20代、30代転職で年収が下がる人と上がる人の決定的な違い

20代、30代転職で年収が下がる人と上がる人の決定的な違い 仕事の悩み解決

20代や30代で転職を考えているひとのなかには「今より年収が下がってしまうかもしれない…」という不安を抱いている方も多いのではないでしょうか?

しかし、転職をしたからといって、必ずしも“年収が下がる”わけではありません。

せっかく転職するのであれば、年収を上げていきたいですよね?

この記事では、20代・30代で転職する人の「年収が下がる人と上がる人の違い」について詳しく解説していきます。

あなたも、転職で年収が下がらない道を歩んでいきましょう!

20代・30代の転職で年収が下がってしまう要因とは?

では、はじめに、20代や30代で転職してしまうと年収が下がる要因とは何なのか?について解説していきます。

20代や30代で転職することが悪いことでは決してありません。

どういったケースの転職をすると失敗してしまうのか?ということを知っておくだけでも転職活動に差が出ます。

ここでは、そんな「転職の失敗ケース」を20代・30代それぞれにわけて解説していきます。

20代の場合

20代の場合は、高卒や中卒で働いている場合を除いて(大卒や大学院卒、専門学校卒など)、まだキャリアが浅く、社会人経験もあまりないのが現状です。

ですので、新しいフィールドでこれからやっていこう!と転職もしやすいのですが、企業が求めているのはやはり「即戦力」となります。

自分がやってきたことであり「即戦力」として働けるジャンルのなかで転職することが、一番安全とも言えますね。

では、具体的に「転職で年収が下がってしまうケース」を見ていきましょう。

キャリアチェンジで転職してしまうケース

キャリアチェンジとは、今まで行ってきた仕事とはかけ離れ、全く違う仕事をすることです。

20代ならば、まだ若いので、キャリアチェンジをするなら最後のチャンスになるとも言えますが、年収は今までより下がる傾向にあります。

キャリアチェンジをしてしまうと「未経験」扱いになりますので、当然仕事はイチから覚え直すことになりますよね。

企業側は、教育にお金と時間を費やすことになるので、高い報酬を渡すわけにはいきません。

そのため、キャリアチェンジをすると、年収が今よりも下がってしまう可能性が大きくなるという仕組みです。

即戦力にならないのに転職してしまうケース

これは、20代でまだ就職してからの期間が短いのに(中卒や高卒で働いている人を除く)、同じ分野の転職も難しくなるケースです。

20代のうちの転職は、例えばSEとして会社に入社したとします。

しかし、2年働いて転職したとすると、まだまだ経験不足として扱われてしまい「即戦力」とはみなしてもらえない場合が多いのです。

そのため、同じ分野の業種内の転職だったとしても「未経験」扱いになってしまい、年収が下がるケースも少なくありません。

30代の場合

30代 転職

一方、30代はというと、20代と同じく、未経験の職種に就いてしまうと「未経験者」としてイチから仕事を覚えなくてはなりませんし、「そろそろこの仕事にも区切りをつけて心機一転、転職しようかな~」なんて甘い気持ちで転職をしてしまえば、後悔しか残らなくなります。

20代と30代の決定的な差は、年齢であり、積んできたキャリアでもあるのです。今まで同じ業種で頑張ってきた30代は「キャリア」がありますから、それを武器に転職活動をしていきましょう!

30代の、転職で年収が下がってしまうケースを解説していきたいと思います!

未経験の職種へ転職してしまうケース

未経験の職種に転職してしまうと、確かにやりたかったことであればうれしいこともあるかもしれませんが、それ以上に「努力と根性」が大事になってきます。

30代になるまで未経験だった職種に就く場合、20代同様、企業は教育コストや時間を割かなくてはならないため、報酬も“それなり”のもになってしまうのは当然です。

30代の転職ともなると、企業が欲しいのは「即戦力」。

入社して、少し説明をすればすぐに仕事がこなせるようになるような人材を求めているのです。

そういった人には「それなりの多い年収」が待っているケースが多いでしょう。

心機一転で転職してしまうケース

なんとなく。今の業種でうまくいかなくなってくると「ここの業種は合わないのかも」「もっといい環境で働きたい」「心機一転したい」と思うようになります。

そこで、心機一転するために見えてくるのは、異業種や未経験の業界だったりするのです。

ここで転職してしまえば、年収は今より下がる…わかっていながらも、環境に左右されてしまう時期が来ますよね。

そういう時は、有給休暇を取ったりして、「転職したら年収が下がる」ということを念頭に置いて、リフレッシュしてから考え直すようにしましょう。

20代の転職で年収が上がる人の特徴

20代で年収が上がる人の特徴とはどのようなものなのでしょうか?

転職活動に成功し、年収が今より上がればかなり理想通りですよね!

どのような人が「転職で年収が上がるのか」を解説していきます!

転職先企業で求められるスキルや経験を積む

20代はまだまだフレッシュなので、転職を決めた際に、その「決めた転職先」では

  • どのような資格が必要か?
  • スキルが必要か?

などを調べ、転職前にスキルを積むために勉強をしておくのがベストです。

まだ若いので、たくさんのことを吸収するパワーもある20代は、新しいことにチャレンジしようと思えば、いくらでもチャレンジできると思っています。

私自身、介護職しかやったことがなかったのですが、右も左もわからないまま、Webライターの世界に飛び込んだのは20代後半のころでした。

「文章を書くのが好き」だったので、Webライターになるためにはどうしたらいいのか、さまざまなことを調べた経験もあります。

やる気があれば何でもできる!それが20代の強みではないでしょうか?

今まで行ってきたスキルを活かせるフィールドで働く

こちらはスタンダードな転職方法です。

今まで、学校を卒業してから入社した会社で行ってきた「仕事」「職種」を、転職先でも探す、ということになりますね。

今までのスキルは、企業によっては年数の問題で「未経験」扱いされてしまうこともありますが、ある程度精通しているスキルがある場合は企業が欲しがる「即戦力」になれます。

スキルは転職において、大きな武器になりますので、使わない手はないでしょう。

20代後半におすすめの転職エージェント

20代後半転職なら利用すべき転職エージェントを5つ紹介!転職の豆知識も紹介

30代の転職で年収が上がる人の特徴

テーブル, 屋内, 人, 座る が含まれている画像

自動的に生成された説明

30代で年収が上がる人の特徴としては、まずは「即戦力」になること。

もうひとつは、周りを束ねたり、スケジュールを立てるのが上手い「マネジメント能力」があるかどうか?が基準になってきます。

30代で年収が上がる人の特徴を詳しく見ていきましょう。

即戦力になりそうなフィールドに転職する

先ほどから、転職には「即戦力」と書いていますが、即戦力は企業にとってのメリットが大きいのです。

教育コストもかからなければ、時間もかかりません。

上司が「これやっておいて~」といえば、それだけで理解できてしまうのですから…。

ですので、転職する際は「自分はどんな分野(フィールド)なら即戦力になれるかな?」と考える時間も必要です。

H3 マネジメント能力のある人は重宝される

30代となると、社会人歴が長いので、マネジメント能力も求められてきます。

マネジメント能力とは、社員を束ねる力であったり、マネジメント(会社のチームのスケジュール管理やスケジュール立て)が上手い人が重宝される傾向にあるのが現状です。

30代からはキャリアアップも視野ですから、マネジメント能力は備わっていた方がいいでしょう。

33歳で異業種に転職できるのか?

33歳で異業種への転職は難しいのか検証してみたら…

20代・30代の転職で年収は下がっても将来性のある転職とは?

カレンダー

中程度の精度で自動的に生成された説明

仮に転職で年収が下がってしまっても「将来性のある転職」というものが存在しています。

それはどういうものか?というところに焦点を当てて解説していきます。

給料がこの先アップする可能性がある

転職で企業に入りたての頃は、前職よりも年収が下がってしまったとしても、この先には、年収がアップする可能性がある企業であれば、転職先としてはいいラインをクリアしているといえます。

昇給することがわかっていれば、やる気にもつながりますし、モチベーションもあがりますよね!

やりたい職種・やりがいのある職種である

今現在の仕事よりも、やりたい職種であったり、やりがいがある職種だと、自分自身が感じることができるのであれば、転職は成功と言えるでしょう。

たとえ年収が下がってしまっても、やりがいのある仕事ややりたいと思っていた職種は、長く続けることができます。

つまりは、キャリアを積むことも可能になるということですね。

年収以外の不満点がないこと

今現在は転職した手で年収が下がって不満かもしれません。

でも、年収以外の「人間関係」や「仕事内容」「福利厚生」などなど…に不満がないようであれば。こちらも転職成功です!

年収はあとから追いついてくる可能性のあるものなので、今は深く考えず、やりたい仕事を思う存分こなしていきましょう!

転職エージェントを利用して年収が下がらないように転職する方法も

人, 屋内, 男, スーツ が含まれている画像

自動的に生成された説明

とはいえ、自分自身で転職活動をするのは難しい部分もありますよね。

希望年収や職種などを探そうとすると、時間もかかりますし、今の仕事をしながら探すとなると、さらに探しにくくなってしまいます。

そこで活用したいのが「転職エージェント」

転職エージェントは、ご自身の希望をヒアリングしてくれて、希望通りとまではいかないまでも、希望にほぼ沿った仕事を紹介してくれますよ。

ここでは、20-30代におすすめの4つの転職エージェントをご紹介いたします。

CAREER CARVER

グラフィカル ユーザー インターフェイス

自動的に生成された説明

キャリアカーバーは、リクルートが運営している転職エージェントです。

利用方法は簡単!

登録をして、スカウトを待つだけでいいんです。

さらには、年収800万円~1000万円超えの仕事もあるので、転職エージェントとしてはかなり強い部類に入るでしょう。

▶︎ CAREER CARVER(キャリアカーバー)に無料登録する

リクルートエージェント

画面操作された男性の写真のコラージュ

低い精度で自動的に生成された説明

非公開求人数No.1で、登録すると見ることができます。

経験豊富なアドバイザーが多数在籍しているため、あなたの今の希望を話せば、アドバイザーが多くの求人を紹介してくれる場合が多いので、求人探しには強い転職エージェントです。

▶︎ リクルートエージェントに無料登録

ジョブトラ20s

グラフィカル ユーザー インターフェイス が含まれている画像

自動的に生成された説明

ジョブトラ20sは、20代専門の転職エージェントです。

あっせんしてくれる転職先の多くは「優良なベンチャー企業」となります。

今はベンチャー企業の多数が20代の若い人たちで支えられていますから、20代の転職希望者の方は、利用してみてもいいかもしれません。

▶︎ジョブトラ20sで無料面談する

dodaエージェント

グラフィカル ユーザー インターフェイス, Web サイト

自動的に生成された説明

dodaエージェントは、まず、サイトに登録をし、求人を探します。

気になった求人があれば応募!

そうすると、アドバイザーからの連絡があり、企業とあなたをつないでくれます。

何度でも利用は可能なので、1社ダメだったからといってあきらめる必要はありません。

▶︎ dodaに会員登録する(無料)
30代 転職エージェント

【2021年版】30代で転職するならこれ!おすすめ転職エージェント・サイト

年収が下がっても上がるチャンスは十分!自分のやりたいことに挑もう!

コーヒー, 人, テーブル, カップ が含まれている画像

自動的に生成された説明

ここまで、20代・30代の年収が下がる人、上がる人、そして転職活動には「転職エージェント」を利用するのもアリであることをお話ししました。

年収が下がったとしても、やりたいことを仕事にし、やりがいのある、充実した毎日を送ることに価値があります。

今は年収に不満が残るかもしれませんが、年収はあとからついてきますよ!

自分自身にストレスのない、楽しい毎日を送ることにまずは焦点を当ててみてはいかがでしょうか?