英語を活かした仕事へ転職ならこの転職エージェント【おすすめ5社】

英語を活かした仕事につきたい人に。おすすめ転職エージェント5選 転職エージェント

「英語を活かした仕事に転職をしたい!その為におすすめの転職エージェントを知りたい!」

「転職エージェントで、英語の仕事が多いところを知りたい!」

上記のような方に向けて、この記事では、英語を活かした転職エージェントのおすすめを5社を紹介していきたいと思います。

これから、英語の仕事に就きたいと考えている方の参考になるかと思いますので、是非参考にして下さい。

英語を活かした転職におすすめの転職エージェントを5つ紹介

黒い背景と白い文字

中程度の精度で自動的に生成された説明

「英語を活かした転職におすすめの転職エージェントを教えて欲しい!」

上記のような方の為に、ここからは、英語を活かした転職におすすめの転職エージェントを5つ紹介していきたいと思います。

おすすめ順に5つ紹介していますので、自分に合ったところを是非登録してみて下さい!

それではいきましょう!

ハイクラスグローバル職への転職なら「JACリクルートメント」

もうここは英語力がある人&年収600万円以上ある方は登録マストです。とにかくグローバル職の転職に強いです。

JACリクルートメントは、「1人1人に合わせた、ハイクラスの転職支援」をコンセプトに運営している転職エージェントです。

株式会社 ジェイエイシーリクルートメントが運営しており、ハイキャリア、高収入の転職では、実績がNo.1ということで知られています。

JACリクルートメントの特徴として、コンサルタントの質が高い、質の高いハイキャリア案件が圧倒的に多いということが挙げられます。

求人数は、常時1万5000件に求人がありますが、Web上に記載されているのは、40%の求人のみです。非公開求人も多々ある為、これまでのキャリアによっては、非公開の求人を紹介してもらえる可能性もあります。

例えば、総合商社で海外営業として転職したい方、外資系メーカー・金融・コンサルへ転職したい人はマストで登録しましょう。

その他の英語が活かせる仕事も紹介してくれます。

例えば、筆者が登録したときは、大手メーカーの海外事業立ち上げリーダーみたいなポジションでした。

いずれにしろ、グローバル職ならJACリクルートメント。

▶︎JACリクルートメントに会員登録する


JACリクルートメントの感想・評判

30代前半がJACリクルートメントを利用した感想【評判を検証】

英語を活かして外資へ転職なら「ロバートウォルターズ」

ロバートウォルターズは、「英語を生かして、グローバル企業でキャリアアップを」をコンセプトにしている転職エージェントです。

1985年に英国ロンドンで設立され、スペシャリストに特化した人材紹介会社です。

主に、外資系、日経グローバル企業の求人を紹介してくれます。語学力を活かして、転職したい、という方におすすめの転職エージェントです。

外資系の転職エージェントだけあって、特に外資系企業への転職にはめっぽう強いです。

ロバートウォルターズが取り扱っている職種は下記の通りです。

  • 金融
  • 経営・財務
  • IT
  • 法務・コンプライアンス
  • 営業・マーケティング
  • 人事
  • 秘書・サポート業務
  • 医療・医薬
  • サービス業

など幅広い職種を取り扱っています。

英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

外資系に強い転職エージェント

【2021年版 業界別】外資系に強いおすすめ転職エージェント5選

ヘッドハンティング型転職エージェント「CAREER CARVER(キャリアカバー)」

キャリアカバー 転職

CAREER CARVERは、リクルートハイクラス転職サイトとして知られています。800万から2000万円の年収の求人が多数あり、在籍ヘッドハンター数は、2500名以上と言われています。

求人数は、49,000件あります。

高収入の方向けの転職サイトになる為、現在の年収が600万円以下の方は、スカウトが受けられない状態です。

無料でヘッドハンターに相談することも出来る為、現在年収が600万円以上あって、気軽に相談したい、という方におすすめです。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)に無料登録する

とにかく求人数多い「doda」

dodaの感想

dodaは、パーソナルキャリアという会社が運営している転職エージイェントです。「はたらく今日が、いい日に」をコンセプトにしています。転職エージェントの中でも求人数が圧倒的に多いことで知られており、公開求人数が、77,572件(2021年4月時点)、そのうち内営業職が、14,292件(2021年4月時点)となっています。

アドバイザーが対面のサポートやメール、電話など細かいサポートしてくれ、丁寧に対応してくれます。

▶︎ dodaに会員登録する(無料)

doda 転職エージェントの感想は?

転職エージェントdodaの感想。「おすすめしない」を打破する賢い活用法

type転職エージェント

type転職エージェントは、20代の利用者数が多く、20~30代ぐらいの方におすすめの転職エージェントになります。結構英語を使った事務だとか、海外営業などの求人を紹介してくれます。

登録をすると、キャリアカウンセリングが丁寧にヒヤリングしてくれ、転職まで一緒にサポートしてくれます。求人に応募する際の書類の提出サポート、応募手続き代行なども行ってくれます。

type転職エージェントに登録する

英語を活かした仕事に転職する秘訣3つ

停止の道路標識

自動的に生成された説明

「英語を活かした仕事に転職する秘訣を教えて欲しい!」

とういう人は是非参考にしてみて下さい。

気になっている企業は自分でリサーチしておく

気になっている外資系企業は自分でリサーチしておく、ということです。

転職エージェントと面談したときも、その気になっている企業を伝えてみてください。(バイネームでも、業種レベルでもOK)

すると、担当エージェントも今後かなりよい精度でバンバン求人を紹介してきてくれます。

海外就職希望の場合、その国や地域に行ってみる

海外就職希望の場合、その国や地域に行ってみる、というのも転職に成功する秘訣かと思います。

その国に行ったことがある人は、その国に関心がある、行動力がある、という評価に繋がる可能性が高く、採用して貰える確率も高くなってきます。

実際にその国や地域に行って、その時受けた刺激などを面接の際に話すのもいいかと思います。

業界によって、求められる英語レベルが違ってくるということを認識する

転職したい業界によって、求められる英語のレベルが違ってくると思います。

例えば、外資系の企業では、ネイティブ英語のようなレベルの高い英語力を必要としています。TOEICのスコアで言うと、850以上は必要と言われている世界です。

日系企業でも、旅行会社などは英語力を重要視している傾向にあります。TOEICのスコアで言うと、600~700程度は必要と言われています。

自分が就職したい業界の英語レベルがどのぐらいなのかしっかりとリサーチをしておきましょう。

英語を活かした転職エージェントによくある質問

40代で転職エージェントに断られたときの対処法

英語を活かした転職エージェントによくある質問は下記の通りです。

日常英会話程度しか喋れないのですが大丈夫でしょうか?

日常英会話程度しか喋れない場合でも転職出来る求人は沢山あるかと思います。キャリアアドバイザーに相談しながら、転職活動をしてみましょう。

外資系企業の面接では英語で対応しないといけないのでしょうか?

外資系企業の面接では、英語面接の場合が多いです。外資系企業なので高い英語力を求められることが多いです。TOEICのスコアは800点以上ないと厳しいでしょう。

未経験の業界でも英語を活かした転職は出来るでしょうか?

未経験の業界でも英語を活かした転職をすることは可能です。その場合、未経験からの業界でも可能な転職エージェントに登録してみましょう。

英語活かして転職しやすい業種は?

文字の書かれた紙

自動的に生成された説明

英語を活かして転職しやすい業種は、下記の通りです。

  • 外資系企業・グローバル企業
  • 商社・メーカー
  • 輸出・輸入などの貿易事務・海外売買担当
  • インバウンドの店舗接客
  • 翻訳士
  • 英会話スクールの講師
  • リゾート・ホテル・観光

上記のような業種は、転職して英語を活かすことが出来る職種として挙げられます。

外資系企業、グローバル企業などは、これからの時代、グローバル化が進んでいき、大企業、中小企業、ベンチャー企業など、様々な種類の企業が海外に進出すると考えられます。

なので、多くの企業では、海外営業や事業立ち上げする人材をバンバン募集しています。

まとめ

英語を活かした職につきたい場合の転職エージェントのおすすめを5つ解説について理解して頂けたでしょうか?おすすめの転職エージェントは下記の通りです。

上記の転職エージェントの中でも、自分の英語力を活かした転職サイトを見つけ、興味のある求人に応募していきましょう!自分では受からないと思っていても、自分の英語力を認めてくれる企業はきっと見つかると思います。諦めずに、応募してみることが大切です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。