【年収800万〜】20代でハイクラス転職を勝ち取る人の共通点とは?

【年収800万〜】20代でハイクラス転職を勝ち取る人の共通点 転職・キャリアアップ
20代で年収800万円以上のハイクラス転職をしたいんだけど、どうすればいい?
狙える業種やポイントを知りたい・・

この記事はこんな悩みを解決します。

今の職場で長く勤めていても、年収800万など夢のまた夢。新卒から数年働いていると、新しい環境に身を投じ、もう少しハイレベルな職場で働きたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

現職場では年功序列の社風が障壁になり、若手に役職のポストを与えてなかったりと20代で年収1,000万は大変難しいのが現実社会です。

そんな状況から抜け出し、超ハイクラス転職を成功したい方に、ハイクラス転職で成功する秘訣を紹介します。求められるスキルからおすすめエージェントまで徹底解説していきましょう。

20代ハイクラス転職とは?年収いくらぐらいから?

ハイクラス転職とは、結論「高いスキルが求められる転職」のことです。求人サイトでは、よくハイクラス転職やハイクラス求人と書かれていますが、定義はありません。

一般的にハイクラス転職とは「年収800万円以上」であることが多いです。

その他の特徴としては:

  • 従業員を束ね育成ができる
  • 経験値が豊かでマネージメントができる存在
  • 管理職であれば、部長クラス以上の幹部に匹敵する器

などが挙げられます。つまり、いち従業員ではなく経営目線で物事を考え、企業の中軸となるポジションということです。

20代にしてそれだけの逸材であれば、企業は喉から手が出るほど欲しい存在といえるでしょう。

「転職したいけどスキルがない20 代?」→ほぼみんなそうです。転職の裏技」

「転職したいけどスキルがない20 代?」→ほぼみんなそうです。転職の裏技

20代ハイクラス転職をする人の共通点

20代でハイクラス転職をしようと思えば、やはり市場価値が高く、類を見ない価値のある人材でないといけません。

20代でハイクラス転職(つまり年収800万円を達成する人)の共通点をみていきましょう。

共通点1:転職市場価値の高い人

「市場価値の高い人ってどんな人?」ってなるかもですが、企業人事部の間で結構明確な指標が存在します。

それがこちら。

転職市場価値の測り方

そうです。この「希少性」と「再現性」を多く両方備え持つ人がいわゆる「市場価値が高い人」なのです。

「希少性」いうのが、”他の人がなかなか持っていないレアなスキルや経験”です。

例えば、「マネジメント経験・知識」や「中国語」や「プレゼン能力」や「Web開発スキル」のようなもの。

ここでポイントなのが、複数の「スキルや経験」を身につけてユニークにしていくということ。

例えば、「英語を話せる」人は山ほどいますが、「英語で大きなチームをマネジメントができる人」は少々レアになってきます。

続いて、「再現性」というのが、”いろんなフィールドで使えるか?”ということです。

逆に言えば、「ある特定の場所でしか通用しないもの」は再現性が低いと言えます。

再現性の低い例として、特定の商材にしか強くないセールスマンなどです。

反対に再現性が高いスキル・経験というのは、商材に左右されない営業力だったり、会計知識や一般的なWebアプリケーションの開発スキルだったりします。

なので、転職市場においてもこの2点が高い人がほぼ確実と言っていいほど企業から引っ張りだこになります。


共通点2:誇れる業績があるか?

2つ目は、これまでのキャリアで功績や結果を残している人です。

具体的には、企業側は現状で優れた実績があれば「当社でも実績を残してくれる」と判断します。もちろん大企業で勤めていることも1つの実績ではありますが、そこで自分が何をしてきたのかが、最たる指標でしょう。

企業は、いろんな失敗・成功ストーリーを持っている人はすぐに新しい環境に順応し、結果を出す可能性が高いと判断するからここを結構評価します。

ベンチャー 転職 後悔

これは20代にはかなりハードルが高いことです。

ただ、ご安心ください。

別に「過去の実績」は、大きさはあまり関係ありません。

どんなに小さな成功体験でも日々記録してくようにしておいてください。

そしてその際に重要なのが、「どんな課題があったか?」「どんなプロセスで解決したか?」という起承転結的なストーリーをして蓄積しておくこと。

筆者の会社では外国人のメンバーも結構入ってきて、国籍関係なく中途採用しているのですが、日本人はこのストーリーを語る部分が不得意だと感じてます。

面接時に、あたかもそこにいるようにイメージ出来るようなストーリーを話せる20代は、ほとんどハイクラス転職を成功しています。

どんな実績・経験でもいいので、転職活動始める前にストーリーとして語れるよう整理することをおすすめします。

【上位1%勝ち組】20代×年収700万以上を転職で勝ち取る方法とは?

【上位1%勝ち組】20代×年収700万以上を転職で勝ち取る方法とは?

20代ハイクラス転職を成功させるには?方法かなりシンプルです。

20代でハイクラス転職を成功させる秘訣は至ってシンプルです。

ただ年収800万を狙うなら、ちょっぴり戦略的に転職活動しないといけません。

まずは、20代でハイクラス転職狙える業種・職種を知る

「よーし、有名企業に転職できたぞー!」

と思ったら28歳で年収500万とオファー。

こんな話結構あります。なので、ハイクラス転職を狙うなら特定の業種・職種を知り、そこに目掛けて転職トライしていく必要があります。

20代で年収800万円を達成できる可能性が極めて高い業種はこちら▼

やはり外資系(コンサル・金融・IT)は成功確率高いですね。外資コンサルにいる私の友人も20代で余裕で年収1,000万円超えています。

(もちろん成果により結構ブレがありますが。。)

外資の転職につよい転職エージェント 20代

20代で外資系転職するために登録すべき転職エージェント

あとは、日系でいうと証券会社やメガベンチャーも高確率です。

メガベンチャーとは、上場してたり大規模で若いITベンチャーのことです。例えばメルカリやサイバーエージェントのように。

メガベンチャーで高年収を達成出来るという根拠は、やはり年功序列文化が薄れていて、「若くても優秀な人を昇進させる」というベンチャー特有の文化が根付いているからです。

メガベンチャーに関しては詳しくはこちら▼

未経験でもメガベンチャーに転職できる人の特徴は?おすすめ転職エージェントも紹介!

未経験でもメガベンチャーに転職できる人の特徴は?おすすめ転職エージェントも紹介!

あと、周知かと思いますが、日系で最も高確率でハイクラス転職を達成出来る業種は「総合商社」です。

総合商社は、毎年平均年収ランキングで見ますよね。

大手商社(7大商社)の総合職として転職したらほぼ確実に年収800万いけます。

実は間違い?「本当の」7大総合商社の平均年収を出したらヤバかった。

ハイクラス転職に特化した転職エージェントを利用する

エグゼクティブ 転職

ハイクラス転職を成功させるためには「転職エージェントのフル活用」は必須です。

これは断言できます。

ハイクラス求人は給料が高い分、公開募集をすると募集率が高まります。また経営陣が関わっていることが多く、企業側は本当に優秀な人材だけが欲しいと願っているため「非公開」になっているケースが多いです。

そういう非公開求人を転職エージェントは保有しているので、転職サイトだけでは一生出会えません。

転職エージェントを利用する理由

あまり知られていない「転職エージェントを利用するべき理由」

20代でハイクラス転職におすすめエージェント

では実際に20代でハイクラス転職をするのにおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

en World (エンワールド)

外資系転職専門のエンワールド・ジャパンは、有名な転職サイト「エン転職」が運営する外資系特化型転職エージェントです。

外資専門エージェントだけあって、他にはない外資系求人を持っていたりします。例えば、外資ITならAmazonやSales Force,HPなど外資系企業の超大手とのパイプがあります。

もちろん、外資コンサルや金融もばっちりカバーしています。

エンワールドの特徴は、『トータル・タレント・エンゲージメント』という業界で珍しいアプローチです。
無理やり転職を薦めるのでなく、担当のキャリアコンサルタントがキャリアプランの設計をサポートしながら、中長期的にキャリア支援をしながら深く・長く付き合ってくれます。(もちろん無料でw)

なので、「いま転職しようか迷っているんだよなー」という人も是非プロのキャリアコンサルタントに相談してみてください!

▶︎ エンワールドに無料相談してみる

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカバー)

まず当スカウトに登録すると、職務経歴書を見たヘッドハンターやリクルートに登録している企業から直接スカウトメールが届きます。年収800万~2,000万円クラスの求人を多数掲載しており、転職者の年収平均は900万円以上です。経営幹部クラスやエキスパート職などの求人が多い点が特徴的になります。

ヘッドハンターが仕事を探してくれる

ビジョンはあっても、企業が多すぎて具体的に就きたい会社がわからないと悩まれることでしょう。自分で探すといっても、普段の仕事もありなかなか見つける時間がなく難しいものです。約300社、3,000名以上(2021年7月時点)のヘッドハンターがあなたの代わりに仕事を探して提案してくれます。そのため、自分が求めている企業が見つかりやすいです。

非公開求人を紹介

自分が知っている企業だけでは視野が意外と狭いです。世に知られていない会社が、その業界では実は凄く優良企業だったり、ハイクラス求人には経営陣が携わっていることが多い状況です。経験が豊かなヘッドハンターが、あなたにぴったりな求人をご紹介してくれます。

知る人ぞ知るという隠れた有名な企業を、その道のプロにお任せした方が早いでしょう。

企業より直接声がかかる

企業と直接コンタクトが取れることは大きいです。面接の日程や会社の質問など、レスポンスが早くなります。職務経歴書を見て企業側から連絡が来るので、逆アプローチをかけられており就職に優位な状況に立てることでしょう。

【口コミ】

とにかく条件の良い求人が多い!!求人数はIT系は多いと感じました。ヘッドハンターの方が提案してくれた非公開求人に応募し内定をもらいました。転職先は忙しいですが充実していて年収もアップして満足です。

(30代後半・男性・IT系)

引用元:https://liberty-works.jp/52078/

▶︎ リクルートダイレクトスカウトに無料登録する

ビズリーチ

CMでお馴染みのビズリーチ。「日本のハイクラス転職市場に新たな選択肢と可能性を作り出す」がコンセプトです。雇用の流動化が激しい昨今で、双方が効率よくベストマッチングを目的とし、企業側には人材採用をするための目利き力を育成しています。また求職者には自分が納得のいく職場を見つけるために全力でサポートを謳っている会社です。

登録後審査がある

誰でも登録できるわけではありません。審査基準は非公開なため、基準値は不明ですが登録された職務経歴書から、厳選された方しか本登録できません。登録の関門を突破出来た方は、かなりシークレットで良質な企業情報が手に入ることでしょう。

スカウト制の転職サービス

登録完了後に、ヘッドハンターからスカウトが届きます。経験豊富なヘッドハンター達が企業と強固な信頼関係を築かれているため、希望の年収といった交渉もしやすいでしょう。

企業側もあなたのスキルがある程度把握できるため、求人と求職でミスマッチが起こりにくいです。

一部有料会員制になっている

有料会員になれば、取得できる情報量が違います。無料では、運営スカウトに返信や閲覧が不可です。また求人情報応募も不可になります。ヘッドハンター情報が一部可能です。有料であれば運営スカウトに返信が可能になり、求人情報が応募可能です。ヘッドハンターの情報も見れるようになります。1ヶ月の料金が、タレント会員3,278円(税込)ハイクラス会員5,478円(税込)です。

【口コミ】

条件を細かく絞って求人を検索できた。求人検索では、職種や業種、フリーキーワードから自分の好きなように条件を設定できました。また気になる求人をマイページに保存できるので、後から求人を見返す時に一から検索し直す必要がないのは便利でした。

(20代・男性・会社員)

引用元:https://career-picks.com/service/bizreach/

▶ビズリーチに無料登録をする

いま話題の「ダイレクトスカウディングサービス」とは?

上で紹介した中でも、「ビズリーチ」と「リクルートダイレクトスカウト」は”ダイレクトスカウディングサービス”というサービス形態です。

下図の通り、複数の転職エージェントと企業を繋ぐ「マッチングサービス」という位置付けです。

業種・職種を見極めて適切な転職エージェントに登録するのも良いですが、ダイレクトスカウティングサービスはこんなメリットがあります▼


❶ 待っているだけでスカウトがくるので転職エージェント選びが自然にできる

❷ 細かい希望条件にマッチしたオファーが企業や転職エージェントから来るので、短期で転職決まりやすい。

もちろん筆者も両方登録して、転職活動中はヘッドハンターや企業からのオファーを受け取っていました。(そのなかで2週間に1件ぐらいは目を引くオファーがあった気がします)

両方とも無料登録できるので、登録しない理由はないかと。

(ビズリーチは一定期間後、一部機能が有料になります)

▶︎リクルートダイレクトスカウトに登録する

▶︎ビズリーチに登録する

プロコミット

スタートアップ/ベンチャーへの転職支援に強い企業です。立ち上げ時会社は、どのような人材を紹介して欲しいのか定まっていない傾向にあります。プロコミットは、スタートアップ/ベンチャーに特化した企業なため、今まで培われた実績やノウハウから即座に判断。転職者は、役職ポストがまだ空いている状況で自分に合った企業を紹介して貰いやすい環境ななため、悔いの少ない職場につけることでしょう。

メガベンチャーや中小規模のベンチャーの管理職・役員の求人を紹介してくれます。

適したスタートアップ/ベンチャーを紹介

一般的に自分の実力レベルに合った、ベンチャー企業はわかりにくいもの。革新的なスタートアップ企業に興味はあるが、ビジネスモデルが革新的すぎて成功できるか不安になります。膨大な数のスタートアップ/ベンチャー企業への転職支援をしてきた実績を元に、ぴったりな求人を紹介。個人に合ったレベルの企業がわかります。

優良成長企業の求人が多い

日本を代表する優良企業からの求人を多く取り扱っています。ユニクロやメルカリ、JINSなどの優良企業からの求人依頼が絶えないです。スタートアップ/ベンチャー企業は横の繋がりが強く、プロコミットから紹介した人材の成功が広く知られている証拠になるでしょう。高い評価で、優良な未公開求人が多く集まっています。

【口コミ】

キャリアに関するディスカッションをしてもらえて、応募先の企業の雰囲気や条件についてコンサルタントが丁寧に教えてくれたことが、とても良かったと思っています。転職をする際にも自分のペースでゆっくりと考えることができました。キャリアアップすることを重視していたので、ベンチャー企業に転職することは自分にはとても有益でした。おかげさまで、無事希望のキャリアアップを果たすことができました。現職の会社をスムーズに退職するためのアドバイスもしてもらえて良かったです。

(32歳・男性・営業職)

引用元:https://tenshoku-plus.com/procommit/#i-18

▶プロコミットに無料登録をする

JACリクルートメント

JAC Recruitmentは、主にスペシャリストな人材を紹介しています。海外進出関連業務などのインターナショナル領域などで活躍する管理職、役員や幹部などです。また、コンサルタントが外国人またはバイリンガルで構成されたJAC Internationalでは、外国人の経営者や人事権を持つ方からのバイリンガル人材の採用ニーズに対応しています。

質の高いコンサルタント

質の高いコンサルタントからの転職サポートが受けられます。各業界・職種に特化した総勢約800名の転職のプロフェッショナルのコンサルタントがサポート。業界ならではの専門的知識をもつコンサルタントだからこそ、あなたの経験値やスキルを正しく理解してくれます。しっかりとしたノウハウや実用的なアドバイスを得られるでしょう。

グローバル転職に強い

外資系企業や海外進出企業など、グローバル転職を多く扱っています。世界11カ国に広がるグローバルネットワークや、英語が話せるコンサルタントがおりグローバル転職の手厚いサポートが受けられることです。グローバル転職を考えている方に、おすすめのエージェントになります。

【口コミ】

担当者のサポート体制は他社(大手3社)と比べても圧倒的に非常に良かった。真摯にキャリア相談に乗って頂けたほか、面接対策なども時間を作っていただき、かつ丁寧。また職務経歴書の書き方なども、担当者の実経験に基づいた効果的な書き方など指導があった。

(30代後半・男性・企画営業)

引用元:https://career-theory.net/jacrecruitment-reputation-7783#index02

▶︎JACリクルートメントに会員登録する

JACリクルートメントの感想・評判

30代前半がJACリクルートメントを利用した感想【評判を検証】

doda

dodaは、転職業界内でも最大の求人数を扱うサイトです。未経験分野の転職からハイクラス求人まで約10万件以上も扱っています。求人数の多さから求人依頼がくる企業の幅が広く、業界・業種・職種など自分に合ったスタイルを探すことが可能です。

即戦力採用を実現!専門性を持った転職希望者にアプローチ

経験者向けの求人の方が多いです。dodaでは未経験者の求人よりも、経験者の求人を多く掲載しております。即戦力となる専門性を求めている求人が多いというのが特徴的です。今の職場での専門性を活かして、即戦力採用を狙えます。

エンジニアに特化した専門サイト「dodaエンジニア」を併設

3万件以上のIT求人を取り扱う、ITエンジニアに特化したサイトです。dodaがITエンジニア向けの案件を特化させた、dodaITエンジニアというサービスを併設しております。また大企業からベンチャー企業まで幅広い企業が利用していることが特徴です。

また他社とは違い、キャリアアドバイザーにプロジェクトと、2人体制で万全なサポートを受けられます。さらにITエンジニアの職種ごとに専任チームがおり、各現場の最新情報を知ることが可能です。万全なサポートとIT業界に特化したアドバイザーばかりで、気になる企業を詳しく質問できます。

【口コミ】

こちらの希望に近い求人を多く紹介していただいた。

大手SIERに就職したいと考えていたが、ブランド力もあり、誰もが知る有名企業に転職することができ、大変満足している。サポート体制に関しては、面接対策はもちろんだが、書類作成に基づく志望動機、転職理由の深掘りを行っていただき、かなり具体性のあるものにしていただいた。これがなければ、不採用になっていただろう。また、急かしたりせず自分のペースで転職活動を行えるよう対応して頂いた。アットホームな職場でチームとしての体制が良く、前職の悩みであった人間関係について強く解消された。また、給料面においてもこちらが提示した最低保証額を満たしてくれているため、大変満足している。

(18-−24歳・女性・システムエンジニア)

doda(デューダ)は転職に使うべき?dodaの評判とサービス・使い方を徹底解説

※引用元:https://career-theory.net/doda-reputation-6766#index13

▶dodaに無料登録をする

doda 転職エージェントの感想は?

転職エージェントdodaの感想。「おすすめしない」を打破する賢い活用法

20代ハイクラス転職のメリットとデメリット

20代、30代転職で年収が下がる人と上がる人の決定的な違い

20代ハイクラス転職をすると、どのようなメリットとデメリットがあるか解説します。20代でハイクラス転職をするには、若さと期待を込めて会社からはそれなりの期待を一心に背負います。成果が出る出ないでは雲泥の差が出るという覚悟は必要でしょう。

メリット:

ハイクラス転職でのキャリアは、報酬アップが見込めます。

その分責任のある仕事を任せられ、支店長や本部長といった何十人という部下を束ねる重役になることもあり得ます。

そうなれば、自ずと将来的に経営陣の一角へと昇ることも可能です。経営目線を持ちながら更なるスキルや経験を重ねて仕事に取り組むことで、スピード出生に繋がります。

デメリット:

前述したとおり、会社から高い期待を寄せられているので、高いパフォーマンスが求められることです。

今より難易度の高い仕事が増え、成果が出なければ収入アップが見込めないどころか、減給の可能性もあります。また仕事量が増えるということは、今までの仕事のスピードでは残業も増え、もしかしたら休日も仕事をするという事態も起こります。

そのように収入がアップする分、身の丈以上の案件が増える可能性があることは大いにあり得ることは、念頭に入れておきましょう。

「20代で転職うまくいかない」に陥っている人が一瞬で転職優位になる方法

「20代で転職うまくいかない」に陥っている人が一瞬で転職優位になる方法

まとめ:20代でハイクラス転職は戦略的に!

30代ハイクラス転職向け転職エージェント・転職サイト

ここまで20代でハイクラス転職をするための必要なスキル、メリットやデメリット、秘訣にエージェントまで紹介してきました。

正直必要なスキルが身についていなくても、若い20代のうちからキャリアパスをある程度定めて狙い撃ちしていけばハイクラス転職は全然可能です。

ここで仕事をするうえでのポイントは、普段から自分の仕事を多角的に考えたり、上司またその上の役職者を観察してみてください。行動をじっくりと見て、考え方を学び「自分だったらどうする」という自分で判断するクセをつけておくと良いでしょう。

そして、ご自身の仕事内容を俯瞰して見てみます。自分で自分をマネージメントすることが、今後管理職について部下を持った時に必ず役立ってきます。

今回紹介したエージェントは、三者三様です。自分に合った転職エージェントを活用し、より豊かで満足度の高い職場につけることでしょう。ぜひご興味のある方は公式ホームページを覗いてください。

「管理者になりたくないから転職?」→これを読めば考え変わります

「管理者になりたくないから転職?」→これを読めば考え変わります

※ハイクラス転職の関連記事

 ​​ ​​ 

【上位1%勝ち組】20代×年収700万以上を転職で勝ち取る方法とは?

【上位1%勝ち組】20代×年収700万以上を転職で勝ち取る方法とは?

​​ ​​ 

30代ハイクラス転職向け転職エージェント・転職サイト

30代でハイクラス転職狙う人は登録マストな転職エージェント・サイト5選【2022年版】

  

管理職の転職は本当に難しい?難しいと思われている理由と管理職転職成功する方法

管理職の転職は本当に難しい?管理職への転職に成功する唯一の方法

「管理者になりたくないから転職?」→これを読めば考え変わります

「管理者になりたくないから転職?」→これを読めば考え変わります

\おすすめ転職エージェントを探す/

  • 商社
  • ベンチャー
  • “WEBマーケター”
  • “エンジニア”
  • “WEBデザイナー”
  • “コンサル”
  • “外資金融”
  • “外資IT”
  • “外資メーカー”
  • “英語”
  • “海外勤務”
  • “営業”
  • “エグゼクティブ”
  • “800万以上”
  • “20代”
  • “30代”
  • “40代”
  • “第二新卒”
  • “女性20代”
  • “女性30代”