30代でハイクラス転職狙う人は登録マストな転職エージェント・サイト5選【2022年版】

30代ハイクラス転職向け転職エージェント・転職サイト 転職エージェント

「30代で年収800万円以上のハイクラス転職はできるの?」

「30代でハイクラス転職におすすめの転職エージェント・サイトはどこ?」

このようにお悩みの方も多いでしょう。

30代での転職は難しいだろうと思い、あきらめてしまうのはもったいないことです。

ご安心ください!

転職して年収を大幅に上げるなら30代がぴったりな年代なんです!

専門分野などスキルや能力があれば、ハイクラス転職も可能となります。

今回は、30代でハイクラス転職を狙う人へおすすめできる転職エージェント・サイトを5つご紹介していきましょう。

ハイクラス転職エージェント

【年収800万円以上】ハイクラス向けおすすめ転職エージェント・サイト8社

30代のハイクラス転職の登録マストな転職エージェント・サイト5選

エグゼクティブ 転職

断言出来ます。

30代でハイクラス転職を狙うなら『転職エージェントのフル活用』が最短です。

転職しようとしている会社に個人的なコネクションがあったり、企業から直接オファーされていない限りこの方法が最適です。

転職エージェントを利用したことがない方、知らない方はこちらの記事もどうぞ▼

転職エージェントを利用する理由

あまり知られていない「転職エージェントを利用するべき理由」

転職エージェントを利用することにより、プロのアドバイザーからの手厚いサポートを受けることができたり、非公開求人を紹介してもらえることがあったりと、メリットが沢山あります。

ここでは、30代のハイクラス転職におすすめの転職エージェント・サイトを5つご紹介します。

全て私が使ったことのある転職エージェントで、総合型のdodaを除いて、ほとんど年収600万円以上の求人が対象になるハイクラス転職に向いているエージェントです。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカバー)

リクルートが運営している転職エージェントです。

登録するとスカウトが来るヘッドハンティング形式となります。

年収800万円~2000万円のハイクラス求人を扱っています。

担当アドバイザーをサイトから自分で選ぶことができるので、自分に合ったアドバイザーを見つけましょう。

▶︎ リクルートダイレクトスカウト(旧キャアカバー)に無料登録する

【裏話公開】33歳がリクルートエージェントの面談をした感想

ビズリーチ

年収600万円以上の方から支持されているヘッドハンティング形式の転職サイトです。

ハイクラス求人を中心に取り扱っています。

無料プランと有料プランがあり、有料プランではすべての求人や応募が可能となり転職活動を手厚くサポートしてくれます。

▶︎ ビズリーチに無料登録する

いま話題の「ダイレクトスカウディングサービス」とは?

上で紹介した中でも、「ビズリーチ」と「リクルートダイレクトスカウト」は”ダイレクトスカウディングサービス”というサービス形態です。

下図の通り、複数の転職エージェントと企業を繋ぐ「マッチングサービス」という位置付けです。

業種・職種を見極めて適切な転職エージェントに登録するのも良いですが、ダイレクトスカウティングサービスはこんなメリットがあります▼


❶ 待っているだけでスカウトがくるので転職エージェント選びが自然にできる

❷ 細かい希望条件にマッチしたオファーが企業や転職エージェントから来るので、短期で転職決まりやすい。

もちろん筆者も両方登録して、転職活動中はヘッドハンターや企業からのオファーを受け取っていました。(そのなかで2週間に1件ぐらいは目を引くオファーがあった気がします)

両方とも無料登録できるので、登録しない理由はないかと。

(ビズリーチは一定期間後、一部機能が有料になります)

▶︎リクルートダイレクトスカウトに登録する

▶︎ビズリーチに登録する

プロコミット

写真参照元URL:https://www.procommit.co.jp/

ベンチャー・スタートアップ企業に特化した転職エージェントです。

ベンチャーの幹部や役員レベルのハイクラス求人をバンバン紹介してくれます。

キャリアコンサルタント受賞歴もあるため、転職活動を検討している方は、まずはプロのコンサルタントに無料で相談してみましょう。

ベンチャーやIT企業への転職を考えている方におすすめです。

▶︎ プロコミットに無料登録する

 JACリクルートメント

外資系やグローバル転職をしたい方へおすすめです。

今までに世界11カ国へ転職サポートを行った実績があります。

グローバル転職支援としては、英語でのレジュメ作成のアドバイスも行っており、サポートが充実しています。

▶︎ JACリクルートメントに無料登録する

JACリクルートメントの感想・評判

30代前半がJACリクルートメントを利用した感想【評判を検証】

doda

幅広い業種を取り扱っており、求人数は10万件以上あります。

無料登録して、30代のキャリアアップの転職サポートを受けることがおすすめです。

国内最大級の転職フェアも定期的に行っており、ネットの情報には載っていない情報を得ることもできます。

▶︎ dodaに無料登録する

doda 転職エージェントの感想は?

転職エージェントdodaの感想。「おすすめしない」を打破する賢い活用法

30代のハイクラス転職の現状は?

30代のハイクラス転職の現状をご紹介します。

転職活動を始めるにも、まず現状を知っておくことが大切です。

以下の、2つをそれぞれご紹介しましょう。

・30代のハイクラス転職は可能? 

・30代の転職がキャリアアップできる理由とは?

30代のハイクラス転職は可能?

30代のハイクラス転職は、全体の2割より多いと言えます。

エン転職コンサルタントが行った「年収1000万円以上転職の実態」の調査結果は以下となりました。

20代:0%

30~34歳:7%

35~39歳:11%

40~44歳:30%

45~49歳:32%

50~54歳:16%

55~59歳:2%

60代:2%

引用:(年収1000万円以上転職の実態」エン転職コンサルタント)

「ハイクラス転職」とは、一般的に年収800万円以上を指すことが多いです。

今回の調査では、年収1000万円を対象としているため、ハイクラス転職の割合は、2割以上と言えるでしょう。

そして、おそらく30代で転職して年収800万円オーバーを達成する人が大半です。

(おそらく上の調査でも40,50代の割合が多いのは確かですが、おそらく転職前に既に高年収をもらっていた可能性が高いです)

転職して年収1000万円稼ぐにはこの職種!高年収職種・未経験から勝ち組になる方法

転職して年収1000万円稼ぐにはこの職種!高年収職種・未経験から勝ち組になる方法


20代、30代転職で年収が下がる人と上がる人の決定的な違い

20代、30代転職で年収が下がる人と上がる人の決定的な違い

30代の転職がキャリアアップできる理由とは?

30代の転職はキャリアアップが年代であることは間違いないです。

なぜ、30代の転職がキャリアアップできるのでしょうか。

以下の2つの理由が挙げられます。

即戦力が採用でき、企業が求める人材にマッチしやすいから

ハイクラス転職の求人は、「専門職」か「管理職」の求人が多いです。

これらに求められることは、高度な専門スキル(専門職)とマネジメント能力(管理職)となります。

30代ですと、今までの仕事での経験や知識などがあるため、企業の求める人材にマッチしやすいのです。

企業によっては人手不足なところもあり、即戦力となる人材には、良い待遇で採用する企業もあります。

スキルや経験により、幅広く転職先を選べるから

30代でスキルや経験があれば、業務の指示を受けなくてもある程度業務をこなすことができます。

30代だと40代以上と比較すると柔軟な対応も可能で、今までの仕事での経験や人脈などもあると判断されます。

そのため、30代は幅広く転職先を選ぶことができるのです。

30代での転職を成功させるために役立つ資格【職種別】

市場価値の高い30代の特徴

転職 市場価値が高い人

「市場価値」ってよく色んなところで聞きますが、一体「市場価値が高い人」ってどんな人なの?

私は転職する前はこんな疑問を抱いていました。

そこから転職してみて、転職者を採用する側に立ってみて初めて「市場価値の高い人」の定義がわかりました。

それはというと、、「希少性の高い人」です。つまり、他ではあまり見つからないスペックや経験を持った人が市場価値が高い(=良い条件がオファーされる)ということがわかりました。

上図にある通り、「複数のスキルや経験を掛け合わせて希少性を高めていく」ことが市場価値を上げるうえで最も有効的です。

例えば、デジタルマーケを知っている人は日本中に五万といますが、「デジタルマーケx英語x会計」というスペックの人を探そうとしたらかなり大変になります。

言うまでもなく、転職市場では後者の方がより良い条件で企業からオファーがもらいやすくなります。

つまり何が言いたいかというと、一つのことを極めるよりも、複数のスキル・経験を身に付けた方が転職市場において、市場価値が上がりやすい(=高い年収が獲得しやすい)ということです。これはどんな職種にも同じことが言えます。

コロナでも転職したい

コロナでも転職したい方へ「いまやるべき転職活動」とは?

30代のハイクラス転職のメリット・デメリット

30代のハイクラス転職のメリットは沢山ありますが、デメリットもあります。

それぞれ紹介します。

30代のハイクラス転職のメリット

30代のハイクラス転職のメリットは以下の4つです。

・優秀な人たちと働くことができる

収入の高い企業は、人気のため採用条件も高いので、優秀な人が集まりやすいです。

優秀な人たちと働くことで、仕事のモチベーションも上がります。

・経験があれば、他の業界でも活かせる

今までの経験やスキルがあれば、それを活かして他の業界で即戦力となり働くこともできます。

20代での経験やスキルは、30代の転職でアピールポイントとなるのです。

・周りにいる人が優秀なので、自分も磨かれていく

仕事のできる人のやり方を間近で見ることができるので、自分の今までの仕事のやり方を見直すことができます。

優秀な人と働くと刺激を貰え、自分も磨かれていくでしょう。

・キャリアアップをして収入が上がる

転職をして役職が上がり、今までの収入よりも給与を上げることができます。

30代のハイクラス転職のデメリット

30代のハイクラス転職のデメリットは以下の4つです。

・企業が求める人材の条件が高く、応募することが難しい

企業が求めている条件の高さにより、興味がある仕事でも条件を満たせなく応募できないことがあります。

例えば、TOEIC800点以上が採用条件の企業もあります。

どうしても働きたい企業の採用条件に、資格が入っているのであれば、資格の取得も検討しましょう。

・非公開求人の場合が多い

30代はハイクラス転職できる環境にはありますが、非公開求人の方が多い傾向にあります。

ヘッドハンティングやスカウトなどからの転職が多いので、ハイクラス転職の求人情報を自分の周りからも得られる環境を作っておくようにしましょう。

・海外勤務になることある

ハイクラスの転職先の企業は、グローバルで海外を拠点にしていることもあります。

海外で働く人材が不足している企業は、海外勤務になる可能性もあるのです。

・経験やスキルなどが足りないと採用されない

30代でハイクラス転職ができる人もいれば、経験やスキルが足りなくて採用されない人もいます。

ハイクラス転職をしたいのであれば、自分が気になっている業界の採用条件などをあらかじめ把握しておき、そこに向けて経験やスキルをつけるようにしましょう。

30代のハイクラス転職を成功させる方法とは?

30代のハイクラス転職を成功させる方法は、以下の5つです。

詳しくご紹介していきましょう。

・自己分析など準備をしっかりとする

・転職エージェントと転職サイトを併用して利用する

・転職アドバイザーにはこまめに連絡する

・転職アドバイザーの数人から意見をもらう

・合わない転職アドバイザーの場合は、変更をする

自己分析など準備をしっかりとする

30代の転職に求められるものは、「即戦力となる人材」であることです。

自己分析を行って、自分には何ができるのかを知らなければ、転職活動で面接の時に上手くアピールすることができません。

自己分析は、客観的な視点からの分析も大切なため、一人で考えることは難しい場合があります。

転職エージェントに登録すると、プロのアドバイザーがサポートしてくれるので利用しましょう。

転職エージェントと転職サイトを併用して利用する

転職エージェントと転職サイトには、それぞれメリットとデメリットがあります。

両者を併用して利用することにより、自分が転職活動を行いやすい環境を作りましょう。

転職エージェントだとアドバイザーとの相性が合わなかったり、マイペースに転職活動を行えなかったりすることがあります。

しかし、転職サイトだとサポートを受けることは難しくても、マイペースに転職活動を進めることができるのです。

転職アドバイザーにはこまめに連絡する

転職アドバイザーに、こまめに連絡をすることにより、優先度が高まり採用される可能性を高めることもできるでしょう。

転職エージェントや転職サイトの企業が報酬をもらえるのは、転職者を紹介して採用された場合です。

採用の可能性が高いと転職アドバイザーに判断されるとサポートをしっかり受けることができるでしょう。

転職アドバイザーの数人から意見をもらう

転職アドバイザーも色々なスタッフがいます。

相性が合う人もいれば、合わない人もいると言うことです。

転職エージェントへ、3社ほど登録してアドバイザーを数人作ることにより、自分が転職活動を行いやすい環境を作ることができます。

また、数人から色々な意見や情報を聞くことができるので、自己分析や情報収集をする上でも数人アドバイザーがいた方がよいでしょう。

合わない転職アドバイザーの場合は、変更をする

どうしても相性が合わない転職アドバイザーの場合は、担当者の変更を申し出ましょう。

連絡が遅かったり、円滑なコミュニケーションが取りにくかったりなど転職活動に支障をきたすような内容なら、我慢することはせずに、変更することをおすすめします。

担当者に直接、「担当者変更をしたい」と言いにくい場合は、公式サイトのお問い合わせから、連絡を行いましょう。

まとめ:30代でハイクラス転職狙うなら「転職エージェント」が最短距離!

今回は、30代でハイクラス転職を狙う人へおすすめできる転職エージェント・サイトを5つご紹介しました。

30代の転職は、キャリアアップできる年代でもあります。

転職活動を行う時には、転職エージェントを利用してアドバイザーのサポートを受けることをおすすめします。

転職サイトと併用して利用することにより、さらに転職活動の幅を広げてくれるでしょう。

今までの経験やスキルを活かして転職をして、自分の理想の毎日を過ごしましょう。

職種別・年代別おすすめの転職エージェント比較

【完全版】 職種・年代別おすすめ転職エージェント完全比較!一発でベストが見つかる

※ハイクラス転職の関連記事

 ​​ ​​ 

【年収800万〜】20代でハイクラス転職を勝ち取る人の共通点

【年収800万〜】20代でハイクラス転職を勝ち取る人の共通点とは?

​​ ​​ 

【上位1%勝ち組】20代×年収700万以上を転職で勝ち取る方法とは?

【上位1%勝ち組】20代×年収700万以上を転職で勝ち取る方法とは?

  

管理職の転職は本当に難しい?難しいと思われている理由と管理職転職成功する方法

管理職の転職は本当に難しい?管理職への転職に成功する唯一の方法

「管理者になりたくないから転職?」→これを読めば考え変わります

「管理者になりたくないから転職?」→これを読めば考え変わります

\おすすめ転職エージェントを探す/

  • 商社
  • ベンチャー
  • “WEBマーケター”
  • “エンジニア”
  • “WEBデザイナー”
  • “コンサル”
  • “外資金融”
  • “外資IT”
  • “外資メーカー”
  • “英語”
  • “海外勤務”
  • “営業”
  • “エグゼクティブ”
  • “800万以上”
  • “20代”
  • “30代”
  • “40代”
  • “第二新卒”
  • “女性20代”
  • “女性30代”