「コロナで転職できない?」コロナ期に転職を成功させる方法3つ。

コロナで転職はできない? 転職・キャリアアップ

「コロナで転職はできないって聞いたけど本当?」

「コロナ期に転職成功させるためにはどうすればいい?」

この記事はこんな疑問に答えます。

正直言うと、コロナで中途の求人は激減しました。全体の40%減少しました。

ただしかし、堅実に採用を続ける業種も存在することは確かです。そんなコロナ期に転職成功させるための方法を解説いたします。

コロナで転職できないって本当?

結論から言うと、「コロナ期でも転職は可能です」

確かに求人数は減少傾向にあります。ただ、コロナでダメージを受けている業種とそうでない業種がはっきり分かれています。

具体的には、上図の通りです。

先日JACリクルートメントという大手転職エージェントからコロナ期に強い業界、弱い業界をヒアリングしました。

やはり、IT系は強いですね。伸びているIT企業はコロナ前より求人数を増やしているようです。

IT企業で募集している職種は、エンジニア、マーケター、企画系が多いです。これを機会に新事業のメンバー求人なんかもありました。

一方で、飲食店、映画館、美術館、テーマパークなど、オフラインサービスは打撃をうけているため求人はほぼストップしているとのことです。コロナで世界的に不況に入っているため、やはりBeforeコロナと比べて転職はできなくなっているのは事実です。

JACリクルートメントのエージェントに「コロナによる転職の影響」について聞いてみた

Withコロナ期でも転職にチャンスな職種について詳しくこちらの記事で解説しているのであわせて読んでみてください!

コロナで転職できるのか?

【コロナでも転職成功!】チャンスな業種と職種とは?

コロナで転職できない?… ではどうすればいい?【コロナ期に転職を成功させる方法3つ】

では、ここからが本題です!

「コロナで転職ができない、難しい」という状況下で何をすべきか?

今回は「転職したい度」に応じて「コロナ期を乗り越えて転職を成功させる方法」をご紹介していきます。


1. 「自分のキャリアプランを明確に構築することに時間かける」
2.  「不足している知識・スキルを伸ばす学習」
3.  「コロナでも強い業界に狙いを定めて転職活動を本格開始する」

 

【1. 今すぐに転職しなくてもいいレベルの方】→「自分のキャリアプランを明確に構築することに時間かける」

今すぐに転職しなくてもいいが、チャンスがあれば転職したいと思っている方は、この時期を有効活用して、まずはキャリアプランを明確にすることをおすすめします。

キャリアプランとは、具体的に「どんな職種で稼いでいきたいのか?」「次の職場でどんな経験や能力を身に付けたいのか?」を設計することです。

意外とこれって、明確に持っている人は少ないのはないでしょうか。(自分もそのひとりです。。)

これまでのキャリアをじっくり振り返り、3年後、5年後自分がどんな仕事で何を成し遂げたいのか?を考えることは非常に重要です。

キャリアプランがしっかり明確化されていると、やはり転職活動時に説得力が増し、かなり転職に有利になります。

ただ、孤独にひとりで考えていても答えが出てこないことが多いです。。

そんな時におすすめなのが、「他人と会話しながら自分が大切にしている価値観を引き出してもらうこと」です。

私の場合は、転職エージェントの面談を通じて、プロのキャリアカウンセラーに相談してみるだけで大分前進しました。

実際に私がキャリアプラン設計のために面談を申し込んだ転職エージェントは、JACリクルートメント doda です。 (いずれも電話面談のため、対面で会う必要はありません)

JACリクルートメントの感想・評判

30代前半がJACリクルートメントを利用した感想【評判を検証】

 

【2. 自分のやりたいことは明確なので知識を補いたい方】→「不足している知識・スキルを伸ばす学習を始める」

キャリアプランが明確で、転職するためには今の自分の能力だと不足していることを認識している方は、この時期に学習の時間に費やすことがベストです。

例えば、マーケターになりたいと思っているが、デジタルマーケの知識が足りないと思っていたり、エンジニアが更にアドバンスな言語を習得したり。

このご時世、外に出なくとも自宅で効率的に新しい能力・知識を身に付けることが可能です。(なんて便利な時代なのでしょう)

おすすめの学習法はずばり「動画学習」と「オンライン学習」です。

動画やオンラインのいいところは、「見るながら学ぶ」ことにそこまでハードルが高くないため長続きすること。

身に付けたい能力別におすすめな動画学習サービスはこちら。

英語学習

転職に有利な言語系資格はやはりTOEICです。商社・外資・メーカー海外営業を狙っている方はTOEIC高スコアは必須になります。

TOEICスコアを最速で上げるには、スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン がおすすめです。参考書を買いあさっても結局辞めてしまう方は、パーソナルコーチが付いて、スコアを上げるためだけに集中学習できます。

こちらの記事でも転職に成功するための英語学習法を紹介しているので、特に商社志望の方はあわせてどうぞ!

総合商社 転職 英語

5ヶ月で総合商社入社可能レベルの英語力を伸ばすたった2つの方法とは?

マーケティング

マーケターの方はこちらの動画学習がおすすめです。

Udemy → 世界最大のビジネス系学習動画サービス。ピンポイントで学びたい講座を数百円から動画で受講できる。

DMM Marketing CampDMMのデジタルマーケティング動画講座。3か月でデジタルマーケの基礎・応用スキルが身につくパッケージプラン

ピンポイントで総合商社へ転職したい方はこちらの記事で、必要な資格・スキルを解説しています。

総合商社で必要なスキルは3つ。【元商社マンが徹底解析】

【3. 今すぐにでも転職したい方】→「コロナでも強い業界に狙いを定めて転職活動を本格開始する」

「コロナだけどもう今の職場耐えられないからすぐに転職したい」

「IT系は求人減っていないのであれば、すぐに転職トライしたい」

こういう方は転職活動を本格開始するのは全然アリだと思います。

では転職活動はまず何をするべきか?

履歴書・職歴書を書き始めることではないです。

まずは、「転職エージェント・転職サイト」に登録して現状の求人情報を受け取ることです。

世の中にどんな求人が存在していて、どんな募集要項かをしっかり把握するべきです。

ビジネス系であれば、こちらの「私が実際に利用してよかった転職エージェント」をチェックしてみてください ↓

 

転職するなら絶対に登録すべき転職エージェント

doda
→ 何といっても求人案件の量は日本トップレベル。IT系企業の求人が多い。転職サイトと転職エージェントサービスの両方が利用できる。併用するのをおすすめ。

マイナビエージェント
→ あのマイナビのエージェントサービス。エージェントのサポートも好評。どんな職種、業種でも求人紹介してくれる。もちろん全国どこでもOK。

JACリクルートメント
→ ミドル~ハイクラスの転職の特化した有名転職エージェント。外資コンサルからベンチャーの管理職まで幅広い業種を紹介してくれる。

アクシスコンサルティング
→コンサル転職専門のエージェント強い。コンサル志望の人は登録マスト。

マネージャー職(マーケティングマネージャー、開発マネージャー)レベルを狙うなら、JACリクルートメントが一番おすすめです。

「JACリクルートメントは最悪」なのか?

「JACリクルートメントは最悪」なのか?絶対利用すべき人の特徴4つ

セールス~マーケ~企画まで幅広い職種、役職で探すなら案件数日本最多のdodaがおすすめです。

まずは2-3社ぐらい転職エージェントと面談し、そこで紹介される案件、エージェントの対応の良し悪しをみて絞り込んでいくといいですよ。

プロのキャリアコンサルタントが、転職活動の流れを丁寧に説明してくれます。(職歴書の書き方、面接対策等)

おすすめのベンチャー転職エージェント

【2021年版】ベンチャー転職に強いおすすめ転職エージェント

※その他のよくある悩み

そもそもコロナ関係なく、今の仕事で悩んでいる人も多いかと思います。

「自分は仕事ができないから辞めたい」

そんなことを毎日感じながらストレスフルに仕事をしていたり…

私にだってありましたし、誰にでも必ず起こりうる悩みです。

ただ、「仕事ができない」と思うことは必ずしも100%自分のせいではないということ。

同じ悩みを感じている方は是非こちらの記事を読んでみてください。考え方が変わり、前進するきっかけになるかもしれません。

仕事できない 辞めたい

「仕事ができないから辞めたい」と思ったらまずは○○すべき

コロナで変わった「転職活動方法」

コロナは、転職市場へ多大な影響を与えただけではなく、「転職活動方法」も変えました。

大きな変化は2つ。

1つは、「オンライン面接の採用」です。ほとんどの企業は、FacetoFaceでの面談からオンライン面接に切り替えています。1,2次はオンライン面接で、最終のみFacetoFaceという感じです。

オンライン面談の特徴は、独特の空気感の掴みにくさや、会話のテンポが速くなるため通常の面接より難易度が高くなると思います。(対面より、緊張しずらいためオンラインの方が得意という人もいますが、)

2つ目は、「企業からのピンポイントスカウト」です。

コロナでも採用を続ける企業のほとんどは、「大量採用ではなく、必要な人材をピンポイントで効率的に採用したい」と思うようになってきています。

例えば、「デジタルマーケと会計がわかるマネージャー級の人がほしい」というような企業採用担当者はピンポイントで転職エージェントに相談しに行きます。

それに応じて、転職エージェントは登録者の中からスカウトする人を選別するという流れです。

ですので、スカウトを受けるためには、なおさら転職エージェントへの登録し、自分のスキル・経験をエージェントに伝えておくことが重要になります。

doda では、企業から転職希望者へ直接スカウトできる機能があるため、スカウトが来やすいです。そして、スカウト経由での面接は通過率は極めて高いです。

(私も職歴をアップして1週間で2件スカウトを受け、そこから1社内定をもらいました)

doda転職エージェントの登録はこちらからできます▼▼

まとめ:「コロナでも転職は可能!」これを機に転職に向けた準備を

前述の通り、コロナでも堅実に中途採用を続ける強い企業もたくさんいます。

「今すぐ転職にトライしたい」という方は、是非情報取集から始めてみることをおすすめします。

繰り返しですが、個人的におすすめの転職エージェントはこちら↓ すぐにオンラインまたは電話でエージェント面面談をセットしてくれますよ。

転職するなら絶対に登録すべき転職エージェント

doda
→ 何といっても求人案件の量は日本トップレベル。IT系企業の求人が多い。転職サイトと転職エージェントサービスの両方が利用できる。併用するのをおすすめ。

マイナビエージェント
→ あのマイナビのエージェントサービス。エージェントのサポートも好評。どんな職種、業種でも求人紹介してくれる。もちろん全国どこでもOK。

JACリクルートメント
→ ミドル~ハイクラスの転職の特化した有名転職エージェント。外資コンサルからベンチャーの管理職まで幅広い業種を紹介してくれる。

アクシスコンサルティング
→コンサル転職専門のエージェント強い。コンサル志望の人は登録マスト。

「今すぐに転職しなくていいが、近い将来したい」という方は、是非、いまは準備期間だと思って、キャリア設計やスキルアップに時間を費やすといいと思います。

コロナでも頼れる転職エージェント

コロナでも強い「おすすめ転職エージェント3選」【実際に利用してみました】

自分の仕事の価値観がまとまっていると、100倍転職が成功する確率が上がります。

コロナに負けず、人生も更に豊かなれるようお互いがんばりましょう!

では!