30代での転職を成功させるために役立つ資格【職種別】

仕事の悩み解決

初めて転職をするときには、誰でも不安ですよね。

「30代で転職するにはどうしたらいいのだろう?」

「資格を取ると転職に有利って聞いたことあるけど、本当かな」 

「転職がうまくいかなったら、どうしよう」

と、次から次に心配なことが思い浮かんで、夜も眠れなくなってしまうかもしれません。

そこで本記事では、転職初心者の方のために、「30代での初めての転職でも絶対に失敗しない」資格の取得方法を紹介します。

 1.30代の転職に資格は必要? 

 unsplash.com 

 30代の転職は、実務経験やスキルがある人材を求められます。スキルなどは証明がしにくいですが、資格があると格段に伝えやすくなります。

また未経験の仕事へ転職を考えている方は、資格を取得することで応募できる求人の幅が広がるでしょう。 専門知識があることをアピールできるので、資格は転職を成功させる一つの方法でもあります。

商社に転職・就職するときにかなり有利になる資格4選

2.30代で転職を成功させる資格の取り方とは? 

 unsplash.com 

資格といっても様々な種類があるので、転職を成功させる資格がどういったものがいいか迷う方も多いはずです。ただ闇雲に資格を取るのではなく、転職に活かせる資格を取らなければいけません。 

 こちらでは、転職を成功させるための資格の取り方について紹介していきます。 

 2.1これまでの職務経験に関連した資格を取得する 

30代で転職の際に資格を取るのであれば、これまでの職務経験に関連した資格を取るのがおすすめです。例えば事務職であれば「日商簿記検定」や「秘書技能検定」、営業職であれば「営業士検定」などです。 

今まで実績を積んできた職種の資格があれば、さらに転職でキャリアアップを狙える可能性もあるでしょう。しかもスキルの証明になるので、同じ職種に転職がしやすくなるのも魅力です。 

 転職でどの資格を取得しようか迷っている方は、前職に関連する資格を選んでみてください。 

2.2転職したい企業が求めるスキルが身につく資格を選ぶ 

前職とは違う職種の企業に転職を考えている方は、転職先の企業が求めるスキルが必要です。企業が求めるスキルに応じた資格を取得すると、経験はなくても知識はある程度証明できます。 

 必ずしも資格で採用されるとは限りませんが、やる気を認めてもらえる場合もあるでしょう。事前にどんなスキルが必要か、転職したい企業をリサーチしてみてください。 

3.30代の転職に役立つキャリアアップも狙える資格を職種別に紹介 

 写真AC

 それでは、30代の転職やキャリアップにも役立つ資格を紹介していきます。職種別にまとめましたので、転職したい企業などに合わせて選んでみてください。 

3.1営業職 

営業職で、転職を考えている方に向けての資格を6つ紹介します。実践でも役に立つ資格なので、スキルアップにもつながるでしょう。  

⑴営業力強化検定 

Webで受験が可能なので手軽に受けられる営業力強化検定は、営業担当者としての基礎知識が身につく資格です。比較的受験がしやすい資格なので、自分の営業力を試してみたい方にも良いでしょう。 

 受験料も1,000円とリーズナブルなので、合格できなかった場合も何度でも挑戦できます。 

⑵営業士検定(初級・上級・マスター) 

日本営業士会(JSP)が行なっている資格で、合格すると「営業士」の認定を受けることができます。初級は営業に関する基礎知識を理解しているかが問われ、上級になると営業の他に、営業企画やマーケティングなどの応用知識を問われます。 

マスターになると、経営に関する高度な専門知識を取得していなければなりません。自分のレベルに合わせて、受験してみましょう。 

⑶宅地建物取引士 

国家資格である「宅地建物取引士」は、不動産業への転職やキャリアアップにつながりやすい資格です。この資格は不動産取引の専門家を示す資格なので、企業によっては資格手当がつくこともあります。 

 また企業に就職だけではなく、独立し開業する際にも役立つでしょう。 

⑷ファイナンシャルプランニング技能士 

ファイナンシャルプランニング技能士は、相談者の収入や家族構成などから、その人に必要な資金計画の提案ができる資格です。個人に限らず企業などにも需要があり、銀行や証券会社の営業に役立ちます。 

⑸TOEIC 

TOEICは英語力を証明できる資格なので、グローバルな企業への転職を目指している方におすすめな資格です。外資系企業や海外事業などに力を入れている企業でも活かせるので、幅広い求人から選ぶことができます。 

 採用されやすいといわれている基準は、800点以上なので英語力を身につけたい方は挑戦してみてください。 

すぐに強制的に800点以上を取りたいのであれば、オンライン講座がベストです。

CMでお馴染みのスタディサプリで「TOEIC対策パーソナルコーチプラン」というオンライン講座があります。

これは、ジムのトレーナーみたいに、英語学習の専属コーチが付いて、オンラインで徹底的にTOEICスコアアップのためのレッスンを個別にしてくれます。

3ヶ月コースで6万8千円と少々高いですが、これでTOEIC800点達成して商社に入れればコスパは良いと思います。

そして今なら7日間無料トライアルができるみたいなので、まずは試してみてもいいかと!

ここまでしてくれればスコアは強制的に上がる気がします。

▶ スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン

 

⑹セールススキル検定 

セールススキル検定は、セールスを行うために必要な基礎知識や営業力を取得できる資格です。3級から1級まであり、1級は資格に有効期限があります。 

 更新する場合は論文の再提出が必要になるので、取得した方は提出を忘れないようにしましょう。 

3.2事務職 

次に事務職への転職や、スキルアップにおすすめな資格を紹介します。パソコンで必要なスキルなどがわかるので、参考にしてみてください。 

⑴日商簿記2級 

ビジネスの基本といわれている、経理や財務などの知識を取得できるのが日商簿記です。財務表を読む力や経営管理、分析力なども身につくので、事務職でさらにキャリアアップしたい方におすすめでしょう。 

 3級から1級まであり、2級以上を取得すると転職にも有利です。 

⑵MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)のWord(一般レベル・上級レベル) 

マイクロオフィスのWordを、使用するための知識を取得できる資格です。一般レベルだと、基礎知識から操作方法などが問われます。 

 上級レベルでは、より高度な技術が必要になり専門的な知識が求められるので、スキルアップをしたい方は挑戦してみてください。 

⑶MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)のExcel(一般レベル・上級レベル) 

こちらも、マイクロオフィスのExcelに関する資格です。多くの企業が導入しているので、この資格があるとスキルの証明をしやすいでしょう。 

 一般レベルは基礎知識、上級レベルはセルの詳細な設定などが出題されます。 

⑷MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)のPowerPoint(一般レベル) 

プレゼンテーションで使用することが多い、PowerPointの資格もあります。様々なグラフィックなどを利用したスライド作りなどが出題されるので、事務職や営業職など幅広い職種の方におすすめな資格でしょう。 

⑸日商PC2級 

日商PCは、文章作成や表計算などのアプリケーションソフトが利用できるか問う資格です。ITやネットの知識がつくので、会社の経営などにも役立ちますよ。 

 ベーシックや3級、2級とレベルが上がっていきますが、転職やキャリアアップには2級以上のレベルがおすすめです。 

⑹文章情報管理士 

文章情報管理士は、職場で使用する文章や帳票などをデータ化する知識を取得できる資格です。紙の書類などをデータ化し、安全に保管することができるようになります。 

2級や1級、上級とレベルが上がり、一般企業の他に各都道府県の自治体などでも需要が高まってきているので、気になる方は資格取得に挑戦してみてください。 

⑺電子会計実務検定 

電子会計実務検定は、会計ソフトや計算システムなどの知識が取得できる資格です。ネット社会に対応した知識が必要になっているので、取得しておくと事務職などで役に立つでしょう。 

⑻秘書技能検定 

秘書検定は、秘書になりたい方だけが所得する資格ではありません。秘書としての基礎知識はもちろん、社会的常識や経営管理に関する知識なども得られます。 

マナーや話し方、文章作成のスキルも身につくので、事務職への転職におすすめです。  

ヒューマンアカデミー「たのまな」という通信教育はビジネス資格専門の有名なサービスで、ビジネス実務系の講座は全部で約5万円ぐらいしますが、これで一生保有することができる資格が「ほぼ確実に」取れてキャリアアップにつながるのであれば決して高い投資ではないと思います。

3.3マーケティング・企画職 

マーケティングや企画系のスキルは、どんな業種の企業でも求められるスキルです。身につけておくと、幅広い求人から選ぶことができるでしょう。 

⑴マーケティング・ビジネス実務検定 

マーケティングの基礎知識を学べる資格で、仕事にすぐに役立つスキルや時事情報などを得られます。転職だけでなく、将来独立を考えている方にもおすすめな資格です。 

マーケティングの基礎を学びたい方は、取得してみてください。 

⑵MBA 

MBAは資格とは少し異なり、経営大学院の修士課程を修了すると得られる学位です。経営に関する知識などを証明でき、事業会社や外資系企業などで活かせるでしょう。 

経営学の専門的な知識があると証明ができるので、マーケティングや企画職におすすめな資格ですよ。 

⑶ウェブデザイン技能検定 

ウェブデザイン技能検定は、ホームページの作成に関する知識や能力を取得できる資格です。サイトの制作などができるようになるので、ウェブデザイナーにも人気があります。 

ウェブ関係では唯一の国家検定なので、取得しておくとマーケティングなどだけでなく、ウェブデザイナーとしても活躍できるようになるでしょう。 

【現役Webデザイナー向け】Webデザイナーにおすすめ転職エージェント

【現役Webデザイナー向け】Webデザイナーにおすすめ転職エージェント

⑷DTPエキスパート 

DTPエキスパートは、コンピューターを使用し出版物などをデザイン、印刷、編集をする技術や知識を取得できる資格です。DTPはパソコンを使用し、書籍や新聞などの編集や構成、印刷といった一連の作業のことをいいます。 

学科と実技試験を合格すると、「DTPエキスパート・マイスター」に認定されるので、出版業界などへの転職を考えている方は挑戦してみてください。 

⑸校正技能検定試験 

校正技能検定は、主に編集者やライターにおすすめの資格です。書籍の原稿などに、誤字脱字がないかをチェックするための知識や技能が身につきます。 

こちらも出版関係の会社に転職を考えている方には、おすすめの資格でしょう。 

⑹販路コーディネーター 

販路コーディネーターは、マーケティングの理論や実践の知識を取得できる資格です。市場調査や商品開発、商品企画など総合的なスキルが身につくので、マーケティングや企画職にぴったりですよ。  

※マーケターの場合も資格があれば「Better」といった感じ。転職できるかは「これまでの経験と実績」により大きく左右されます。マーケター志望の方はこちらの記事もおすすめです↓

未経験でWEBマーケターになるには

結局、未経験でWEBマーケターになるにはどうすればいいの?

3.4コンサルティング職 

最後に、コンサルティング職への転職に役立つ資格をまとめました。こちらも実践で役立つものを紹介するので、参考に取得してみてください。 

⑴公認会計士 

公認会計士は、金融系や税理士法人系などのコンサルティング会社へ転職する際にぴったりな資格です。「会計監査のスペシャリスト」として証明できるので、キャリアアップにもつながるでしょう。 

⑵中小企業診断士 

中小企業診断士は、中小企業の経営を分析し問題解決のアドバイスができる国家資格です。人材業界や保険、経営コンサルティング会社への転職を考えている方におすすめです。 

中小企業診断士の通信講座で一番おすすめなのが、それを専門にやっている「診断士ゼミナール」です。

42,000円で合格のために必要な全科目フルパックの通信講座が受講できます。

▶ 診断士ゼミナール公式サイトへ

⑶ITサービスマネージャ試験 

クライアントのニーズを知り、システムの改善をして安全なITサービスを提供できるようになる資格が、ITサービスマネージャです。クライアントから求められるサービスの計画立案から設計などの、総合的なマネジメントスキルが得られるでしょう。 

⑷ITストラテジスト試験 

ITストラテジストは、経営者目線でIT戦略の立案と実行のスキルが学べる資格です。事業のリサーチや分析をして、今どんなことが課題かを示すスキルが問われます。 

 実務経験があり、この資格も取得することでより転職に役立ちますよ。 

⑸社会保険労務士 

社会保険労務士は、企業などの雇用や労務に関する手続きなどのスキルが身に付く国家資格です。取得すると人事や社会保険に関する知識を得られるので、業種にとらわれず転職を考えることができます。 

 人事労務を経験している方にとてもおすすめな資格なうえ、様々な業種の求人から転職先を探すことができるでしょう。 

⑹コーチングプロフェッショナル資格 

コーチングのスキル全般を学ぶことができるのが、コーチングプロフェッショナル資格です。この資格は、的確なコミュニケーションを取り、相手の潜在能力を発揮させ目標達成へと導くスキルを得られます。 

コンサルティング会社に限らず、幅広い仕事に活かせる資格でしょう。 

この他にも資格を知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。 

4.30代の転職のは資格の他に転職エージェントを利用するのがおすすめ! 

 写真AC

30代の転職にはスキルの証明に資格取得がおすすめですが、転職エージェントを利用するとより転職活動がスムーズになります。そこで転職エージェントの特徴についてまとめたので、初めて利用する方は参考にしてみてください。 

4.1転職エージェントとは 

転職エージェントは、登録するとひとりひとりにキャリアアドバイザーの担当者がつきます。自分では難しい自己分析や求人の紹介などをしてくれるので、ひとりで転職活動をするよりも効率よく動くことができるでしょう。 

 また30代で転職をする方は、仕事をしながら求人を探す方も少なくありません。忙しい中での転職は大変ですが、転職エージェントは面接のスケジュール調整などもしてくれるので初めての転職でも安心なのが魅力です。 

 4.2転職エージェントでできること 

転職エージェントに登録すると、様々なサポートを受けることができます。 

受けられるサポート内容は、 

  1. 前職の経験やスキルのアピールポイントを探してくれる 
  2. 求人の応募先に合わせて履歴書などの添削をしてくれる 
  3. 担当者から応募先に推薦状を出してくれることがある 
  4. 面接で聞かれやすい質問のアドバイスをくれる 

 このように転職を成功させるためのサポートをしてくれるので、資格取得の他に転職エージェントへの登録もしてみましょう。 

 5.30代の転職におすすめな5つ転職エージェントとは 

 unsplash.com

30代の転職におすすめな、転職エージェンを紹介します。複数に登録しておくと様々な求人を探すことができるので、自分にあったものを選んでみてください。 

 5.1CAREER CARVER 

写真参照元URL: https://careercarver.jp/ 

 CAREER CARVERは登録する際に経歴などを入力し、その内容に興味を持った企業からスカウトを受けることができる転職エージェントです。登録やサービスの利用には、一切料金がかかりません。 

 無料で転職したい企業を探すことができるので、転職を考えている方にとてもおすすめです。 

▶︎ CAREER CARVER(キャリアカーバー)に無料登録する

5.2JACリクルートメント 

写真参照元:https://www.jac-recruitment.jp/ 

JACリクルートメントは、30代から50代を対象にした転職エージェントです。実務経験やスキルが重要視されている求人が多いので、役職やマネジメントなどの経験者におすすめでしょう。 

ハイクラスの求人が集まっているので、国内の大手企業へ転職したい方はJACリクルートメントに登録してみてください。 

▶︎JACリクルートメントに会員登録する

5.3リクルートエージェント 

写真参照元:https://www.r-agent.com/ 

 リクルートエージェントは、他のサービスよりも求人数が豊富なのが特徴です。また全業界や職種が揃っているので、様々な求人を見ることができるでしょう。 

 書類の添削や面接対策など他のサービスも充実しているので、転職が初めての方でも安心です。 

▶︎ リクルートエージェントに無料登録

5.4DYM転職 

 写真参照元: https://www.dshu.jp/ 

 DYM転職は、就活に精通した担当者が内定を貰うまで徹底的にサポートしてくれます。口コミでも評価が高く、初めて転職をする方の支援実績もあります。 

職歴に自信がない方でもサポートが充実しているので、不安な方はDYM転職を利用するのが良いでしょう。 

DYM転職で無料相談してみる

 5.5doda 

写真参照元: https://doda.jp/ 

dodaは、登録する際に「エージェントサービスを希望する」に設定をすると、担当者が入社までサポートをしてくれます。非公開求人を紹介してくれたり、面接の日程を調整してくれたりと手厚いサポートが魅力です。 

 このように転職エージェントには様々な種類がありますが、それぞれ特性があるので、自分がどのように転職をしたいかによって選びましょう。 

▶︎ dodaに会員登録する(無料)

 さらに転職エージェントを詳しく知りたい方は、こちらの記事も読んでみてください。 

6. 30代での転職成功するために役立つ資格【職種別】 まとめ

 Unsplash.com 

30代での転職には、資格があると自分のスキルを証明しやすくなり、転職が成功しやすくなります。

30代転職を成功させる資格の取り方は、

  1. 前職と関連した資格を選ぶ
  2. 転職先の企業が求めるスキルの資格を取得する
  3. キャリアアップができる資格を取得する

の3つを紹介しました。

つまり、しっかり準備しておけば、初めてでも絶対に失敗しないと言うことです。

30代では即戦力を求める企業が多いので、実践に活かせスキルを証明できるような資格を取得するのがおすすめです。

さらに資格の取得だけでなく転職エージェントを利用すると、転職がより成功しやすくなるので活用してみると良いでしょう。