市場価値の高い20代転職でおすすめの職種は?年収比較・おすすめしない職種

市場価値の高い20代転職でおすすめの職種 仕事の悩み解決

20代で転職を考えた際、どのように職種や転職先を選べばいいかわからない、そもそも転職できるのか不安という方も多いのではないでしょうか。

実は、転職においては20代というだけで市場価値が高く、30代以降よりも転職可能な企業数が多くあるのです。

今回は、市場価値が高い20代で転職する際に、おすすめの職種を紹介していきます。

20代はなぜ市場価値が高いのか、20代の職種別平均年収やおすすめしない職種、おすすめの転職エージェントもあわせて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

20代はこれから市場価値が高くなる一方!転職に有利?

20代は、若いということだけでも市場価値が高く、転職を有利に進めることができることをご存知でしょうか。

経験している業界や職種で転職がしやすいことはもちろんですが、未経験の業界や職種にも転職しやすく、最も転職できる幅が広い年代となります。

転職がしやすい理由は、20代には実力ではなく、先々の成長に期待するポテンシャル採用を行う企業が多いからです。

特に20代前半であれば「第二新卒」という枠で採用をする企業が多く、業務スキルよりも人柄や仕事に対する意欲などを重視している企業が多数あります。

第二新卒に特化したおすすめ転職エージェント4選!狙える職種・業種は?

第二新卒に特化したおすすめ転職エージェント4選!狙える職種・業種は?

そのため、20代、特に20代前半は転職市場にいるだけで市場価値が高くなっています。

そもそも転職市場での市場価値とは?20代で市場価値をあげる方法

「そもそも転職市場での市場価値とは何ぞや?」

って思いますよね。。

一言で説明すると「企業がほしくなる人」です。

「市場価値」を少々ブレイクダウンするとこんな感じです↓

転職市場価値の測り方

そうです。この「希少性」と「再現性」を多く両方備え持つ人がいわゆる「市場価値が高い人」なのです。

「希少性」いうのが、”他の人がなかなか持っていないレアなスキルや経験”です。

例えば、「会計知識」や「言語力」や「プレゼン能力」や「Web開発スキル」のようなもの。

ここでポイントなのが、複数の「スキルや経験」を身につけてユニークにしていくということ。

例えば、「英語を話せる」人は山ほどいますが、「英語でプレゼンができる人」は少々レアになってきます。

続いて、「再現性」というのが、”いろんなフィールドで使えるか?”ということです。

逆に言えば、「ある特定の場所でしか通用しないもの」は再現性が低いと言えます。

再現性が高いスキル・経験の例は、商材に左右されない営業力だったり、会計知識や一般的なWebアプリケーションの開発スキルだったりします。

なので、転職市場においてもこの2点が高い人がほぼ確実と言っていいほど企業から引っ張りだこになります。

20代が転職先の業界や職種を選ぶポイント

20代で転職を考えた方の中には、「転職をしたいけど転職先の選び方が分からない」と悩んでいる方も多いようです。

そのような方のために、転職先を選ぶポイント以下の4つにわけて紹介します。

  1. 労働環境が整っているか
  2. 将来性がある業界・企業か
  3. 離職率は低い業界・企業か
  4. 教育体制は整っているか

1.労働環境が整っているか

現在の会社において残業時間やパワハラなど、労働環境に不満があるという理由で考えている方も多いと思います。

他の理由で転職をしたとしても、転職先がサービス残業が当たり前だったり、給与や残業代が未払いであるなどのブラック企業だったら転職した意味がなくなってしまいます。

1日8時間、週40時間程度と長い時間を会社で過ごすからこそ、労働環境が整っているかは転職先を選ぶ際に重要なポイントです。

業界や企業によって、ブラック企業の基準が異なっているため、細かく確認することをおすすめします。

2.将来性がある業界・企業か

時代の流れが早く、業界や企業の衰退や発展のスピードが早くなっています。

例えば、現在展開されているサービスの多くがIT化している流れから、IT業界は今後も需要が増え続けていくだろうと予想ができます。

このように、今現在拡大している業界なのか、その業界内でも頭角を現している企業なのかなどをポイントに選ぶとよいでしょう。

企業と共に自身も成長していくことで、年収アップや役職なども期待できるため、将来的にこれらも得たい人は、特に注意して選ぶことをおすすめします。

3.離職率が低い業界・企業か

転職先を探す際は、業界全体やその企業の離職率が高すぎないかを調べておく必要があります。

離職率が高い場合は、退職者が多いことを示しているため、職場環境や労働環境など、何かしらの問題がある可能性が高いので、注意が必要です。

稀に、独立支援などを積極的に行っている結果、数値的には離職率が高く見える企業もあります。

離職率や社内のことを詳しく知るためには、求人だけでなく口コミ情報などもあわせて確認することをおすすめします。

4.教育体制は整っているか

採用に慣れていない企業にありがちですが、教育体制が整っておらず、入社後に自力で考えて、勉強することを求められる場合があります。

経験している業界、職種であれば多少は自身でもなんとかできると思う方もいるかもしれませんが、企業によって業務フローが異なるなど、業務への支障は少なからず出ます。

また、未経験業界への転職の場合は、仕事の進め方だけでなく考え方もわからない状態であることが多いため、入社後の教育が大切です。

求人に教育体制の記載があるのかを確認することはもちろんですが、面接時に細かく確認することをおすすめします。

20代の職種別平均年収は?稼げるおすすめの職種

20代で転職をする際、どのくらい稼げるかということを重視する方も多いのではないでしょうか。

業界最大手のdodaが発表している2019年9月~2020年8月の20代の平均年収ランキングは以下の表のようになっています。

職種平均年収
専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)497万円
企画/管理系395万円
技術系(電気/電子/機械)381万円
営業系378万円
技術系(IT/通信)372万円
技術系(建築/土木)372万円
技術系(メディカル/化学/食品)351万円
金融系専門職343万円
クリエイティブ系320万円
事務/アシスタント系303万円
販売/サービス系298万円

このように、コンサルティングファームなどの専門職などが最も平均年収が高くなっています。

転職時に重視するポイントは人によって異なると思いますが、年収もポイントの1つなる方はぜひ参考にしてください。

職種や業界に限らず、年収が上がる人の特徴などが知りたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

20代、30代転職で年収が下がる人と上がる人の決定的な違い

20代、30代転職で年収が下がる人と上がる人の決定的な違い

20代で転職するならおすすめしたい職種

20代でも将来性があり、活躍できる可能性が高いおすすめの職種は以下の3つになります。

  • 営業職
  • ITエンジニア
  • コンサルタント

それぞれ、おすすめの理由などを紹介していきます。

営業職

20代に最もおすすめしたい転職先は、転職がしやすく、人気の高い営業職です。

営業職は、転職時に求められるスキルや資格がなく未経験からでも始めやすいという特徴があります。

また、どの業界、さまざまな企業規模であっても、ほとんどの企業には営業職があるため、興味のある業界や企業に転職しやすいというメリットもあります。

企業や業界によっては、給料と別に業績に応じてインセンティブをもらえることもあり、頑張りしだいで年収アップも期待できるため、おすすめです。

以下の記事にて、営業職へ転職する上でおすすめの転職エージェントをまとめているので、こちらもあわせてご覧ください。

営業職に強い転職エージェント

営業職におすすめの転職エージェント6選!転職成功するための豆知識も紹介

ITエンジニア

成長し続け、需要が増え続けているIT業界の中でも、ITエンジニアへ挑戦することもおすすめです。

未経験からの入社であれば、まずはプログラマーとして働き始め、プログラミングを身に着けてからITエンジニアとなるという流れもあります。

ベンチャーでキャリアを積みことをゴリ押しする理由

【図解】エンジニアがベンチャーでキャリアを積みことをゴリ押しする理由

IT業界は、人材が足りていない企業が多く、未経験の若手人材を採用し、教育している企業が増えているので、挑戦しやすい職種となっています。

ITエンジニアとして活躍できる実力を身に着けると、副業を始めたり、フリーランスになるという道も選択できるため、おすすめです。

IT業界の中でも、外資系企業に興味がある方は、以下の記事にておすすめの転職エージェントを紹介しているので、あわせてご覧ください。

外資系IT企業に強い転職エージェント

外資系IT企業の転職にめっぽう強い転職エージェント4選【登録マストなとこだけ】

コンサルタント

コンサルタントは、他の職種に比べて転職難易度は高いものの、入社できれば自身のスキルアップや年収アップに繋がるため、おすすめの職種です。

コンサルタントと言っても、経営コンサルや人材コンサルなどさまざまな分野がありますが、その道のプロとして企業をサポートし、成功へ導くことが仕事になります。

プロとしてアドバイスをするためには、日々情報をアップデートし、自分を成長させ続ける必要があるので、他の職種よりもスキルアップがしやすい職種です。

他の職種よりも平均年収が高いので、成長しながら稼ぎたいという方にもおすすめです。

外資・国内関係なく、コンサルティングファームに興味がある方は、以下の記事にておすすめの転職エージェントを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

コンサルに強い転職エージェント

外資・国内コンサルティングファームの転職に強い【おすすめ転職エージェント5選】

20代にあまりおすすめしない職種

市場価値が高く、キャリアアップのために転職をする20代におすすめしない職種は以下になります。

  • 事務職
  • 運送ドライバー

事務職

事務職は企業においてとても重要や職種ではありますが、自身のキャリアアップに繋がりにくい職種であるため、あまりおすすめできません。

企業によって多少業務内容は異なりますが、入力作業などをコツコツと繰り返し行うことが多い職種です。

そのため、新しいスキルが身についたり、昇進や昇給ができることは少ないことから、20代が転職する職種としてはおすすめしません。

配送ドライバー

運転免許があれば、未経験でも採用されやすい配送ドライバーですが、事務職と同じように仕事を通じた成長が難しいため、転職先としてはあまりおすすめしません。

配送ルートを覚えたり、ミスなく仕事を進めるということが重要な仕事ではありますが、長く働き、30代に入ってから転職をしようとしても転職先が見つけにくい可能性があります。

業界内であれば転職できるものの、スキルが求められる30代になってからの転職活動において、転職先の幅を狭めてしまう恐れがあるため注意しましょう。

20代が転職をする際におすすめの転職エージェント

20代での転職は、初めてであることも多く、不安を抱えている人も多くいると思います。

そのような方におすすめしたい転職方法は、サポートを受けながら転職活動が行える転職エージェントの利用です。

「転職サイトと何が違うの?」という方はこちらの記事をおすすめします。

女性の転職エージェント

【忙しい女性必見】転職サイトと転職エージェントの違いとは?利用すべき転職サービス5選

ざっくり図解で説明するとこんな違いがあります。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職サイトは自力で求人を探して選考まで受ける「Pull型」に対して、転職エージェントは、担当キャリアアドバイザーがマッチした求人のみを探してくれて、企業との間に入って面接日程調整・条件交渉・選考対策までフルサポートしてくれます。

その中でも20代におすすめしたい転職エージェントは以下になります。

DYM転職
→ 20代でベンチャー未経験者や第二新卒の転職に特化した有名転職エージェント。大企業〜創業したてスタートアップまで幅広く紹介してくれる。ここの特徴は経営者と直接やりとりしていることが多いのでベンチャーの未公開求人を保有している。

WORKPORT(ワークポート)
→ めちゃ伸びている総合型転職エージェント。特にIT系企業の営業,マーケ職に強い。業種別に専門キャリアアドバイザーがついてくれる。求人は、若い会社が多いのでフレッシュな環境で働きたい人はおすすめ。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
→ 20代で年収600万円以上のハイクラスに特化した転職エージェント。ヘッドハンティング型で、待っていたら希望職種のオファーが来る仕組み。また、担当エージェントも自らサイト内で選ぶことができ、無料で転職サポートが受けられる。年収600万円以上でキャリアアップ考えている人は登録必須!

ジョブトラ20s
→ 20代転職・第二新卒の転職専門エージェント。これから伸びるベンチャー・中小企業に特に強い。

マスメディアン
→ マーケター・広報の転職に特化した転職エージェント。Webマーケ領域の転職に強く、実績も業界No.1。マーケターを目指すならここは必須。

doda
→ 海外事業立ち上げ等、グローバルな案件が多め。ビジネス職からエンジニアまで幅広く紹介してくれる。

それぞれ詳しく紹介していきます。

転職エージェントの活用方法について知りたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

転職エージェントのメリット・デメリットとは?

転職エージェントの上手な活用方法とは?メリット・デメリット比較

DYM転職

DYM転職は、第二新卒・既卒・フリーター・ニートの方を対象として転職エージェンであり、未経験や職歴がない方の転職支援実績が豊富にあるサービスです。

また、DYM転職が紹介してくれる求人のほとんどは、書類選考なしで応募後すぐに面接から始められるというメリットもあります。

もちろん、面接サポートや内定獲得後のフォローも受けることができるため、職歴や学歴に自信がない方におすすめです。

▶︎ DYM転職に無料登録する

ワークポート

ワークポートは、転職決定数No.1の転職エージェントであり、長年転職支援してきた専門知識も多く保有しています。

総合型転職エージェントではあるものの、IT・Web業界に強く、独自のプログラミングスクールも運営しています。

保有求人数も多く、1度に複数求人を紹介してくれるので、IT・Web業界に興味があり、多くの求人の中から転職先を選びたい方におすすめです。

▶︎ ワークポートに無料キャリア面談を申し込む

キャリアカバー(CAREER CARVER)

キャリアカバーは、業界最大手であるリクルートが運営する、ハイクラス向けの転職サービスです。

通常の転職エージェントとは少し異なり、利用者が登録をするとヘッドハンターがスカウトをしてくるヘッドハンティングサービスとなっています。

もちろん、自身で求人を検索し、応募することも可能なので、経歴を活かして転職をしたい方はぜひ利用してみてください。

▶︎ キャリアカバーに無料登録する

ジョブトラ20s

ジョブトラ20sは20代専門の転職エージェントであり、入社3年後のミスマッチを無くすこを掲げ、より利用者に適した求人を紹介してくれます。

ジョブトラ20sの利用者は、自身の強みなども知れる適職診断を無料で受けることができ、この結果を基に求人紹介してくれるので、マッチ度が高くなっています。

異業種や未経験業界への転職にも強い転職支援サービスなので、キャリアアップだけでなくキャリアチェンジをしたいと考えている方にもおすすめです。

▶︎ ジョブトラ20sに無料登録する

マスメディアン

・写真参照元URL:https://www.massmedian.co.jp/

マスメディアンは宣伝会議のグループ会社が運営する転職エージェントであり、マーケティング・クリエイティブ職に特化しているサービスです。

20代を中心に、30代までを対象とした求人が多く、未経験からでも挑戦したい方向けの求人も複数あります。

取り扱っている求人の大半が首都圏なので、マーケティングやクリエイティブ職に興味があり、首都圏で転職をしたい方におすすめです。

▶︎ マスメディアンに無料キャリア相談を申し込む

dodaエージェント

dodaは、パーソルキャリアが運営する業界最大手の転職エージェントであり、利用者満足度が90%と高い評価を得ているサービスです。

総合型転職エージェントとして幅広い業界の求人を豊富に保有していることに加え、手厚いサポートを受けながら転職活動を行えます。

転職を決意したものの、業界や職種などを絞り切れていない方におすすめの転職エージェントです。

▶︎ dodaに無料キャリア相談を申し込む

職種や年代別のおすすめ転職エージェントを知りたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

職種別・年代別おすすめの転職エージェント比較

【完全版】 職種・年代別おすすめ転職エージェント完全比較!一発でベストが見つかる

20代の転職で最もおすすめの職種は営業職

アクシスコンサルティング

今回は、転職先を選ぶ際のポイントから20代におすすめの職種、おすすめの転職エージェントを紹介してきました。

転職先を選ぶ際のポイントは、以下の4点となります。

  • 労働環境が整っているか
  • 将来性がある業界・企業か
  • 離職率は低い業界・企業か
  • 教育体制は整っているか

これらの観点から業界や企業を判断すると、転職先を選びやすくなるでしょう。

また、20代におすすめの職種は以下の3職種を紹介しました。

  • 営業職
  • ITエンジニア
  • コンサルタント

これらの職種に関しては、おすすめの転職エージェントなどを紹介した記事もあるので、ぜひそちらもあわせてご覧ください。

少しでも転職を考えたら、転職エージェントに登録してみることをおすすめします。

転職先の具体的なイメージが決まってなくとも、相談ベースで利用でき、一緒にベストな転職先を探してくれます。

無料で利用できるので、転職を考えた際には、ぜひ登録してみてください。