WEBマーケティングのやりがいについて考察してみた

ベンチャー 転職 後悔 マーケター

「WEBマーケティングのやりがいがわからなくなってきた…」

「これからWEBマーケターを目指したいが、そもそもWEBマーケティングのやりがいって何?」

この記事はこんな疑問に答えます。

筆者である私は、商社に5年間勤め、未経験でベンチャー企業のWEBマーケターとして転職しました。

WEBマーケティング歴5年目となりますが、今では社内でだれよりも「WEBマーケティングにやりがい」を感じて仕事しています。

ふと思い立って、「なんでこんな面白いんだ?やりがいってなに?」と冷静に分析してみたので、今回はWEBマーケティングのやりがいについて自分なりに解説していきます。

WEBマーケティングのやりがいは… 「人を動かして得られる快感」

WEBマーケティングのやりがいは、「人を動かすこと」です。もうこれに尽きます。

少々独裁者っぽい感じになってるのでもうすこし詳しく言うと「人の心を動かす」ことがやりがいを感じられる瞬間です。

 

これは長年WEBマーケターとして働いているほとんどの人が共感するかと思います。

さらに、個人的にはWEBマーケティングだからこそこの「人の気持ちを動かす」ことに快感を感じられるとも思っています。

 

その理由は、WEBマーケティングの活動は常にWEB主体で実施され、WEB上のありとあらゆるユーザーの行動は数値化できるからです。

なので、自分がやったことの反響がダイレクトに数字として、認知することが可能なのです。

 

ここで少々、「これからWEBマーケターになりたい!」と思っている方にWEBマーケターの仕事内容を解説していきます。

そもそもWEBマーケターの仕事内容ってどんな感じ?

そもそもWEBマーケティングの仕事ってどんなことするの?

わかりやすく分けるとこんな感じです。

WEBマーケターの仕事内容

WEBマーケターの主な目的を分けると「WEBサイトへの集客施策」と「WEBサイト改善・分析」があります。

集客施策はWEB広告やSNS運営をして、自社のWEBサイトへ訪問してもらうための施策です。

 

一方で、WEBサイトに訪れたユーザーに商品を購入してもらうための仕組みを作るために必要なことが「WEBサイト改善や分析」です。

ユーザーの動向分析とサイト改善がセットとなっています。

 

WEBマーケターの具体的な仕事内容を知りたい方!現役マーケターである筆者のWEBマーケターの1日にスポットライト当てた記事があるのでぜひともこちらもどうぞ。

WEBマーケティングのおもしろさはやらないとわからない

ベンチャー 転職 後悔

どんな仕事だってそうだと思いますが、実際にやってみないとその仕事の本当の楽しさや辛さはわかりません。

WEBマーケティングという仕事を可能な限り頑張ってお伝えすると、こんなおもしろさがあります。

・やったことの結果がはっきり返ってくる

・いろんな職種の人と一緒に働く

・常に新しいテクノロジーに触れられる

 

ではWEBマーケターになるには何が必要?

私は商社に5年間勤め、未経験でWEBマーケターになりました。

WEBマーケターこれからなりたい!という方にとっておきの手法をご紹介します。

 

至ってシンプルです。それは、、

・WEBマーケティングの基礎知識を身につけておく

・WEBマーケティング職の転職に強い転職エージェントに登録する

 

この2点です。

 

まず、WEBマーケティングの基礎知識を身につけるベストな方法は、自宅でできる学習です。

現在はコロナのためになかなかスクールへ通うことができないです。ただ、今の時代オンラインスクールで完結できちゃうのです。

一番初めに検討すべきは動画学習サービスのグロービス学び放題 です。

グロービス学び放題とは、ビジネスパーソン向けにスマホアプリで合計2,800本以上の学習動画が視聴し放題のサービスです。

グロービス学び放題

なんと月1,800円ぐらいで300コース以上のビジネス学習動画が見放題な神サービスです!

もちろんWEBマーケティングの学習動画も100本以上収録されています。

ただ、注意が必要なのが、半年か1年契約でしか加入できない点です。

まずは6ヶ月契約で、7日間無料トライアルに入ってみて、自分に合った学習ができそうかみてみることをおすすめします。

グロービス学び放題 感想

Webマーケターが今話題の「グロービス学び放題」を利用した感想

 

 

他にももっとおすすめのWEBマーケティングのオンラインスクールがあるのですが、長くなってしまうので詳しくはこちらの記事をご覧ください。

2021年版:現役マーケターおすすめのWEBマーケティングオンラインスクール3選

WEBマーケティング転職に強い転職エージェントにまずは登録すべし

いまや、転職エージェントなしに転職成功させることは難しい時代です。

というのも、転職エージェントは存在価値を向上させるため「非公開求人」を多く取り揃えているからです。

なので、転職エージェントを活用して、自分に合った求人を紹介してもらうことはとてもとても大事です。

WEBマーケティング職に強い転職エージェントはこちらです。

Webマーケターとして転職するなら絶対に登録すべき転職エージェント

【マスメディアン】
→ マーケター・広報の転職に特化した転職エージェント。Webマーケ領域の転職に強く、実績も業界No.1。マーケターを目指すならここは必須。

doda
→ 何といっても求人案件の量は日本トップレベル。IT系企業への転職に強い。自社サイトを持っているIT企業でWebマーケターを狙うならおすすめ。

JACリクルートメント
→ 年収800万円以上のハイクラスの転職の特化した有名転職エージェント。特に外資系・グローバル職に強い。語学が堪能ならハイクラス求人を紹介してくれる。

リクルートエージェント
→ リクルートが運営するミドル~ハイクラス求人特化の転職エージェント。メガベンチャーから大手のWebマーケターまでカバーしている。都市に関わらず地方での転職を希望している人にもおすすめ。

未経験でWEBマーケターになるには

結局、未経験でWEBマーケターになるにはどうすればいいの?

WEBマーケティングに向いている人・向いていない人

ではどんな人がWEBマーケティングの仕事に向いているのか、向いていないのかをみていきましょう。

適性判断するのは至って簡単です。

それはいまから述べることにすべて当てはまる人は「向いている」、逆にひとつでも当てはまらないひとはWEBマーケティングの仕事に「向いていない」ということ。

・WEBサービスが好きな人

・WEBでモノ・サービスをよく購入する人

・様々な職種の人と働くことが好きな人

・数字が好きな人(分析・解析が得意)

・1週間1回はIT関連のニュースサイトや記事を読んでいる人

ただなんとなくクールだからWEBマーケティングをやりたいというのではなく、しっかりとWEBマーケの可能性や価値を把握した上でWEBマーケターになりたい!という方は向いています。

 

 

WEBマーケターの年収は?稼げるの?

WEBマーケター 年収

端的に言うと、WEBマーケターの平均年収は決して高くないですが、自分で稼げる能力が身につきます

ーー WEBマーケターの平均年収は「541万円」ーー

なんとも言えない数値ですねww

ただ、ところがどっこいWEBマーケターは本業以外でも稼げるスキルを知らない間に身につけているのです。

 

例えば、SEOの知識を活かして私のようにブロガーになって収益を得たり、コンサルをして副収入を得たりと個人で稼ぐ力は確実に身につけられます。そして、多くのWEBマーケターが個人で稼いでいるのも事実です。

(周りに副業でばんばん稼いでいる人がいるとしたら、その人は大抵WEBマーケティング関連じゃないですか?)

 

ということで、本業と副業を掛け合わせて年収1,000万円オーバーも夢ではありません。

WEBマーケターの年収に関して詳細知りたい方はこちらの記事もあわせてどうぞ。

WEBマーケター 年収

WEBマーケターの年収を考察。【そこには金脈があった】

 

WEBマーケターが稼いでいる副業とは?

副業

「WEBマーケターは個人でもかなり稼げる貴重な職種」だとお話しました。

WEBマーケティングのスキル・知識は思っている以上に世の中で需要があるのです。

どんな事業者でもマーケティング活動は必須で、昨今の風潮で「WEBを活用してマーケティングすべし」という流れに変わってきているからです。

ただ、WEBマーケティングに精通した人が社内にいないことが実情です。そこで、おおくの企業は外部からWEBマーケターをアサインして外注として起用するようになっています。(特にある程度資金のある中小企業)

 

なので、WEBマーケティング関連の支援・コンサルティング・戦略立案等の案件が副業マッチングサイトやエージェントにかなり存在しています。

 

ここで少々前提条件ですが、企業からの副業案件を探す方法は、大きく2つあります。

「副業マッチングサイト」と「副業エージェント」です。

機能はどちらも一緒で、副業案件を見つけられるということ。マッチングサイトは企業が掲載した案件を探して応募する仕組みで、エージェントは登録したら相性良さそうな案件を紹介してくれるサービスです。

私自身も利用しているおすすめの副業マッチングサイト・エージェントはこちらです!

 

クラウドソーシング・マッチング系

クラウドワークス
→ 企業が投稿した案件に対して、応募して獲得できる。WEBマーケの案件も常に多く掲載されているので条件の良いものだけに応募で良い。

ココナラ
→ スキルシェアサービス。自分のスキルを掲載して、自由に値付けが出来る。「例えばSEOコンサル2時間」のようなサービスを出品して購入に応じてサービス提供する。

ビザスク
→ 課題を抱えている企業が投稿して、それをフリーランスが応募できるマッチングサービス。スポットコンサル専門サービスなので、1時間のものが多い。
そこから個別契約に移るケースもよくある。

エージェント系

【BTCエージェント】(

→ 副業専門エージェント。100万円以上の高単価で長期プロジェクトをバンバン紹介してくれる。ベンチャーや大手企業のWEBマーケ戦略、運営の案件が多く掲載されている。長期プロジェクトをしたい人向け。

【プロの副業 マーケティング】
→ マーケター専門の副業支援エージェント。高単価な案件が多い。

Workship
→ 副業専門エージェント。マーケからセールスまで多く案件が掲載されている。
長期プロジェクトをしたい人向け。

BIZ-directors
→ 年収800万円以上の管理職専用の副業支援サービス。月1日から、月30万円からの案件に特化している。

webマーケターの副業

【WEBマーケター副業】土日・終業後にできる副業集

【WEBマーケティングのやりがい】現役WEBマーケターが感じた「最高の瞬間」

私がWEBマーケティングをしていて感じた最高の瞬間は「初めてコンバージョン(購入)したとき」です。

表現できないぐらい嬉しかった記憶があります。

目に見えないお客さんが広告でのメッセージを気に入ってくれ、サイト内で購入決断してもらったと考えたら達成感が溢れてきました。

これが冒頭で言った「WEBマーケティングのやりがい=人を動かすこと」かと思います。

今ではいろんな業界のECサイト立ち上げやWEBマーケ戦略に関わっていますが、この達成感は小さな成果が出るごとに感じています。

最後に、この記事がこれからWEBマーケターを目指すひと、WEBマーケターだがやりがいが中々感じられない人のヒントになれば幸いです!

ではまた!