結局、未経験でWEBマーケターになるにはどうすればいいの?

未経験でWEBマーケターになるには マーケター

「未経験でWEBマーケターになるにはどうすればいいの?」

この記事はこんな疑問に答えます。

筆者である私は、商社に5年間勤めて未経験でベンチャーのWEBマーケターとして転職しました。

 

なので、「未経験」でもWEBマーケターにはなれます。

ただ、だからといって「未経験」と「無知」は全く異なります。WEBマーケターになるためには、自分で最低限必要な知識は身に付けて転職しました。

この記事を通じて、私がやってきた「未経験者でもWEBマーケターになるために必要な知識・スキル」を解説していきたいと思います。

それではいきましょう!

 

※私がWEBマーケ未経験でも転職して通用した話↓

Photo by Carlos Muza on Unsplash

Webマーケティング未経験でITベンチャーに転職しても通用した話。

未経験でWEBマーケターになるにはどうすればいいの?

「未経験でWEBマーケターになるにはまずどうすればいいの?」

 

WEBマーケターは今やWEBで販売する企業において、欠かせない存在です。もちろん広告代理店・プロモーション会社にも。

ずばりこの2つにつきます。



・WEBマーケターの死後でで必要な基礎知識とスキルを予め習得する

・WEBマーケター転職に強い転職エージェントに登録する


この2つを今からすればWEBマーケターになれます。(私が証明しています)

では、具体的にどんな方法でアクションすればいいのかを解説していきます。

30代未経験でもwebマーケターになる方法

30代未経験でもWebマーケターになるには?自分で検証してみた話。

どうやってWEBマーケティングを学習すればいいの?

WEBマーケターの1日

WEBマーケティングの基礎知識とスキルの学習と言いましたが、「何を」「どうやって」の部分を細かく説明していきますね。

 

WEBマーケターの募集要項に「未経験者歓迎」と書かれているケースが多いですが、うのみにしてはいけません。未経験者と無知は別物です。

 

未経験者を歓迎している会社であっても、普通に面接時に「WEBマーケの学習はどれぐらいやったことある?」と聞かれます。

 

それに、採用されたとしても「セッション・ユーザー・PVの違い」がわからなかったり、「Google Analyticsを触ったことない」レベルだと、最初からかなりキツイです。仕事が回りません。

 

未経験者でもWEBマーケターになるためにまず最初に習得すべきことはこちらです。



・WEBマーケティングの基礎知識を身に付ける

・簡単なWEB解析が出来る

 

WEBマーケティングは実務を通して学べることが多いものの、基本用語、マーケティング概念、WEB解析テクニックは独学で習得するべきです。

 

(特に中途採用の場合、丁寧に1から研修をしてくれるわけではないので。。)

この記事でWEBマーケターの仕事内容を細かく紹介しているので、これを読めばどんな知識・スキルが必要そうか?イメージ沸きやすいと思います。

 

WEBマーケターの仕事内容

【図解】現役マーケターが解説!WEBマーケターの仕事内容・求められるスキル

 

 

まずWEBマーケティングの基礎知識・フレームワークは「グロービス学び放題」で

ではここからは、具体的にどんな学習方法がおすすめか解説していきます。

まずWEBマーケティングの基礎知識は「グロービス学び放題」という動画学習サービスがオススメです。

低コストで最初に幅広く学ぶなら「グロービス学び放題」一択かと。

グロービス学び放題

グロービス学び放題は約3,000もの動画講座がスマホから見放題のビジネスパーソン向け学習サービスです。

WEBマーケに関わらず、マーケティング全般の知識が習得できます。

もちろん、マーケティング基礎知識講座やフレームワーク、WEBサイト設計まで動画で講座を受けられます。(リアルタイムではなく、収録されている動画を個々で視聴できる仕組み)

特にイチオシは、実際に事業での成功例/失敗例を絡めた動画講座です。机上の空論ではなく、実際にどんな施策を他社がやっているのかを学べます。

 

これだけ内容が詰まっていて、価格は月額1800円程です。(半年契約と年間契約があり、あまり価格は変わらないので個人的には半年契約がオススメ)

いまなら期間限定で7日間無料トライアルしているようなので、一度試してみてどんな動画があるのかチェックしてみてください!

ウェブサイト解析テクニックは「Udemy」で学ぶ【コスパ最強】

そして、次に習得すべきことは「ウェブサイト解析」の基礎知識です。

突然ですが、みなさんはこれらの質問に自信持って答えられますか?

 

「離脱率と直帰率の違いは?」

「回遊率って何?なんで重要?」

「CVR(コンバージョンレート)を高めるためにどんな指標が重要そう?」

 

自信持って即答できて、Google Analyticsですぐに抽出できそうならここの学習は不要です。

ちょっとでも不安な方に一番オススメする学習方法は「Udemy」という動画学習サービスです。

ポイントでプロが販売している学習動画が単品購入することが出来る世界最大級の学習サービスです。

 

グロービス学び放題

例えば、Google AnalyticsというWEBサイト解析ツールの基本的な使い方や、WEB分析のために必要な知識を数千円から学べることが出来ます。

基本的には、動画単品購入出来て、収録された動画講座を視聴できる仕組みですが、販売者によっては質問対応も受け付けてくれます。

正直、参考書を買いあさるより、ポイントで動画学習した方が、圧倒的に早く必要な知識を習得できます。

※その他おすすめのWEBマーケティングスクールはこちらで紹介しています↓

2021年版:現役マーケターおすすめのWEBマーケティングオンラインスクール3選

未経験でWEBマーケターになるために平行してやるべきこと → 転職エージェントへの登録

最短でWEBマーケターになるには「転職エージェントへの登録」が一番重要です。というか必須です。

 

転職エージェント登録で後回しにするひともいますが、ここが「未経験でWEBマーケターになるため」には極めて重要です。

転職エージェントでは、「無料で」転職するためにプロのキャリアアドバイザーがサポートしてます。

(無料でサポートしてくれるのは、転職エージェントは企業から成功報酬を受け取る仕組みだからです)

 

具体的には以下サポートを受けられます。

・未公開求人の紹介   → 転職エージェントしかもっていない求人を紹介してくれる

・選考対策       → 過去データから面接対策・履歴書添削等

・キャリアプランの助言 → これまでのキャリアから今後のキャリアパスに対してアドバイスしてくれる

 

こんなにもサポートしてくれるのに無料なんて驚きですよね。

適切で、質の高い転職エージェントを登録すれば、転職の成功確率がぐっと上がります。

 

では、WEBマーケターの転職に強い転職エージェントはどこか?をご紹介します。

 

WEBマーケター転職に強いおすすめの転職エージェント:ここ2-3社程度登録すればOK

転職エージェントは無数に存在します。そんな中で、WEBマーケターの転職にめっぽう強い転職エージェントのみを紹介します。

Webマーケターとして転職するなら絶対に登録すべき転職エージェント
【マスメディアン】
→ マーケター・広報の転職に特化した転職エージェント。Webマーケ領域の転職に強く、実績も業界No.1。マーケターを目指すならここは必須。

doda
→ 何といっても求人案件の量は日本トップレベル。IT系企業への転職に強い。自社サイトを持っているIT企業でWebマーケターを狙うならおすすめ。

JACリクルートメント
→ 年収800万円以上のハイクラスの転職の特化した有名転職エージェント。特に外資系・グローバル職に強い。語学が堪能ならハイクラス求人を紹介してくれる。

リクルートエージェント
→ リクルートが運営するミドル~ハイクラス求人特化の転職エージェント。メガベンチャーから大手のWebマーケターまでカバーしている。都市に関わらず地方での転職を希望している人にもおすすめ。

このなかで2-3社程度登録すればOKです。

「いますぐに転職する気はないけど転職エージェント登録していいの?」そんな声をよく耳にします。

結論、全然OKです。むしろ転職エージェントに登録している人の中で、いつかわからないけど、将来的に転職したい人の方が圧倒的に多いです。

まずは、「求人紹介してもらい実際のWEBマーケターの要件・条件を把握すること」が大事です。

そして、キャリアアドバイザーとの面談を経て、「具体的にどんなスキル・経験を求めているのか?」をしっかり把握することが出来ます。

詳しくはこちらの記事で解説しています↓

Webマーケティングに強い転職エージェント

結論、Webマーケティング転職におすすめの転職エージェントはここ

そもそもWEBマーケターのキャリアパスはどんなものがある?

WEBマーケター キャリアパス

正直、WEBマーケターという職種からのキャリアパスはかなり選択肢があります。

世の中の多くのWEBマーケターはこんなキャリアを歩んでいます。


・WEBマーケターとして、幅広い分野を経験する 

→ 広告代理店・プロモーション会社より

 

・事業統括・新規事業の責任者となる

→ これも結構多い。事業会社から事業マネージャーとなる

 

・独立・企業する

→ 実績があればこれが一番高年収を狙える

 

 

WEBマーケターという職種は色んな人と関わりがあるため、それを活かしてキャリアアップにつなげやすいのです。

WEBマーケターのキャリア

Webマーケターのキャリアパスってどんなものがあるの?【完全解説】

WEBマーケターの年収はこちら!

ーー WEBマーケターの平均年収は「541万円」

それほど高くはないですね。

ところがどっこい、WEBマーケターという仕事を通して、自分次第で将来的に年収をアップさせる一生もののスキル・経験が身に付きます。

つまり、企業に所属しているWEBマーケターの年収はさほど高くないものの、WEBマーケティングスキルと経験はふと外へ向けると需要があるため、副業で稼ぎやすいのです。

webマーケターの副業

【WEBマーケター副業】土日・終業後にできる副業集

こちらの記事でWEBマーケターの年収に関して詳しくまとめているので是非どうぞ!

WEBマーケター 年収

WEBマーケターの年収を考察。【そこには金脈があった】

WEBマーケターの仕事のやりがいはある?

個人的な感想ですが、WEBマーケターの仕事はかなりやりがいがあると思います。

その最大の理由は、「集客からコンバージョン(キャッシュポイント)まで責任を負うこと」です。

大抵の仕事は、事業の「一部分」を担うことが多いです。

ただ、WEBマーケティングは、サイトに集客して、その人が最終的にどんなアクションをおこしたのかを徹底的に解析しないと、新しい施策は考えられません。

 

素早いサイクルでPDCAを回しながら、自分とは違う職種のひとたちと一緒に仕事が出来ることで、急スピードで成長しやすい環境でもあります。

 

WEBマーケターの仕事内容

【図解】現役マーケターが解説!WEBマーケターの仕事内容・求められるスキル

 

まとめ :未経験でもWEBマーケターになりたい全ての方へ

コロナショックにより、各業界ではますますデジタル化が進みます。

そして、消費者側からすると、非接触なインターネットで、購買することは増えると思います。

そんな時代なので、WEBマーケターの需要は健在です。

 

転職市場からニーズのある職種を選ぶのも戦略の1つです。

 

そして、「WEBマーケターになろう!」って思い立ったら、上述した「未経験でもWEBマーケターになるためにやるべきこと」を今一度見直してもらえらばと。

 

新しい扉を開けて、新しいキャリアに向けて進めれるよう陰ながら応援しています!では!