年収800万円以上!ハイクラス向けおすすめ転職エージェント8社

ハイクラス転職エージェント 転職エージェント

「年収800万円以上のハイクラス求人を探しているがどこの転職エージェントがおすすめ?」

この記事はこんなポジティブな悩みに答えます。

この記事では、いわゆる高年収の「ハイクラス転職」を成功させるために、ハイクラス転職に特化したおすすめの転職エージェントをご紹介します。

筆者の実体験も交えながら、詳しいおすすめポイントを解説していきます。

そもそもハイクラス転職の定義は?

厳密には「ハイクラス求人」という定義は存在しません。

ただ、転職エージェントの広告でよく言われているのは、


「ハイクラス求人 年収800万円以上!」

です。

なので、年収を目安とされることが多いです。

日本人の平均年収が400万円ぐらいなので、その倍である800万円もあれば十分「ハイクラス」と言えるかと思います。

ハイクラス向けおすすめ転職エージェント8選【業種別】

それでは本題です。

業種別ハイクラス転職におすすめの転職エージェントはこちらです!

おすすめのハイクラス転職専門の転職エージェント

【外資系ハイクラス求人】

JACリクルートメント
→ 「外資」「グローバル職」に特化した有名転職エージェント。ある程度キャリアを積んだ20代後半からがおすすめ。外資コンサル、金融、メーカーまで色んな業種を紹介してくれる。外資の非公開求人も多く持っているので外資系への転職にはまずは登録をおすすめ。

ランスタッド
→ ハイクラス求人に完全特化した転職エージェント。20代・30代で日系大手や外資で年収アップを狙いたい人におすすめ。

ロバート・ウォルターズ
→「外資」「グローバル人材」に特化した転職エージェント。東京・大阪にオフィスがあり、関東・関西求人が多い傾向。特徴は、外資コンサル・金融の過去の面談データを蓄積しており、手厚い選考対策サポートをしてくれる点。選考対策が不安なら登録オススメします。

【日系グローバル企業ハイクラス求人】

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
→ 年収800万円~2,000万円の求人中心のハイクラス特化した転職エージェント。ヘッドハンティング型で、待っていたら希望職種のオファーが来る仕組み。また、担当エージェントも自らサイト内で選ぶことができ、無料で転職サポートが受けられる。年収600万円以上でキャリアアップ考えている人は登録必須!

リクルートエージェント
→国内最大級の転職エージェントです。とにかくカバーしている業種の数は間違いなく日本最大級です。もちろん外資ITの求人案件も多数保有しています。
20代でもしっかりとフルサポートしてくれる。

JACリクルートメント
→ 日系大手での海外事業担当や、新規事業のポジションに強い。

【IT系ハイクラス求人】

doda
→ 何といっても求人案件の量は日本トップレベル。IT系企業の求人が多い。転職サイトと転職エージェントサービスの両方が利用できる。併用するのをおすすめ。

【ベンチャー・スタートアップハイクラス求人】

マイナビエージェント
→ ベンチャー企業求人多数。会社規模も小~大まで揃えている。

プロコミット
→ 未上場の小規模ベンチャー・スタートアップに強い。立ち上げメンバーを狙うならここ。

外資系への転職ならやはりJACリクルートメントがおすすめ

JACリクルートメント

「外資系への転職」ならやはりJACリクルートメントは外せないです。

そもそも外資系の転職エージェントなので、外資系企業とのコネクションが豊富で、未公開求人も多いです。

私も外資IT企業の新事業のポジションや、外資メーカーのマーケティング職の求人を紹介してもらいました。

JACリクルートメントの感想・評判

30代前半がJACリクルートメントを利用した感想【評判を検証】

日系企業のグローバル職ならCAREER CAVER(キャリアカバー)

CAREER CARVER(キャリアカーバー) はリクルートが運営している転職サービスで、決定的な違いは「ヘッドハンティング型」という点です。

年収800-2,000万円のいわゆるハイクラス求人に特化したサービスです。

登録すると、ヘッドハンター(キャリアコンサルタント)が希望に応じておすすめの求人のオファーを探してくれます。つまり待つだけで関心の強い求人を紹介してくれるのです。

また、一般的な転職エージェントは担当キャリアコンサルタントは選べませんが、キャリアカバーの場合は1,000人以上の中から気に入った担当者を選ぶことができるのです。

> CAREER CARVER(キャリアカーバー)に無料登録する

IT企業のハイクラス転職を目指すならdoda

IT系でも、上場しているメガベンチャーの管理職を目指すなら「doda」です。

CMで見たことある方は多いかと思いますが、「働いて笑おう」のパーソル社が運営する転職エージェントです。

IT企業のエンジニア職はもちろんのこと、マーケターの転職に強いです。

リクルートエージェントと同様、国内最大級の求人件数を誇っていますが、担当コンサルタントもIT企業出身者が多く、IT企業への転職に対して的確なアドバイスがもらえます。

規模的には、上場しているメガベンチャー(楽天・DeNAなど)の非公開求人案件を多く持っているイメージです。

ベンチャー企業のハイクラス求人(事業責任者レベル)になるならプロコミット

「ベンチャーでハイクラス求人なんてあるの?」って思っている方は、次にこちらの記事をおすすめします。

ITベンチャー企業の給料を大公開!【意外と悪くないです】

ITベンチャー企業の給料を大公開!【意外と悪くないです】

大きく分けて、ベンチャーのハイクラス求人は2パターンあります。

・ある程度規模の大きいベンチャー企業でのマネージャーレベル

・資金調達目途が立っているスタートアップの幹部候補

プロコミット」ではこんなようなポジションの求人を紹介してくれます。

プロコミットは、とくかくベンチャー転職に特化しており、名前も聞いたことない創業したてのベンチャーとかなりのコネクションを持っています。

私も実際に利用して、創業したてで、1ラウンド目の資金調達をした「グノシー」や「メルカリ」などの今ではメガベンチャーである企業の幹部ポジションを多数紹介してもらいました。

その他に、マイナビエージェントは中規模以上(社員50名以上)の成長中のベンチャーを紹介してもらえます。

ベンチャー転職を目指すならまずはこの2社登録しておけば、間違いないです。

おすすめのベンチャー転職エージェント

【2021年版】ベンチャー転職に強いおすすめ転職エージェント

【意外と知られていない】ハイクラス転職エージェントの利用の流れ

転職エージェントの利用の流れ

では、ハイクラスの転職エージェントはどのような流れで利用できるのでしょうか?

上図の通り、まずはWeb登録から始まります。

意外と知られていないのが、職歴書や履歴書の提出はこの時点では不要ということ。簡単なプロフィールを入力するだけで登録できちゃいます。

その後、電話かメールで日程調整の連絡が来ます。

注意が必要なのは、2-3回無視するとその後連絡が来なくなることがあることです。

 

その後、初めて担当のキャリアコンサルタントとの初回面談をします。

キャリアコンサルタントがあなたのこれまでのキャリア・経験、そして今後のキャリアパスに関して色々とヒアリングします。

転職エージェントの賢い使い方:「キャリアプランの相談」

あまり知られていないのが、キャリアコンサルタントとの面談時に、キャリアについてアドバイスをもらえることが出来ることです。

そもそも転職するにあたり、明確にキャリアプランが設計出来ている人はかなり稀です。

大事な自分のキャリアのことなのでめちゃめちゃ不安になりますよね。。

是非とも担当コンサルタントにキャリアプランに関して相談してみましょう。

具体的には、「自分の市場価値はどれぐらいか?」「どんな職種のニーズがあるのか?」「足りないスキル・経験は何か?」のような質問をして、キャリアプランの選択肢を教えてもらうことが有効な方法です。

こちらの記事で、更に転職エージェントの効果的な活用法を解説していますので、是非あわせて読んでみてください。

転職エージェントの賢い使い方

多くの人が知らない「転職エージェントの賢い使い方」【2020-2021年編】

その後、希望とマッチした求人を数日後から紹介してくれるようになります。選考に進みたければ担当コンサルに依頼すれば、選考に進めます。

ここで初めて、履歴書や職務経歴書が必要になります。書き方のアドバイスももらえるので、不安な人は添削してもらいましょう。

ハイクラス求人特化の転職エージェントに関するよくある質問集!

ハイクラス転職エージェントを利用する際によくある質問をまとめてみました!

無料で利用できるの?

転職エージェントを利用するのに手数料はかかるの?
マチャド(筆者)
大半の転職エージェントの利用は「すべて無料」です。もちろんこの記事で紹介しているおすすめ転職エージェントも完全無料で利用できます。

転職エージェントを利用する理由

そもそも転職にはなぜ転職エージェントを利用するべきなの?
マチャド(筆者)
最大の理由は「非公開求人の紹介」「選考対策」を受けられるからです。ハイクラス求人は非公開となっていることが多く、特定の転職エージェントしか持っていません。

あとは、過去の選考データを保有しているので、選考の対策をしてもらえます。無料なので使わない理由はないかと!

↓の記事で転職エージェントを利用する理由について詳しく解説しているので是非どうぞ。

転職エージェントを利用する理由

あまり知られていない「転職エージェントを利用するべき理由」

転職エージェントは何社登録可能?

転職エージェントは何社まで登録可能?
マチャド(筆者)
何社でも登録できます。が、やり取りするのが大変なので、おすすめは2-3社ぐらいです。総合型であるdodaやリクルートエージェントと、特定の業種に特化したエージェントを組み合わせることをおすすめします!

まとめ:年収800万円オーバーの転職を目指すならハイクラス転職エージェントの利用を!

ビジネスの世界でも、スポーツ界と同様、「優秀な人はより良い条件を求める」ことは当たり前です。

(日本人は、お金で職を選ぶことに「ずる賢い」という先入観があります)

もちろん「良い条件」とは年収のことだけではないですが、更に評価してもらいそれを「報酬」として払ってくれる場所を見つけることは、キャリア形成において超重要です。

より良い条件を提示してくれる企業を見つけるうえで、適切な転職エージェントを登録することが第一歩です。

今回紹介した、ハイクラス転職エージェントはこちらです。

おすすめのハイクラス転職専門の転職エージェント

【外資系ハイクラス求人】

JACリクルートメント
→ 「外資」「グローバル職」に特化した有名転職エージェント。ある程度キャリアを積んだ20代後半からがおすすめ。外資コンサル、金融、メーカーまで色んな業種を紹介してくれる。外資の非公開求人も多く持っているので外資系への転職にはまずは登録をおすすめ。

ランスタッド
→ ハイクラス求人に完全特化した転職エージェント。20代・30代で日系大手や外資で年収アップを狙いたい人におすすめ。

ロバート・ウォルターズ
→「外資」「グローバル人材」に特化した転職エージェント。東京・大阪にオフィスがあり、関東・関西求人が多い傾向。特徴は、外資コンサル・金融の過去の面談データを蓄積しており、手厚い選考対策サポートをしてくれる点。選考対策が不安なら登録オススメします。

【日系グローバル企業ハイクラス求人】

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
→ 年収800万円~2,000万円の求人中心のハイクラス特化した転職エージェント。ヘッドハンティング型で、待っていたら希望職種のオファーが来る仕組み。また、担当エージェントも自らサイト内で選ぶことができ、無料で転職サポートが受けられる。年収600万円以上でキャリアアップ考えている人は登録必須!

リクルートエージェント
→国内最大級の転職エージェントです。とにかくカバーしている業種の数は間違いなく日本最大級です。もちろん外資ITの求人案件も多数保有しています。
20代でもしっかりとフルサポートしてくれる。

JACリクルートメント
→ 日系大手での海外事業担当や、新規事業のポジションに強い。

【IT系ハイクラス求人】

doda
→ 何といっても求人案件の量は日本トップレベル。IT系企業の求人が多い。転職サイトと転職エージェントサービスの両方が利用できる。併用するのをおすすめ。

【ベンチャー・スタートアップハイクラス求人】

マイナビエージェント
→ ベンチャー企業求人多数。会社規模も小~大まで揃えている。

プロコミット
→ 未上場の小規模ベンチャー・スタートアップに強い。立ち上げメンバーを狙うならここ。

みなさんの転職が成功することを陰ながら応援しています!では!

※その他の業種・職種での転職も考えている方※
業種・職種別で転職エージェントを比較してみました。詳しくはコチラ↓

【2021年 職種別転職エージェント徹底比較】一発でおすすめが見つかる