【異業種転職OK】20代女性が登録すべきおすすめ転職サイト!おすすめ職種も

20代女性におすすめの転職サイト 仕事の悩み解決

20代は、30代や40代よりも転職がしやすく、積極的に採用している会社が増えています。

しかし女性は、将来結婚や出産などライフスタイルの変化が多いので、転職しても仕事を長く続けられるのか不安になりますよね。

「次こそ、人間関係が良い職場に転職したい」

「私に合うやりがいのある仕事を見つけたいな」

「結婚や出産しても長く続けられる、働きやすい会社を見つけたい」

と悩みが尽きないかもしれません。

20代女性はキャリアプランや生活の変化も考えて、転職のプロにサポートしてもらいながら働きやすく、長く続けられる会社を探すのがおすすめです。

そこで本記事では、20代女性におすすめな転職エージェントや人気の職種などを紹介します。

20代女性は転職のチャンス?

20代は、他の年代に比べて転職のチャンスがたくさんあります。

なぜ転職に成功しやすいのか理由をまとめましたので、参考にしてみてください。

⑴20代前半・第二新卒での転職事情

転職しやすい理由として、20代前半は第二新卒を狙って会社に入社できるからです。

この第二新卒は、25歳までの方達が当てはまり、新卒を採用できなかった会社からのニーズがとても高いです。

また将来結婚や出産を考えている方は、この時期に転職をしておくと、産休や育休を取得しやすいでしょう。

なぜなら育休制度は、入社して1年以上経っていないと取得できない会社が多いため、結婚などを考えている方は、早めの転職が望ましいからです。

「20代で転職うまくいかない」に陥っている人が一瞬で転職優位になる方法

「20代で転職うまくいかない」に陥っている人が一瞬で転職優位になる方法

⑵20代後半での転職事情

20代後半では、即戦力になるような実務経験やスキルのある人材が求められる傾向にあります。

これまでの職務経験や身につけたスキルをアピールすると、希望の会社へ転職できるでしょう。

採用する側は、即戦力になり得る若い人材を採用したいと考えているので、20代後半も求人数が多く転職できるチャンスが多いです。

20代女性が転職成功させるための秘訣

【20代女性必見!】最短で転職成功させるための「秘訣」とは?

【20代女性必見】採用担当者がおすすめする業種・職種を紹介

次に、採用担当者の目線で、20代の女性に今おすすめしたい業種・職種をご紹介します。

転職する仕事内容に悩んでいる方は、参考に探してみてください。

⑴マーケティングや企画職

マーケティングや企画職は、消費者のニーズを知り商品を企画したり、販売促進のためのプロモーションをします。

営業職を経験した方が採用されやすい傾向があるので、転職者におすすめです。

新商品の開発にも携わることができ、結果も出やすいことからやりがいのある仕事でしょう。

マーケティング職のなかでも特におすすめなのが、「Webマーケター」。Webマーケターは、オンラインショップなどの集客や販売促進のための仕事をします。

Web業界は現在ニーズが高まっているうえに、人材不足ということもあり、未経験でも採用されやすいです。

仕事をしながら知識を身につけられるので、Web業界でキャリアアップも狙えるでしょう。

未経験でWEBマーケターになるには

結局、未経験でWEBマーケターになるにはどうすればいいの?

⑵コンサルタント

経営の問題点を見つけて、解決するためのアドバイスをするコンサルタントは、キャリア志向の女性にとても人気な仕事です。

実力がそのまま評価されるので、自分のスキルを試したい方におすすめでしょう。

キャリアコンサルタント試験など、資格を取得しておくと転職でも有利になります。

コンサルに強い転職エージェント

外資・国内コンサルティングファームの転職に強い【おすすめ転職エージェント5選】

(3)ITエンジニア

ITエンジニアは、ソフトウェアや情報システムなどの設計や運用を行う仕事をします。

専門的な知識が必要と思われがちですが、研修がしっかりしている会社が多いので、未経験でも採用されやすいでしょう。

こちらも、Webマーケティングのように手に職がつけられるので、専門的なスキルが欲しい方におすすめです。

ベンチャーでキャリアを積みことをゴリ押しする理由

【図解】エンジニアがベンチャーでキャリアを積みことをゴリ押しする理由

女性が安心して働ける職場が見つかる!転職エージェントとは

求人を探す際には、転職エージェントか転職サイトのどちらかのサービスを利用して、希望の会社を見つけることになります。(コネ入社する他にほぼこの方法2択です)

この2つのサービスは、どちらも転職者をサポートするものですが、より20代女性におすすめなのが転職エージェントでしょう

転職エージェント 利用の流れ

転職エージェントは、コンサルタントやキャリアアドバイザーがいるので、希望の仕事や働き方を相談しながら効率よく求人を探すことができます。

一方転職サイトは、掲載されている求人に自ら応募するので、面談の日程調整など全てをひとりで進めることになります。

転職活動は仕事を続けながらすることが多く、時間的にとてもハードになりやすいので、ひとりだと日程の管理が大変になることが少なくありません。

働きやすい職場をじっくりと探す為にも、転職エージェントでサポートを受けながら会社を探すのが効率的でしょう。

また転職エージェントは、自分に合った仕事を紹介してくれたり、入社をするまで手厚いサポートを受けられるのが魅力です。

ひとりで活動するよりも、転職先が決まるスピードや成功率が格段に違うので、無料で利用できる転職エージェントを利用すると転職成功への早道です。

女性の転職エージェント

【忙しい女性必見】転職サイトと転職エージェントの違いとは?利用すべき転職サービス5選

転職エージェントの失敗しない選び方とは?20代女性が知っておきたい3つのポイント

転職エージェントはサイトによって様々な特性があるので、選ぶ際のポイントを解説します。

自分に合った転職エージェントを利用できるように、こちらを踏まえて探してみましょう。

⑴20代女性向けの転職エージェントを選ぶ

転職エージェントの中には、女性の転職に特化したサイトがあります。

産休や育休が取りやすかったり、多くの女性が活躍している会社が多かったりと、ライフスタイルの変化にも対応できる会社を探せるでしょう。

女性ならではの悩みも相談しやすいので、特化型の転職エージェントがおすすめです。

30代ママが転職する方法

30代ママの転職の実態とは?仕事と育児が両立できる、転職の秘訣を教えます!

⑵女性のライフプランに合った求人が多い

20代女性はライフプランが変化しやすく、仕事と家庭を両立したいと思っている方も少なくありません。

そこで転職エージェントを選ぶ際には、自分が考えるライフプランに合った求人があるか、事前に確認してから利用するのがおすすめです。

新しい仕事先で理想の働き方ができるように、転職エージェントを選んでください。

職種別・年代別おすすめの転職エージェント比較

【完全版】 職種・年代別おすすめ転職エージェント完全比較!一発でベストが見つかる

⑶転職のサポートが充実している

転職エージェントによって、受けられるサポートが異なります。

職務経歴書の添削や面接対策、入社後までサポートしてくれるなど様々なので、登録する際にはサポートが充実しているサイトを選びましょう。

転職エージェントの公式サイトに、受けられるサポートが記載されているので比較してみてください。

また転職エージェントの活用方法を知りたい方は、こちらの記事も合わせて読んでみましょう。

転職エージェントの賢い使い方

多くの人が知らない「転職エージェントの賢い使い方」【2020-2021年編】

【異業種転職も可能】20代女性におすすめな転職エージェント5選

20代女性に人気がある、転職エージェントを紹介します。

それぞれ特性があるので、サイトを見比べながら最適な転職エージェントを利用しましょう。

⑴CAREER CARVER

写真提供元URL:https://careercarver.jp/ 

CAREER CARVERは、ヘッドハンティング型の転職エージェントです。

登録すると、プロフィールに興味を持った会社がスカウトしてくれる仕組みなので、自分で求人を探す他にも様々な会社を見ることができます。

ハイクラスの求人が豊富なので、キャリアアップを狙っての転職を考えている方に、おすすめでしょう。

▶︎ CAREER CARVER(キャリアカーバー)に無料登録する

⑵DYM転職

写真提供元URL:​​https://www.dshu.jp/

DYM転職は第二新卒向けの求人がある、転職エージェントです。

書類や面接のアドバイスに限らず、服装の指導もしてくれるので、正社員が初めての方でも安心でしょう。

ひとりひとりの希望に沿って、求人を紹介してくれるので、自分に合った会社を見つけやすいです。

DYM転職で無料相談してみる

⑶ジョブトラ20s

写真提供元URL:https://job-tryout20.com/

ジョブトラ20sも第二新卒に特化した転職エージェントで、未経験から挑戦できる求人が豊富です。

初めての転職でも親身になってサポートしてくれるので、スムーズに希望の仕事が見つかるでしょう。

第二新卒で異業種にチャレンジしたい方は、ジョブトラ20sを活用してみてください。

ジョブトラ20sで無料面談する

⑷type女性の転職エージェント

写真提供元URL:https://type.woman-agent.jp/

type女性の転職エージェントは女性向けの求人が豊富で、利用者の7割ほどが年収アップに成功している実績があります。

女性の転職に特化しているので、働き方などの相談がしやすいでしょう。

また求人票だけではわからない会社情報も教えてくれるので、入社後のミスマッチも防げるのが魅力です。

▶︎type女性の転職エージェントに無料登録する 

⑸ワークポート

写真提供元URL:https://www.workport.co.jp/

ワークポートはITやWeb系の仕事に強く、未経験の職種に対するサポートも充実しています。

20代女性でIT系などの仕事へ挑戦したい方は、ワークポートがおすすめです。

非公開求人も豊富なので、より多くの求人から選びたい方に向いた転職エージェントでしょう。

WORKPORT(ワークポート)に無料登録する

他にも20代におすすめな転職エージェントが知りたい方は、こちらの記事も合わせて読んでください。

20代後半におすすめの転職エージェント

20代後半転職なら利用すべき転職エージェントを5つ紹介!転職の豆知識も紹介

20代女性が転職で絶対にしてはいけない3つのこと

転職は、事前準備や求人の選び方で成功率が変わってきてしまいます。

そこで、20代女性が転職活動で失敗しないために、絶対にしてはいけない3つのことを紹介します。

仕事や働き方の将来像になる明確なキャリアプランがない

20代に限らず転職活動は、将来どのようにキャリアを積んでいくかを考える必要があります。

しかし社会経験が浅い20代は、キャリアプランといってもなかなか想像ができないかもしれません。

将来像を叶えるために必要なスキルや経験を洗い出し、逆算して計画を立てると、いつまでに何をすべきかが見えてきます。

ひとりで考えるのは難しいので、希望の会社に入社する為にも転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談すると良いでしょう。

転職エージェントの賢い使い方

多くの人が知らない「転職エージェントの賢い使い方」【2020-2021年編】

⑵企業研究をせず仕事内容や年収だけで転職先を決める

仕事内容や年収だけで転職先を決めてしまうのは、将来のミスマッチに繋がりやすいので注意が必要です。

会社との強いパイプを持った転職エージェントを利用すると、求人票について詳細な情報を教えてもらうことができます。

入社前に、社内の男女比や年代、職場の雰囲気などを知ることができるので、自分が働きやすい会社かどうかを見極められるでしょう。

今後長く働き続けるためにも、職場の雰囲気などを事前に確認してから選んでください。

⑶結婚・出産など将来のライフスタイルを考えず入社してしまう

特に20代後半の女性は、結婚などでライフスタイルが変わりやすい時期でもあります。

将来、出産をして育休などを取りたいと考えている方は、ライフスタイルが変わっても仕事と家庭を両立できる会社を選びましょう。

女性がどのくらい活躍している会社か、育休の取得率はどのくらいかなどを確認しておくと安心です。

求人票や会社のWebサイトではなかなか情報収集が難しいので、転職エージェントの専門家に相談するのがおすすめです。

このように転職活動は、ひとりで行うには大変な場合が多いので、転職を成功させる為にもプロにサポートしてもらいながら進めていきましょう。

20代女性が登録すべきおすすめの転職サイトまとめ

20代女性が、転職で失敗しないポイントとして、

⑴女性が働きやすい職場が見つかる転職エージェントを利用する

⑵キャリアプランや将来のライフスタイルに合った会社を見つける

⑶未経験でも20代女性が活躍しやすい職種を選ぶ

の3つを紹介しました。

20代女性が転職を成功させるには、キャリアプランをしっかりと考えながら、転職エージェントを活用するのがポイントです。

また、未経験でも女性が活躍できるマーケティングやITエンジニアなどの職種に挑戦し、やりがいのある仕事を選ぶのも良いでしょう。

転職エージェントは、キャリアアドバイザーが自分に最適な職種や会社を紹介してくれるので、積極的に面談をし理想の会社を見つけてください。

\おすすめ転職エージェントを探す/

  • 商社
  • ベンチャー
  • “WEBマーケター”
  • “エンジニア”
  • “WEBデザイナー”
  • “コンサル”
  • “外資金融”
  • “外資IT”
  • “外資メーカー”
  • “英語”
  • “海外勤務”
  • “営業”
  • “エグゼクティブ”
  • “800万以上”
  • “20代”
  • “30代”
  • “40代”
  • “第二新卒”
  • “女性20代”
  • “女性30代”