【上位1%勝ち組】20代×年収700万以上を転職で勝ち取る方法とは?

【上位1%勝ち組】20代×年収700万以上を転職で勝ち取る方法とは? 転職・キャリアアップ

「転職して20代の内に年収700万円を超えたいけど、どうすればよいかわからない」

「年収700万円を狙うための方法やおすすめの業界を知りたい」

「年収700万円を狙うにあたってのポイントや注意点を知りたい」

こんな悩みを抱えていませんか?

20代の内に年収700万円を超えるのは難しいです! しかし、決して不可能な年収金額ではありません。本記事では、20代の内に年収700万円を超えるためのノウハウを端的にわかりやすく解説します。

具体的には下記の3つの内容です!

✅20代で年収700万円を稼ぐ方法や稼げる業界、

✅職種について20代で年収700万円を狙うにあたっての注意点やポイント

20代で年収700万円を「稼いでいる人の割合、生活状況、労働状況」について

20代で年収700万円を狙うためのノウハウを把握し、後悔しない転職活動をしましょう。

20代の内に転職して年収700万円を獲得するのは勝ち組なのか?

人, 屋内, 男, 女性 が含まれている画像

自動的に生成された説明

そもそも、20代で年収700万円に到達するのは勝ち組なのか気になりますよね。ここからは、年収700万円以上に到達する割合、生活状況、労働状況について解説します!

20代で年収700万円以上を稼ぐ割合は1%?

転職サイトのdodaを参考にすると、20代で年収700万円以上を超えている割合は約1%でした。また、年収700万円以上を稼ぐのは、20代だけではなくどの年代でも難しいのがわかりました。

年代別で平均年収と年収分布を確認すると、

年齢平均年収700万円以上の年収分布
20代341万円1.1%
30代437万円8%
40代502万円17.4%
50代以上613万円33.2%

出典:(doda・平均年収ランキング)

になります! どの年代でも平均年収は700万円を超えておらず、到達している割合は1割〜3割なのがわかりますね。

以上の数値からもわかるように、20代で年収700万円に到達するのは難しいのです。

生活は苦しい?年収700万円の生活

年収700万円の手取り金額は、550万円前後になります。手取りにすると45万円ほどです。手取り45万円は、計画的にお金を管理すれば余裕を持って生活が可能ですよ!

なぜなら、総務省統計局の調査によると、

  • 2人以上の世帯の支出は、およそ27万円
  • 総世帯の支出は、22万円

出典:(総務省統計局・家計調査報告)

になります。

上記の二つの支出パターンから45万円を引くと、およそ10万円は貯金できますね。人それぞれ生活レベルは異なりますが、年収700万円は浪費をしなければ十分に生活できる金額と判断できます!

20代で年収700万円以上は激務が多い?

20代で年収700万円以上を稼ぐのは、ハードワークであることが多いです。よほど好待遇の企業でなければ、残業代で稼がなければならないでしょう。

そのため、自分が仕事においてお金だけでなく何を求めるのか、一度考えて見ましょう。例えば、「働きがい、職場環境、人間関係、プライベートの時間」です。

後悔しない転職活動を行うには、上記の内容を振り返り、自分が今後どう働いていきたいのか整理するのをおすすめしますよ。

また、転職エージェントの利用も最適です! なぜなら、担当のコンサルタントと共にキャリアカウンセリングで「経験、スキル、仕事で大事にしたいこと」を、客観的に整理できるためです。

そこから、自分では選択肢として考えていなかった、キャリアアップのための求人を見つけられる場合もあります。

年収700万円以上稼ぎたい気持ちのほかにも、迷いや悩みがある方は転職エージェントの利用をおすすめしますよ。

20代で年収700万円以上を転職で勝ち取るポイントは?

電話をしている男性

中程度の精度で自動的に生成された説明

ここからは、20代でも年収700万円以上稼ぐためのポイントについて、4つの項目に分けて解説していきますね。具体的な内容を記載してありますので、下記の情報を参考に年収700万円以上を目指しましょう。

転職活動の前に確認!20代で年収700万円以上を稼ぐ方法とは?

20代で年収700万円以上稼ぐようになるためには、

  1. スキルアップする
  2. 転職エージェントを利用する
  3. 20代から稼げる企業に転職する

以上の3つの方法があります。

まずスキルアップは必要不可欠です。20代から年収700万円以上稼ぐには、他の人よりも優れたスキルが無ければ難しいでしょう。

例えば、Webデザイナーの仕事であれば、Webデザインの専門性も高めるのはもちろん大切です。しかし、プログラミングスキルを身につければ、仕事の質の向上だけでなく仕事の幅も広がり、有利になりますよ。

また、外資系企業や総合商社などでは、グローバルに事業展開をしているため語学力が求められます。語学力を活かして海外勤務ともなれば、年収の大幅アップが可能です! 

さらに、「自分の意見を主張したり、周りの意見を尊重したりするといったコミュニケーション能力」「意欲的に仕事に取り組み目標や課題を達成する姿勢」も必要になるでしょう。

ここまでをまとめると、

自分の専門スキルを深める自分の専門スキルに関連するスキルを身につける語学力を身につけるコミュニケーション能力仕事に対する積極性

になります。

ほかに、転職エージェントの利用もおすすめしますよ! なぜなら、「好待遇の非公開求人、年収の条件交渉の代行、スキルや経験に応じた好待遇求人の紹介」といったサービスを無料で受けられるからです。

なお、20代から稼げる企業に転職する、は後述で紹介しますね。

 ​​ 

【年収800万〜】20代でハイクラス転職を勝ち取る人の共通点

【年収800万〜】20代でハイクラス転職を勝ち取る人の共通点とは?

年収700万円以上を狙えるのはどんな仕事?おすすめの業界は?

20代で年収700万円以上を稼ぐには、若い内から稼ぐチャンスのある企業に転職しなければいけません。具体的には下記の3つです。

  1. 成果報酬型のシステムのある企業
  2. 給与ベースの高い企業

これらが当てはまる業界は下記になります!

・総合商社
・コンサルティング業界
・大手外資系企業営業職(証券、保険、不動産、金融)

「総合商社、コンサルティング業界、大手外資系企業」は、年収ベースが初期から高い場合が多いです。また、年功序列ではなく、実力により昇給・昇格が狙える成果主義の人事制度を採用している場合が多くあります。

ほかにも、営業職の多くは成果報酬型の採用をしています。そのため、結果を出せば出すほど給与を上げられますよ!

以上が20代で年収700万円以上を狙える業界や職種になります。

​​

商社マンの給料を大公開!20代・30代の年収は?

​​

市場価値の高い20代転職でおすすめの職種

市場価値の高い20代転職でおすすめの職種は?年収比較・おすすめしない職種

昇格を狙って転職し年収700万円を目指す方法もある

大手企業に就職したけど、年功序列かつ上が詰まっているため、昇給・昇格が難しいという場合は、転職してキャリアップする方法もありますよ。なぜなら、大手企業のブランド力により、好待遇で招かれる可能性があるためです。

ただし、同じ業界内で現在努めている大手企業よりも、順位的に下になる企業を選ぶことが重要になりますよ。加えて、高いスキルや経験があり、即戦力となれるのが大前提ですので注意しましょう。

年収400万円〜700万円の求人には要注意

求人の中には、年収400万円〜700万円など曖昧な募集条件を提示している場合があります。この場合、年収400万円からスタートになり、最高年収が700万円となる可能性があります。そのため、このタイプの求人に応募するのはやめておきましょうね。

20代で年収700万円を狙うのにおすすめの転職エージェント

ここからは、20代で年収700万以上を稼ぐためにおすすめの転職エージェントを解説します。

筆者も全て利用したことのある優良転職エージェントです。

エンワールド

グラフィカル ユーザー インターフェイス が含まれている画像

自動的に生成された説明

エンワールドは、年収800万円以上の求人数が常時10000万件あり、20代で年収700万円を狙うのに最適な外資系特化型の転職エージェントになります。

エンワールドの特徴は、求職者一人ひとりの「目標、要望、スキル」を考慮して、その人に最適な求人を紹介できることです!

また、「プロフェッショナル人材、管理職、経営幹部、スペシャリスト職」の求人をグローバルな視点を持ちながら紹介でき、求職者の可能性を広げられますよ。

エンワールドに無料登録する

JACリクルートメント

スーツを着た男性と文字

中程度の精度で自動的に生成された説明

JCAリクルートは管理職、外資系企業、海外進出企業に特化した転職支援サービスです。転職人数約43万人の実績があり、多数の大手優良企業と取引を行なっています。

ハイクラスの求人の紹介が可能であるため、20代で年収700万円を目指すには最適な転職エージェントです。もちろん、求職者一人ひとりのニーズに柔軟なサービスを提供できますよ!

JACリクルートに無料登録する

doda

Web サイト

自動的に生成された説明

dodaは求人数15万件以上にものぼり、業界最大級の求人数を誇る転職支援サービスです。

圧倒的な求人数の中から、自分の求める業界や職種、採用条件、待遇面など自分のニーズに合った求人を探すことができますよ。

dodaに無料登録する

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカバー)

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, Web サイト

自動的に生成された説明

リクルートダイレクトスカウトは、20代〜30代で年収600万円以上の転職が可能なハイクラス求人に特化した転職エージェントです。

また、20代にして年収750万円の待遇で転職を成功させた実績があります。リクルートダイレクトスカウトであれば、20代で年収700万円以上を目指せますよ。

リクルートダイレクトスカウトに無料登録する

ビズリーチ

グラフィカル ユーザー インターフェイス, Web サイト

自動的に生成された説明

ビズリーチは年収600万円以上の方に指示されている、ヘッドハンティング型の転職サイトです。

年収1000万円以上の求人が、全体の3分の1以上を占めており、年収700万円以上を目指す方に最適な転職サイトになりますよ。

ビズリーチに無料登録する 

​​ 

ハイクラス転職エージェント

【年収800万円以上】ハイクラス向けおすすめ転職エージェント・サイト8社

いま話題の「ダイレクトスカウディングサービス」とは?

上で紹介した中でも、「ビズリーチ」と「リクルートダイレクトスカウト」は”ダイレクトスカウディングサービス”というサービス形態です。

下図の通り、複数の転職エージェントと企業を繋ぐ「マッチングサービス」という位置付けです。

業種・職種を見極めて適切な転職エージェントに登録するのも良いですが、ダイレクトスカウティングサービスはこんなメリットがあります▼


❶ 待っているだけでスカウトがくるので転職エージェント選びが自然にできる

❷ 細かい希望条件にマッチしたオファーが企業や転職エージェントから来るので、短期で転職決まりやすい。

もちろん筆者も両方登録して、転職活動中はヘッドハンターや企業からのオファーを受け取っていました。(そのなかで2週間に1件ぐらいは目を引くオファーがあった気がします)

両方とも無料登録できるので、登録しない理由はないかと。

(ビズリーチは一定期間後、一部機能が有料になります)

▶︎リクルートダイレクトスカウトに登録する

▶︎ビズリーチに登録する

20代で年収700万円を狙うなら計画的な転職活動をしよう!

ノートパソコンで作業をしている人

自動的に生成された説明

今回は、20代で年収700万円を勝ち取る方法や注意点について解説しました。まとめると下記になります!

  1. 自分が年収700万円以上を本気で稼ぎたいのか振り返る
  2. 好待遇の多い業界・職種を調べる
  3. 自分に足りないスキルや経験を把握し、必要なスキルや経験を身に付ける

これらを効率良く行うためには、ハイクラスの求人を扱っている転職サイト・エージェントの利用をおすすめしますよ。なぜなら、担当のコンサルタントにより、適切なアドバイスや情報提供を行ってもらえるためです。

転職サイト・エージェントを上手に利用して、20代で年収700万円以上を勝ち取りましょう!

※ハイクラス転職の関連記事

 ​​ ​​ 

【年収800万〜】20代でハイクラス転職を勝ち取る人の共通点

【年収800万〜】20代でハイクラス転職を勝ち取る人の共通点とは?

​​ ​​ 

30代ハイクラス転職向け転職エージェント・転職サイト

30代でハイクラス転職狙う人は登録マストな転職エージェント・サイト5選【2022年版】

  

管理職の転職は本当に難しい?難しいと思われている理由と管理職転職成功する方法

管理職の転職は本当に難しい?管理職への転職に成功する唯一の方法

「管理者になりたくないから転職?」→これを読めば考え変わります

「管理者になりたくないから転職?」→これを読めば考え変わります

\おすすめ転職エージェントを探す/

  • 商社
  • ベンチャー
  • “WEBマーケター”
  • “エンジニア”
  • “WEBデザイナー”
  • “コンサル”
  • “外資金融”
  • “外資IT”
  • “外資メーカー”
  • “英語”
  • “海外勤務”
  • “営業”
  • “エグゼクティブ”
  • “800万以上”
  • “20代”
  • “30代”
  • “40代”
  • “第二新卒”
  • “女性20代”
  • “女性30代”