転職に迷う30代の背中をちょっと押す「転職成功例」

転職に迷う30代の背中をちょっと押す「転職成功例」 仕事の悩み解決

「30代から転職しようか迷っている。」

「30代の転職成功例は?」

「転職を成功させるポイントを知りたい。」

30代からの転職は簡単ではないので、このような疑問や悩みには共感できます。

結論を言えば、自分の市場価値を把握して正しく努力すれば転職は可能です。

本記事では、主に以下の内容を扱います。

  • 30代からの転職成功例
  • 転職を成功させるためのポイント(現状に応じた仕事の探し方も解説)
  • 30代で転職を考えた際に覚悟しなければいけないこと

本記事を理解していただければ、転職活動のポイントだけではなく、30代から転職する心構えも学べるので、よりモチベーションを保ちながら行動できます。

ぜひ、最後まで読んでいただければ幸いです。

【転職に迷っている方へ】30代からの転職成功例

繰り返しますが、30代からの転職は簡単ではありません。

  • そもそも、今の状態で本当に転職できるのか
  • 転職して何を実現したいか

以上2点は、十分に検討してから転職活動をスタートしましょう。

ここでは、30代から転職に成功した例を紹介します。

何となく転職したいけれど迷っている方はイメージをつける意味でも、ぜひ参考にしてみてください。

転職スキルなし

30代で転職したいけどスキルがないから無理?転職時に覚悟すべきことと成功の秘訣

これまでの実務経験とポータブルスキルを生かし、異業種へ転職

業界経験がなくても、いかせる実務経験とスキルさえあれば30代以上でも転職は問題なく成功しています。

例えば、30代後半で不動業界の営業職から宝飾品の輸入販売の会社に転職した例があります。

採用の決め手は、対人業務の実務経験と営業職で培った「個人顧客との関係構築力」が評価されたことです。

このように、業界や分野が違っても応用して業務にいかせるスキルを「ポータブルスキル」と言います。

化粧品メーカーの財務経理→アパレルメーカーの経理

医療系コンサルタント→IT業界営業

ポータブルスキルをいかし、30代でも異業種への転職を成功させている事例は多いです。

 【畑違いの職種へ】スクール卒業後に、IT業界未経験で転職成功

IT業界は人手が不足しているので、スクールで作成した成果物をもとに30代以上で未経験から転職を成功させている例は多いです。

ただし、経験上「35歳以上で未経験」だと、たとえスクールを卒業しても就職は一気に厳しくなります。決して不可能ではありませんが、転職までの時間は確実にかかるので注意が必要です。

30代後半からであれば、年齢が関係ないフリーランスで活躍している方も存在します。

IT業界以外でも、資格取得後に介護職やビルメンなど畑違いの仕事に転職する例は多いです。

35歳過ぎたら転職できないって本当?

転職は35歳までって本当?現在の転職事情を徹底調査!

30代が転職を成功させるために意識するポイント4選

30代の転職活動は、高い意識を持ち長く継続できるかがポイントです。

20代と違い転職成功の難易度はかなり上がり、誤った方法で活動しても時間だけが過ぎどんどん状況は不利になります。

ここでは、30代が転職を成功させるために意識するポイントを4つ紹介します。

基本的な内容ですが、意識するのとしないとでは結果に差がつくので、ぜひ参考にしてみてください。

【ポイント1】選考前の準備は念入りに行う意識を持った方がよい

数をこなすことも大切ですが、1社1社を丁寧に受ける意識を持ちましょう。

しっかりとリサーチをして選考に臨めば、書類や面接での受け答えの質が上がります。

経験上、企業についてよく調べていない応募者は意外に多いです。

受ける会社が多すぎて1社1社の対策が雑になっているからでしょう。

また、筆記試験の対策も採否に影響します。

中途採用は選考回数が少ないので、採用の検討材料として重視している企業は多いです。

職種によって(とくにプログラマ―などの技術職)は、筆記試験(適性試験)の結果が採否に直結するので注意が必要です。

書類選考や面接の結果の良し悪しは、徹底した準備に左右されます。

【ポイント2】可能な限り、これまでの実績がいかせる求人に応募する

30代の転職は即戦力採用なので、これまでの実績がいかせる求人に応募すると採用につながりやすいです。

求人の募集要件と近い(共通点が多い)人材が内定を獲得できる可能性が高いでしょう。

仕事を見つける際は、これまでの経験した仕事との共通点を意識して探してみてください。

その数が多いほど受かる確率は上がります。

【ポイント3】他の応募者と差別化を図る意識を持つ

多くの応募者がいる中で何か一つでも優れた実績やスキルがあると、企業の目に留まりやすいです。

採用担当者は何千何万という応募者を見てきています。

テンプレートのような書類や面接での受け答えは一瞬で判断がつくので、アピールにつながりにくいです。

多くの応募者の中から採用してもらうためには、応募先企業が求めるスキルを細かく把握して積極的に身に付けていくことが大切です。

転職活動は時間との戦いですが、並行してスキルを積み上げる努力をすれば他の応募者と少しずつ差が出てくるでしょう。

時間がないのは他の応募者も一緒です。限られた時間の中で、他の応募者に差をつける意識を大切にして転職活動に取りみましょう。

30代での転職を成功させるために役立つ資格【職種別】

【ポイント4】企業に対して何をギブできるかを明確にする

30代 転職

面接で「あなたを採用するメリットは?」と聞かれて困ったことはありませんか?

面接は採用担当者の質問に答える場ではなく、自分のスキルや意欲を売り込む場所です。

自分の実績やスキルに自信がない方には多いのですが、何とか面接をやり過ごそうという意識では採用にはつながりません。

まずは、企業に対して何をギブできるかを明確にしていきましょう。

自分が貢献できるポイントを整理できたら、アウトプットを行うことが大切です。

ノートでもパソコンでもよいので、とにかく自分の言葉でまとめる練習をしましょう。

30代に限らず、企業に貢献できるポイントを積極的にアピールできる方ほど採用が決まりやすいです。

【30代で転職するか迷っている方へ】現在の状況ごとに仕事の探し方を解説

30代から転職しようと考えた場合、転職回数・実務経験年数・年齢(30代前半か後半か)・スキルなど個人によって差があるのは当然です。

したがって、自分に合った方法で転職活動を進めないと、いつまでも内定を獲得できません。

さまざまな状況に合わせた対処法を紹介しますので、自分に当てはまる部分は参考にしましょう。

【ケース1】転職を希望している職種が未経験

30代からの未経験転職は難しいですが、不可能ではありません。

成功するポイントは2つだけです。

  1. 受ける会社・求人を間違えない
  2. スキルは十分に勉強してから受ける

30代から未経験の仕事に転職を目指す場合、高望みしすぎると確実に決まりません。

内定を獲得するには、他の応募者との競争に勝つ必要があります。

未経験の状態で、応募者が集中する人気が高い求人を受けても時間だけ浪費する可能性は高いです。

十分すぎる程、勉強してスキルを身に付けた上で、その努力を買ってくれる求人のみピックアップして受けましょう。

30代での転職を成功させるために役立つ資格【職種別】

【ケース2】実務経験はあるが、実績やスキルが足りない

実務未経験があり、面接でも手応えがないわけではないのに、実績やスキルがわずかに足りず悔しい想いをすることはありますよね。

求人情報に「実務経験3年」と書いているのに、2年しか経験がない。

最終選考まで進んだが、他の応募者に実績・スキルが及ばなかったために採用されなかった。

など、もう少し実績があれば状況が変わる場合はよくあります。

その場合、以下のように対処しましょう。

  • 状況が変わるなら、今の会社でもう少し実績をつける
  • 30代に求められる対人スキル・マネジメント能力を中心に、プラスアルファのスキルを身に付ける
  • どうしても離職期間が長引きそうなら、正社員登用のある契約社員の求人も検討

本音を言うと、30代からの転職は即戦力に近い状態でなければ難しいです。

正社員であれば尚更で、応募者の中からより募集要件に近い人材が採用されます。

したがって、ほんの少し実績・スキルが足りなくても、採用に至らないケースは十分にあります。

どうすれば希望の会社へ就労につながるかをよく考えて、転職活動に励みましょう。

キャリアチェンジの転職は何歳まで?知らないとヤバい職種別転職リミット

キャリアチェンジの転職は何歳まで?知らないとヤバい職種別転職リミット

【ケース3】年齢が30代後半以降

30代後半以降、転職成功率はかなり落ちるので、内定が獲得できず気持ちが後ろ向きになる瞬間は多いでしょう。

経歴的には問題が無くても、年齢だけで判断をする企業は非常に多いです。

対処法は1つで、転職エージェントに登録してできるだけ多くの求人を受けること。

転職は期間が長引くほど、成功の確率は下がります。

とくに30代からは時間の勝負で、1歳でも若い方が内定の確率は高いです。

転職エージェントに登録すれば、応募の代行から、自分の状況に合った最適な求人を紹介してくれるので、効率よく応募できます。

企業と長年の付き合いがあり採用事情も理解しているので、ピンポイントで有益な情報を提供してくれる点も時間がない30代後半にはメリットが大きいです。

30代(とくに後半)は時間を意識した転職活動が重要でしょう。

35歳過ぎたら転職できないって本当?

転職は35歳までって本当?現在の転職事情を徹底調査!

【ケース4】転職回数やブランクが多い

転職回数やブランクが多い場合は、30代に限らずどの年代でも転職は不利です。

「入社後にすぐに辞めてしまうのでは?」どうしても企業はマイナスのイメージを持ちます。

経歴に自信がない場合の対処法は以下の通りです。

  • スキルでたたかう
  • 未来(これから)を重視している会社を受ける
  • 明らかに、好条件過ぎる求人は狙わない
  • 短期期間に辞めた理由を採用担当者が納得するように説明する

経歴で他の応募者に勝てなければ、倍勉強してスキルで勝負しましょう。

もちろん、経歴に傷があるためアピール方法は工夫しなければいけません。

過去の経歴のみを重視していれば内定は厳しいですが、これまでの努力を考慮して将来性もみてくれる企業であれば十分に可能性はあります。

あとは、面接で短期間に辞めた理由をしっかり説明する練習を確実に行いましょう。

経歴弱者でも戦える!30代の転職がうまくいかない本当の理由と3つの戦略

30代からの転職は甘くない!ここだけは覚悟しよう

30代からの転職は甘くありません。

内定がゴールという考えだと、入社してから苦労します。

「入社後」のことも考えて、モチベーション高く転職活動を行えるかが成功のポイントです。

不採用が続くと、入りやすい求人を受けてしまいやすいですが、ある程度時間がかかっても長く勤められる会社を選ぶべきです。

転職活動は長期戦になる覚悟を持つ

30代の転職活動は長期戦になる覚悟は持った方が良いでしょう。

通常、20代よりも30代の転職難易度はかなり上がります。

繰り返しますが、35歳を超えている場合はとくにその傾向が強いです。

冒頭にも書きましたが、転職が決まらないからと言って焦りは禁物です。

基本的に内定を簡単に取れるような会社は、ブラック企業か何しからの事情があるので避けた方が良いでしょう。

焦っても結果は好転しません。

効率的に転職活動を進めながらも、ある程度はじっくりと継続して取り組むことが成功のポイントです。

(入社後)転職したら1年生なので、転職活動中から高いモチベーションを持つ

30代でいくら経験や実績があっても、転職したら1年生。

したがって、仕事をゼロから必死で覚える覚悟は必要です。

30代は仕事で高い成果が求められますし、若手のように手とり足取りサポートしてもらえません。とくに最初の1,2年は非常に大変で、勉強の毎日でしょう。

結果に応えなければいけないプレッシャー。

仕事の他に自分から勉強しなければいけない、精神的な苦痛。

転職活動中からこれらに打ち勝つぐらいのモチベーションを保てないと、入社後も成功しません。

自分のスキルや実績を自慢してばかりだと、入社後の成長に疑問を持たれます。

即戦力をアピールしながらも、仕事に対する成長意欲が伝えることが重要です。

30代から内定を得るだけでもなく、仕事で結果を継続して働くには、「スキル面とモチベーション(覚悟)」の両方が必要です。

【転職悩む人の味方!】30代におすすめの転職エージェント

WEBマーケター 年収

30代は20代に比べて時間が限られています。

1歳でも若い方が就職は決まりやすいので、いかに効率良く転職活動を行えるかが重要です。

個人で転職活動を行うと、受ける会社の選定から応募書類の作成や送付など非常に時間がかかります。

応募先企業ごとのリサーチも行う必要があるので、在職中の場合、なおさら効率が悪いです。

転職エージェントは企業と深いつながりがあり、あなたに合った仕事の紹介だけでもなく、応募の代行や選考対策まで行ってくれます。

30代こそ、効率よく多くの会社を受ける必要があるので、転職エージェントの利用を強くおすすめします。

doda

Dodaは業界トップクラスの求人数(約10万件)を誇り、大企業のみならず中小企業の求人も多く扱っています。

登録から転職決定まで無料で利用でき、面接日程の調整、書類・面接対策まで幅広くサポートを受けることが可能です。

各業界に特化したキャリアアドバイザーが、登録者1人に対して専任でサポートします。

また、求人紹介専門の採用プロジェクト担当がいるので、より自分に適した仕事の紹介が期待できます。

▶︎ dodaに会員登録する(無料)

doda 転職エージェントの感想は?

転職エージェントdodaの感想。「おすすめしない」を打破する賢い活用法

リクルートエージェント

写真参照元URL:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは大手企業を中心に転職実績No.1を誇り、企業や登録者から多くの信頼を得ているエージェントです。

業界最大級の非公開求人数(2020年8月時点で10万人)が特徴。

非公開求人は求めている経験やスキルが明確なので、転職エージェントは企業が求めている人材かを詳細にマッチングしてから求人を紹介します。

したがって、経験やスキルが合う求人があれば、より効率的に転職活動を進めることが可能です。

転職決定者の年齢をみると、約7割は26歳~35歳までなので、30代は登録すべきエージェントでしょう。

▶︎ リクルートエージェントに無料登録

【裏話公開】33歳がリクルートエージェントの面談をした感想

CAREER CARVER

写真参照元URL : 

CAREER CARVERはリクルートが運営している、年収800万円~2,000万円のハイクラス求人を多数保有しているエージェント。

会員登録の際に、匿名レジュメを登録しておくだけで、ヘッドハンターや企業からスカウトが届くので効率よく転職活動を進めることができます。

約3,000名・300社(2021年7月時点)のヘッドハンターが、あなたに代わり仕事を探して提案するので、自分では探せない求人(非公開求人)に出会える可能性も高いです。

これまで業務で培った専門知識や豊富なキャリアをいかして転職したい方には、おすすめのエージェントです。

▶︎ CAREER CARVER(キャリアカーバー)に無料登録する

30代 転職エージェント

【2021年版】30代で転職するならこれ!おすすめ転職エージェント・サイト

【まとめ】ポータブルスキルがあれば、30代でも十分に転職できる

30代からの転職は簡単ではありませんが、これまでの経験をいかせる仕事であれば十分に可能でしょう。とくに、業界や職種問わずに必要とされるポータブルスキルを持っていれば非常に有利です。

転職を成功させるには、以下の点は確実に意識しましょう。

  • 自己分析をしっかり行う
  • 応募先企業のリサーチを徹底的に行い、書類や面接の回答の質を上げる
  • 転職活動と並行してスキルアップに取り組む
  • 30代からの転職は長期戦覚悟でじっくり行う
  • 転職エージェントを利用する(個人で行わない)

30代で転職しようか迷っている方は、しっかり検討して後悔のない決断をしましょう。

※その他の業種・職種での転職も考えている方※
業種・職種別で転職エージェントを比較してみました。詳しくはコチラ↓