経歴弱者でも戦える!30代の転職がうまくいかない本当の理由と3つの戦略

仕事の悩み解決
マチャド(管理人)
今回は、30代で転職に苦労した私の友人のDさんに実体験を踏まえて有益な記事を書いてもらいました!それではバトンタッチです!

はじめまして!Dです!今回は「30代 転職がうまくいかないのはなぜ?打破する方法は?」というテーマで自分の実体験を交えてお伝えていきます。

それではまいりましょう!

「転職回数が多い自分が入れるところなんて、もうブラック企業しかないのでは…」

「転職サイトでスカウトはされるのに、いざ応募すると書類選考で落とされる…」

「30代で正社員経験なしはもう打つ手なし?」

こんな風に考えて、ため息ついてはいませんか?

実はこれ、30代半ばの筆者が去年一年間に転職活動して感じた本音です。

なりふり構わなければ仕事はいくらでもあります。

転職サイトにいくつも登録して、内定もいくつか貰いました。

でも、結局こう思うのです。

「ここに転職しても明るい未来はないだろうな…」

「定年までこの会社で働いていける気がしないな…」

30代の転職活動はやり方を間違えていると思い切り空回りします!

うまくいかないのは、やり方あるいは考え方の問題かもしれません。

この記事を読み終わった後に

少しだけでも、あなたの気持ちが軽くなることを願っています。

転職がうまくいかない?30代に多い経歴弱者とは?

https://images.unsplash.com/photo-1512581574034-6f1da619c5fa?ixid=MXwxMjA3fDB8MHxwaG90by1wYWdlfHx8fGVufDB8fHw%3D&ixlib=rb-1.2.1&auto=format&fit=crop&w=1000&q=80

タイトルにもある経歴弱者とはどのような人をさすのでしょうか?

これは、転職回数が多かったり、経験やスキルが乏しかったりして中々転職できない人をさします。

筆者が自虐的に考えた造語です(笑)

転職がうまくいかない経歴弱者は圧倒的に30代に多いといえます。

20代はまだまだ転職回数もそれほど多くないでしょうし、経験やスキルもこれからですから。

一口に経歴弱者とはいっても、大きく分けて3つのタイプがあります。まずはそれぞれの違いを見ていきましょう。

【30代転職がうまくいかない経歴弱者①】社会人経験が乏しい

普通に大学を卒業した後に就職して、転職もしていないとすると、30代に入るころにはおよそ8年の社会人経験があることになりますね。

人生やり直せるなら、そんな王道歩んでみたい…なんて思ってしまいますが、私含め脇道それまくりの人はたくさんいます

30代で社会人経験が乏しい人はこのような感じでしょうか。

  • 20代のときに夢を追いかけていたフリーター
  • 元引きこもり
  • 就職活動が嫌でバイト生活
  • 派遣で働いていたら居心地がよくてそのままズルズル
  • 特殊な専門職だったため、汎用性が低い

もちろん、その他のケースも多々ありますが、30代で上記に当てはまる人は経歴弱者といえるでしょう。

【30代転職がうまくいかない経歴弱者②】転職回数が多い

はい。これはまさしく筆者です。

筆者は個人事業主に近いかたちで働いていたので、クライアントに合わせてちょこちょこ所属会社が変わっていました。

割とそういう業界だったのです。

業界内での転職だけなら全く問題ありません。

しかし一歩業界の外に出れば、ただの仕事が続かない奴です…。

私の場合は転職回数が10回以上あるので、この記事よりも長いような職務経歴書を持って面接に臨んでいました。

元々営業職なので、口八丁手八丁には自信があります。

転職回数が多い理由や今回が最後の転職であることを必死にアピールしました。

しかし、ここ一番の面接ではことごとく不採用…。

むろん、転職回数の多さだけが問題とはいえません。

ただ、私は職歴を話しているときに面接官の顔が曇るのを何度も目にしました。

心のため息が聞こえてきたこともあります(笑)

一度や二度の転職回数はそれほどマイナスの印象を与えません。

しかし5回以上転職歴がある30代を企業は採用したがらないでしょう。

特に転職サイトは間口が広く、誰でも気軽に応募できる反面、ライバルも多いです。

仮に「30代で転職回数5回以上」のあなたが面接でかなりの好印象を勝ち取ったとします。

しかし「20代前半で初めての転職」であるちょっと真面目そうな人が一人いたら迷わずあなたは落とされるでしょう。

よほどの大手でもない限り、企業はあなたの過去の経歴一つひとつを調べたりはしません。

そして面接官はあなたが話す退職理由を鵜呑みにはしないでしょう。

今までと同じようにすぐに辞められると研修費用が無駄になります。

つまり30代で転職回数が多いというのは企業にとって大きなリスクといえるのです。

【30代転職がうまくいかない経歴弱者③】スキルがない

営業職を長年やっていると身につくのがコミュニケーション能力交渉力です。

料理人は当たり前ですが料理が上手くなり、食材の知識も深まります。

経理をやることで数字に強くなったりもするでしょう。

このように仕事をしていると何かしらのスキルがつくものです。

しかし、30代の転職がうまくいかない人の中にはこのスキルがほとんど身につかないまま歳を重ねてしまった人もいます。

あるいは他業種への転職をしたくても、他で活かせるスキルがないということもあるでしょう。

これは特に販売業や製造業などに多い傾向です。

中には正社員ではあるものの、業務内容が派遣社員と変わらないような仕事もあります。

一見簡単そうでよいのですが、実際は給与が安く、昇進もほとんどないので周囲がどんどん転職していくのです。

30代になると将来が心配になり、あなたも転職を決意します。

しかし、手元にあるスキルといえばアルバイトより少々接客ができるというくらい…。

30代で他業種に活かせるようなスキルがない人もまた、経歴弱者といえます。

30代の転職がうまくいかない本当の理由

man sitting on gray arm chair using silver laptop computer on building balcony at daytime

結論として、経歴弱者は確実に転職で不利になります。

これは自身も散々体験してきたことなので断言できます。

サラリーマン金太郎のように、海でどこかの会社の会長を助けてそのまま入社…なんてことは起こりません!

しかし!

30代になった今現在、あなたの転職がうまくいかないのは経歴弱者だからではありません!

本当の理由は「経歴弱者としての戦い方」をしてこなかったからです。具体的に説明していきます。

【30代転職がうまくいかない理由①】自分の市場価値が把握できていない

突然ですが、あなたは転職における自分の市場価値を正確に把握できていますか?

この市場価値は業種や職種によって変わってきます。

現職の業種や職種に関してはおそらく大半の方が自分の市場価値をある適度正確に把握できているのではないでしょうか。

問題は他業種や他職種への転職の場合です。

あなたにとっては未経験の新しい世界

30代で転職活動しているということは、少なからず今の業種の年収や将来性に不安を覚えているのではないでしょうか。

そもそも現職に近いものなら転職サイトを見るよりもコネで探した方が簡単ですから。

未知の業種では自分の市場価値は見えてきません。

そこで多くの人が陥ってしまうのが、今の業種での実績で判断してしまうということです。

そのことが時として自らの市場価値を見誤らせてしまうのです。

あなたが武器になると思っていたことが、周りから見れば当たり前のことだったりします。

もちろん、その逆もしかりです。

結論として、自分の市場価値がよくわからないという方は転職エージェントを使ってください。

詳しくは後述しますが、プロが無料であなたの市場価値を考えてくれます。

逆に使わない意味がわかりません。

【30代転職がうまくいかない理由②】見切りが早い

30代で転職活動をしていて、それがうまくいかないで「お祈りメール」ばかり貰っていると、人はどんどん臆病になります。

「どうせこの業種じゃ採用されないだろうな」

「この会社はサービス残業とか多そうだな」

30代の転職はみなさん慎重に考えていると思います。

そうなると企業の口コミサイトなんかで一つでも悪いことが書いてあると、それだけで応募を辞退したくなる…。

そんなことはありませんか?

あるいは、平均年齢が若い会社というだけでブラック企業なのでは?と考えてしまったりしていませんか?

なんでもかんでも飛びつけばいいわけではありませんが、この見切りの早さも30代の転職がうまくいかない要因になっています。

30代経歴弱者の転職がうまくいく3つの方法

two men facing each other while shake hands and smiling

それでは30代の経歴弱者の転職がうまくいくようにするにはどうすればよいでしょうか?

この記事では3つの方法を提示します。

【30代転職がうまくいく方法①】条件を緩和する

「年収をアップしたい」「土日休みの仕事がしたい」など、転職する上での希望条件は諸々あると思います。

30代の転職では養わなければならない家族がいる場合もあるでしょう。

しかし、もしかしたらあなたの掲げる条件がちょっと厳しすぎるのかもしれません。

努力次第で年収や待遇が改善されていくこともあります。転職時の条件を少しだけ緩和してみてはいかがでしょうか。

【30代転職がうまくいく方法②】山奥リモート生活

いきなり何を言い出すの…?なんて思わないでください。

別にふざけているわけでもからかっているわけでもありません。

「山奥リモート生活」は今私が目指している暮らしそのものなのです。

当たり前の話ですが、仕事はお金を稼ぐためにします。

ではなぜお金を稼がなくてはいけないのでしょう?

当然生活のためです。

例えば東京で一人暮らしをしている30代の女性がいるとします。

彼女は月の手取りが16万円ほどの事務職をしていて、毎月のやりくりが大変です。

それはそうでしょう。家賃が7万円で食費が3万円、携帯代や光熱費で2万円は確実に消えていくのですから。

それならどうすればいいか。

山奥でリモートワークを主軸にすればいいのです。

日本の田舎には月に1万円くらいで借りられる古民家がゴロゴロあります。

しかも畑付きだったりします。

気や水道がちゃんと通っているところでもかなり生活費を抑えられます。

「いやいやちょっと待って。そんな山奥で仕事なんてないでしょ。」

そうです。

田舎の弱点は仕事がないことです。

田舎風景 | Kumada Kei | Flickr

なので、どこでもできる仕事をしましょう。

未経験でも始めやすいリモートワークのオススメはwebライターです。

クラウドワークスランサーズではどこでもできる仕事がたくさん掲載されています。

仕事の単価は安いですが、生活費の安い田舎暮らしなら問題なし!

収入を上げるのではなく、支出を減らすという考え方です。

コロナ禍の影響でフルリモートを採用する企業も増えました。

仮に月に一度会議で出勤が必要だとしても、その日だけ早起きすれば大丈夫です。

こちらの記事では、初心者が一番早く稼げるWEBマーケティング副業の方法をまとめたので興味のある方は是非どうぞ▼

ベンチャーのWebマーケターのとある一日【リモートワーク編】

副業でWebマーケティングを始めるには?初心者向けに完全解説!

【30代転職がうまくいく方法③】転職エージェントを使う

WEBマーケター 年収

先ほどから何度か書いていますが、まずはこれです。

転職エージェントを何社か登録しましょう。

理由は3つです。

・無料で使えるためノーリスク

・自分の市場価値が客観的にわかる

・プロのアドバイスが得られる

意外にも経歴弱者は転職エージェントを使わない傾向があります。

とりあえず、転職サイトに登録してゆるーく探す感じです。

「自分の経歴じゃ、登録してもどうせ良い仕事の紹介なんてないだろう」

「希望に合わない仕事ばかり紹介されても面倒だから自分で探そう」

そのように考えてしまうのでしょう。まさに私もそうでした。

大前提として、転職エージェントを使ったからといって必ず転職がうまくいくわけではありません。

しかし、あなたが本気で転職したいと思うなら毛嫌いは辞めましょう!

下記に記載した間違いない大手のうち、まずは一社でもいいので登録してみてください。

本当に紹介できる案件がなければ連絡が来て

「申し訳ございません。直近では紹介できる案件がありません」

これで終わりです。ダメ元でいいので登録はしましょう。

30代の転職がうまくいかない人にオススメ!間違いない大手5社!

→dodaは 転職サイトとしても有名ですが、転職エージェントの機能も持っています。自分の状況に合わせて使い分けできるので、初めての転職エージェントとして使いやすいでしょう。dodaの体験談はこちら

→1977年の創業。言わずと知れた最大手転職サービスです。業界最大級の求人数を誇ります。キャリアアドバイザー数も業界ごとに充実しています。リクルートエージェントの体験談はこちら

→あらゆる問い合わせに対して24時間以内に返信してくれるというJACリクルートメントはそのコンサルタントの質が高いといわれています。年収600万円以上のハイクラス求人も多く扱っています。JACリクルートメントの体験談はこちら

※もっと職種別におすすめの転職エージェントが知りたい方はこちらの記事が間違いなく参考になります!

【2021年 職種別転職エージェント徹底比較】一発でおすすめが見つかる

30代 転職エージェント

【2021年版】30代で転職するならこれ!おすすめ転職エージェント・サイト

※「まだ転職エージェント登録するか悩んでるわ。。」という方はまずはこちらの記事をご覧ください!彼らの価値がわかるはずです!

転職エージェントを利用する理由

あまり知られていない「転職エージェントを利用するべき理由」

【まとめ】30代の転職がうまくいかない経歴弱者がやるべきこと

なかなか転職がうまくいかない経歴弱者は、少し考え方を変えて自分の市場価値を見直してみましょう。

そのためにも客観的な診断が重要です。

まだ転職エージェントに登録していないあなたはスタートラインに立っていません!まずは第一歩として登録してみましょう。

それでもどうしても決まらないときは、条件の緩和や生活スタイル自体の見直しを考えてもいいかもしれません。

30代で転職がうまくいかないと焦りますよね。35歳をすぎると特にそうだと思います。

しかしどれだけ多くの企業にお祈りされようと、あなたにはあなたにしかない魅力があります。

みなさんの転職がうまくいくことを願っています。