「書類審査で不合格になってしまうことが多い」という場合、履歴書や職務経歴書の内容に問題があるかもしれません。

履歴書は、文字通りこれまでの自分が歩んできた軌跡を紹介する書類です。

学歴・職歴・資格などを記す形式的な書類だと思われがちですが、自己PR欄を活用すれば大きなアピールができますので、内容を練っておく必要があるでしょう。

職務経歴書は、過去に自分が担当した仕事内容を紹介する書類です。

どれくらいの規模のどんな会社で、どんな仕事をして、どんな成果を上げてきたのか効果的にアピールするための書類であり、ビジネスマンとしてのスキルを示せます。

業務上工夫してきた点や苦労してきた点を面接時に伝える際の材料にもなりますので、妥協せず作成していきましょう。

転職エージェントを活用するメリット

人, 衣料, 屋内, 男 が含まれている画像

自動的に生成された説明

冒頭でも触れた通り、転職がうまくいかない20代は転職エージェンを利用するのが近道です。

ここでは、転職エージェントを活用するメリットを改めて確認していきましょう。

マンツーマンで転職成功に導いてくれる

転職エージェント最大の強みは、マンツーマンで転職をサポートしてくれる点にあります。

応募先の業界に詳しいキャリアアドバイザーが担当につくため、初めて転職する人や勝手が分からない人でも安心して転職活動できるでしょう。

また、業界に関する情報や裏話を教えてくれる可能性もあります。

自分ひとりで転職することが不安な人は、是非利用してみましょう。

履歴書や職務経歴書の添削をしてくれる

転職エージェントは、履歴書や職務経歴書の添削もしてくれます。

多くの人事部と直接対話してきたキャリアアドバイザーだからこその目線で添削してくれるため、内定に直結する応募書類が作りやすくなるでしょう。

履歴書を送るときの郵送方法やメール文面など、基本的なビジネスマナーも指導してくれます。

「今更こんなこと聞きづらい…」というような内容であっても、積極的にどんどん質問して問題ありません。

業界・職種に即した模擬面接をしてくれる

マンツーマンの模擬面接や、複数メンバーを入れて行う模擬集団面接をしてもらうことも可です。

緊張しがちな人や、上手なコミュニケーションが取れるか心配な人は、複数回練習してから本番に臨みましょう。

また、転職エージェントでは業界・職種に即した模擬面接をしてくれるのも特徴です。

「未経験からプログラミング職に転職しようと思った理由をお聞かせいただけますか」

「ご自身が見た最近の広告・宣伝について、特に心に残ったものはありますか」

など、自分の応募志向に合わせた内容にカスタマイズしてくれるため、より効率のよい練習ができそうです。

志望動機や自己PRの内容を一緒に考えてくれる

転職希望者が特に悩むのが、志望動機や自己PRの内容です。

どの企業でも聞かれる項目であるため重要なアピールチャンスでありながら、どう答えるのが最適解か分からず、分からなくなってしまう人も多いでしょう。

転職エージェントは、こうした志望動機や自己PRの内容も一緒に考えてくれます。

ウケを狙った画一的なアドバイスではなく、本当に自分がやりたいことや転職にかけている思いを上手く言語化する手伝いをしてくれるため、十分なメリットが感じられるでしょう。

「どう表現すれば伝わるか」を意識する上でも、重要なトレーニングになります。

完全無料で利用できる

転職エージェントの利用には、一切の料金がかかりません。

紹介先企業から成功報酬をもらうビジネススタイルで運営しているため、転職希望者本人からは利用料を取らないのです。

また、転職エージェントへの登録は24時間365日可能であり、手続き自体も2~3分で終わります。

「コストをかけずに転職したい」

「転職に合わせてスーツや鞄を新調したいので、それ以外にお金をかけたくない」

という人でも利用しやすいでしょう。

在職中の転職でも使いやすい

転職エージェントは、在職中など時間がない人でも使いやすいのが特徴です。

・本業が終わった夜19時以降に面談してもらう

・土日や祝日に模擬面接をしてもらう

・なかなか電話が取れないためメールやLINEでやり取りする

といった相談も可能です。

まとまった時間が取れない人でも、転職に向けた一歩を踏み出しやすくなります。

転職エージェントを利用する理由

あまり知られていない「転職エージェントを利用するべき理由」

20代にオススメの転職エージェント5選

最後に、20代にオススメの転職エージェントを紹介します。

複数登録しながら様子を見ることも可能ですので、気になるエージェントがあれば利用してみましょう。

DYM転職

画像引用:https://www.dshu.jp/

DYM転職は、株式会社DYMが運営する転職エージェントです。

第二新卒・既卒・フリーターやニート出身を対象としたエージェントであり、若手人材が大手優良企業の正社員として転職するサポートを行っています。

各企業との強いパイプを持っているため、書類選考をパスして早速面接からスタートできる案件も多数存在します。

今まで書類選考で不合格になってばかりだった人や、履歴書・職務経歴書づくりに不安のある人にオススメです。

DYM転職で無料相談してみる

ワークポート

画像引用:https://www.workport.co.jp/

ワークポートは、株式会社ワークポートが運営する転職エージェントです。

IT系・Web系の求人に強く、20代でも挑戦しやすい未経験歓迎案件を多数扱っています。

無料で活用できる転職活動支援アプリ「eコンシェル」や、未経験から学べる無料エンジニアスクール「みんスク」なども手掛けており、自分ひとりでは叶えられない転職活動ができるでしょう。

スキルを身につけながら転職したい人にもオススメです。

WORKPORT(ワークポート)に無料登録する

ジョブトラ20s

画像引用:https://job-tryout20.com/

ジョブトラ20sは、株式会社リアライブが運営する転職エージェントです。

20代専門の転職支援サービスであるため、若手人材を求める企業ばかりが案件を掲載しています。

優良企業・大手ベンチャー企業などの掲載も多く、ミスマッチを抑えながら自分に合った企業探しがしやすくなるでしょう。

応募から入社まで最短10日で完了した事例もあり、急ぎで転職を叶えたい人にも向いています。

ジョブトラ20sで無料面談する

dodaエージェント

画像引用:https://doda.jp/consultant/

dodaエージェントは、パーソルキャリア株式会社が運営する転職エージェントです。

業界最大級である10万件の求人を扱う大手転職エージェントであり、長年のノウハウを活かして変化の早い転職市場に合わせたサポートをしてくれます。

現職との退職交渉や転職先への入社日・給与金額などの交渉も担ってくれるため、細かな調整を任せられるのも魅力だと言えるでしょう。

実際に使用した人の感想が下記にまとまっていますので、気になる方はチェックしてみましょう。

doda 転職エージェントの感想は?

転職エージェントdodaの感想。「おすすめしない」を打破する賢い活用法

▶︎ dodaに会員登録する(無料)

リクルートエージェント

画像引用:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する転職エージェントです。

大手人材紹介会社が運営していることもあり、「転職支援実績No.1」「業界最大級の非公開求人数」を誇る媒体として注目されています。

各業種ごとに精通したキャリアアドバイザーが常駐しているため、自分が希望する業種・職種での転職を叶えやすくなるでしょう。

20代だけでなく30代以降の転職希望者にも評判が高く、下記の通り感想が公開されています。

事前に評判をチェックしたい人は、目を通してみましょう。

▶︎ リクルートエージェントに無料登録

JACリクルートメントの感想・評判

30代前半がJACリクルートメントを利用した感想【評判を検証】

20代後半におすすめの転職エージェント

20代後半転職なら利用すべき転職エージェントを5つ紹介!転職の豆知識も紹介

まとめ

20代での転職がうまくいかない人には、共通の要素があります。

・自分に合った転職媒体を活用できているか

・20代を積極採用している企業に出会えているか

・入社後のキャリアイメージをアピールできているか

上記の項目を意識しながら、転職活動をしていきましょう。

プロのサポートを受けたい人は、転職エージェントを利用するのが効果的です。

効率よく理想通りの転職をするためにも、検討してみましょう!