20代で外資系転職するために登録すべき転職エージェント

外資の転職につよい転職エージェント 20代 転職エージェント

「20代の外資系企業への転職に強い転職エージェントが知りたい」

「そもそも20代で外資に転職できるの?外資に行くメリットは?」

この記事は、こんな疑問に答えます。

結論から言うと、20代でも「外資系企業に転職はできます!」

むしろ転職しやすいケースもあります。

20代で外資系企業への転職を目指している方は、「具体的にどのようなアクションをとればいいか」のヒントになる記事です。

20代で外資系転職するために登録すべき転職エージェント

それではさっそく、20代におすすめの外資系に強い転職エージェントを紹介します。

20代で外資系に転職するなら登録すべき転職エージェント

JACリクルートメント
→ 「外資」「グローバル職」に特化した有名転職エージェント。ある程度キャリアを積んだ20代後半からがおすすめ。外資コンサル、金融、メーカーまで色んな業種を紹介してくれる。
外資の非公開求人も多く持っているので外資系への転職にはまずは登録をおすすめ。

ビズリーチ
→TV CMでおなじみのビズリーチ。スカウト型転職サービスなので、登録するだけでヘッドハンターや企業からの直オファーがガンガン来る。年収600万円以上のミドル〜ハイクラス転職向けと合って、20代外資系転職求人は結構ある。取りこぼしなく、外資コンサル・金融の優良求人の紹介を受けるなら登録マスト。(3ヶ月以降は有料アカウントではないと、ヘッドハンターからスカウトもらえないので、3ヶ月以内に転職終わらせることをおすすめ)

リクルートダイレクトスカウト
→年収600万円~2,000万円の求人中心のハイクラス特化した転職エージェント。ヘッドハンティング型で、待っていたら希望職種のオファーが来る仕組み。ハイクラス向けとあって、外資系企業の求人多い。また、担当エージェントも自らサイト内で選ぶことができ、無料で転職サポートが受けられる。年収600万円以上でキャリアアップ考えている人は登録必須!

doda
→ 何といっても求人案件の量は日本トップレベル。外資だとIT系企業の求人が多い。20代~40代ぐらいまで幅広い年代向けの総合型転職エージェント。転職サイトと転職エージェントサービスの両方が利用できる。併要するのをおすすめ。

JACリクルートメント

やはり20代後半でしたら一番おすすめは「JACリクルートメント」です。外資系に特化しているのでとにかく紹介出来る求人が多いです。そして、幅広く業種も紹介してもらえます。

JACリクルートメント自体も外資系企業なのもあって、外資コンサル・金融・ITと太いコネクションがあり非公開求人も多く取り扱っています。

「JACリクルートメントは最悪」なのか?

「JACリクルートメントは最悪」なのか?絶対利用すべき人の特徴4つ

ビズリーチ

TV CMでおなじみのビズリーチ。年収600万円以上にターゲットを絞っており、20代外資系では、高年収のコンサル・金融などの非公開求人のスカウトがガンガン来る。筆者も利用していて、外資コンサルファームを数社紹介してもらいました。
20代で700万円以上のハイクラス転職を狙いたい人にはかなりおすすめ。(3ヶ月以降は有料アカウントではないと、ヘッドハンターからスカウトもらえないので、3ヶ月以内に転職終わらせることをおすすめ)

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカバー)

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートが運営する年収600万円~2,000万円の求人中心のハイクラス特化した転職サービスです。ヘッドハンティング型で、待っていたらキャリアコンサルタントから希望職種のオファーが来る仕組み。ハイクラス向けとあって、コンサル・金融・メーカーの外資系企業の求人多いです。また、担当エージェントも自らサイト内で選ぶことができ、無料で転職サポートが受けられる。20代で現状年収600万円以上でキャリアアップ考えている人は登録必須です!

外資求人を見逃さないうえでも登録してみることをおすすめします。

doda

doda はリクルートエージェントと同様、「総合型エージェント」ではあるものの、少々「ミドル・ハイクラス求人寄り」ではあります。なので20代で年収600万円以上狙いたい方にはピッタリかと思います。

筆者も利用経験があり、dodaからは20代のときにアクセンチュアの戦略コンサルやマイクロソフトやアマゾンのマーケティングなどの外資系求人の紹介を受けたことがあります。

個人的にはエージェントの質は高いほうだと思います。選考対策(職歴書や面接対策)を親身にサポートしてくれました。

業界別に、外資系に強い転職エージェントを紹介している記事はこちら ↓

■関連記事: 【2020年版 業界別】外資系に強いおすすめ転職エージェント

20代で外資系企業に転職するメリットは?

エグゼクティブ 転職

「20代で外資はちょい覚悟いるわ..」

と思うかもしれませんが、それ相応のメリットがあります。

外資系転職で手に入れることはこの3つかと思います。

・年収が高い(日系とはレベチです)

・輝かしいキャリア

・ビジネスセンスが磨かれる

外資の年収はやはり高かった

やはり外資系の平均年収は日系に比べて圧倒的に高いです。平均年収のまとめサイト「平均年収.jp」によれば、主要外資系の20代での給料は以下の通りです。

・マイクロソフト(20代平均年収)→  667万円~831万円

・アクセンチュア(20代平均年収)→ 577万円 ~ 719万円

・メリルリンチ(20代平均年収) → 1200万円~1605万円

業種によって結構幅はあるものの、日本人の平均年収が430万円程なのでこれと比べると20代という若さでかなり多くの給料をもらっていることがわかります。(それにしても外資金融の年収はヤバいですね。。)

若くして高い生活水準を手に入れることが出来るというのも外資の魅力の1つです。

「外資系勤務経験あり」と言えば優遇される日本

おそらく日本は特殊なのですが、言語力が乏しい日本において、「外資系で働いてた」というキャリアはその後のキャリア形成でかなり有利になります。(最低でも3年は働く必要がありますが)

その一つはやはり「英語で仕事をしたことがあるという点」です。

ただでさえ英語が話せる人が少ない日本において、ビジネスの現場で英語で仕事をしていたというスキルと経験は日系大企業はじめ、かなり希少価値が高いです。

「外資」と聞くとなぜだか「かなりデキる人」っていうイメージが湧きますよね。

これは日本(アジア諸国)ならではかもしれません。

「転職を勝ち取るための”希少性”」に関してはこちらの記事で詳しく解説しているので是非興味があればチェックしてみてください。

コロナでも転職したい

コロナでも転職したい方へ「いまやるべき転職活動」とは?

ビジネスセンスが磨かれる

一言でいうと「仕事のスキルと経験」が格段に上がります。

これは、外資系(特に欧米系)でよくみられる社風が背景にあるのですが、仕事において、「プロセスより成果」を求められることが多いです。

日系企業はどちらかというと「プロセス」を20代では重きを置かれます。いかに「頑張ったか」や「学習しているか」のようなインプットです。

外資で「成果」をより求められるということは、自らアクションをおこして「成果を残す方法」をがむしゃらに探さないといけません。

そこには、教育するためではなく、結果を残すために集まった同僚や上司がいます。

なので、20代で爆速でビジネススキル・経験を磨くことが可能になるのです。(やはり環境が成長に影響するのですねー)

「転職したいけどスキルがない20 代?」→ほぼみんなそうです。転職の裏技」

「転職したいけどスキルがない20 代?」→ほぼみんなそうです。転職の裏技

20代だと転職エージェントに相手にされないと聞いたけど本当?

「20代で転職うまくいかない」に陥っている人が一瞬で転職優位になる方法

結論、「相手にされないケースもあるし、全力でサポートしてもらえるケースもあります」

例えば、転職エージェントに相手にされないケースはこんな感じです。(筆者も直面していました。。。)

・身の丈に合わない条件を希望しているとき
→ 現状年収500万円なのに、1000万円の管理職を希望しているなど

・ハイクラスに特化した転職エージェントに登録したとき
→ ここで紹介したエージェントは違いますが、ハイクラス専門のエージェントは存在します。例えば、現状年収が800万円以上のひと限定等々。もちろん、その年収に達していない場合は、そこだとほぼ相手にされません。

・キャリアプランが定まっていないとき
→ これは年齢に関わらずです。キャリアパスが明確ではないため、エージェントとしては紹介できる案件が不明なので。
  ただ、親身になって一緒にキャリアプラン作成のサポートをしてくれる転職エージェントもいます。
  (私の場合は、JACリクルートメントがそうでした)

私の経験では、上記以外で転職エージェントから相手にされないという経験はないです。

まずは、冒頭で紹介した「外資系に強い転職エージェント3社」から利用開始してみては?

20代で外資系に転職するなら登録すべき転職エージェント

JACリクルートメント
→ 「外資」「グローバル職」に特化した有名転職エージェント。ある程度キャリアを積んだ20代後半からがおすすめ。外資コンサル、金融、メーカーまで色んな業種を紹介してくれる。
外資の非公開求人も多く持っているので外資系への転職にはまずは登録をおすすめ。

ビズリーチ
→TV CMでおなじみのビズリーチ。スカウト型転職サービスなので、登録するだけでヘッドハンターや企業からの直オファーがガンガン来る。年収600万円以上のミドル〜ハイクラス転職向けと合って、20代外資系転職求人は結構ある。取りこぼしなく、外資コンサル・金融の優良求人の紹介を受けるなら登録マスト。(3ヶ月以降は有料アカウントではないと、ヘッドハンターからスカウトもらえないので、3ヶ月以内に転職終わらせることをおすすめ)

リクルートエージェント
→国内最大級の転職エージェントです。とにかくカバーしている業種の数は間違いなく日本最大級です。もちろん外資ITの求人案件も多数保有しています。
20代でもしっかりとフルサポートしてくれる。

doda
→ 何といっても求人案件の量は日本トップレベル。外資だとIT系企業の求人が多い。20代~40代ぐらいまで幅広い年代向けの総合型転職エージェント。転職サイトと転職エージェントサービスの両方が利用できる。併要するのをおすすめ。

20代で外資系への転職を勝ち取るために「いまやるべきこと」は?

JACリクルートメントの感想・評判

問答無用で「英語力の向上」です。

外資系では確実に英語力がチャックされます。具体的にはTOEICの点数です。

中途で入るなら、TOEIC800点かと思います。(職種によってはもうちょい低くてもOK)

「げ、TOEIC800ないわ。。。」

安心してください。TOEICスコアは本気でやれば3か月ぐらいで上がります。

一番は、TOEICスコアアップに特化したアプリで出来る通信学習をおすすめします。

たとえばこちら↓

オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース 

コーチがマンツーで付いてくれて、TOEICスコアアップのためだけに設計されたプログラムです。3か月で800点を目指せます。

3か月講座で6,8000円なので決して安くないですが、これでTOEIC 800点オーバー取れれば、高年収の外資系・グローバル企業への転職の道が大きく開けるので決して高くない投資だと思います。

お金を払ってTOEIC学習することの一番の意義は「自分を追い込んでコミットすること」だと私は思っています。

安くない教育費を払い、自分を追い込み、逃げる理由を作らないようにすることです。ここまでやるからこそ、忙しい日々の中でもスコアアップを実現させるのです。

TOEICオンライン学習ではお買い得な方なので興味のある方は是非トライしてみてください!

              \ マンツーマンでコーチが付く短期集中講座 /

30歳で転職するためのTOEIC習得方法

【30代の転職】TOEIC800点が武器となる転職先公開!英語活かした転職方法も

外資系以外のキャリアパスは?【20代編】

外資系企業への転職とよく比べられるのが「商社」「ベンチャー」です。

そもそも外資系を志望する人は「仕事をすることが苦痛ではなく、むしろ好き」で、「キャリアアップを優先」して転職活動する人が大半かと思います。(新卒でとりあえずかっこよさそうだから「外資」という流れとは違いますね)

なので、上記2つの条件を満たしている他業態でいうと、「商社」「ベンチャー」が近いので、もし興味あればこちらもあわせて読んでみてください!

商社への転職も考えている方へおすすめ記事

総合商社 転職

未経験者でも総合商社に転職する方法【元商社マンが完全解説】

【図解付き】商社マンとは?仕事内容・年収・ビジネスモデル

総合商社 転職エージェント

7大総合商社に転職するなら絶対に登録すべき転職エージェント&転職サイト

ベンチャーへの転職も考えている方へおすすめ記事

ベンチャーの転職はリスクが高いのか?

ベンチャーへの転職リスクについて真剣に考えてみた 【年代別・年収・リターン】

おすすめのベンチャー転職エージェント

【創業〜メガまで】ベンチャー転職に強いおすすめ転職エージェント8選

そもそもコロナ禍で転職はできるの?

「このトピックを待ってました!」

コロナの転職市場については、ありとあらゆるリサーチを重ねました。

結論は「転職できる業種とできない業種」が分かれているという状況です。

具体的にはこちらの図の通りです。

コロナで転職できるのか?

やはりITは強いですね。ここに載っていない業界でも例えば「外資コンサル・金融・メーカー」でも中途採用は実施しています。

コロナで転職できるのか?

【コロナでも転職成功!】チャンスな業種と職種とは?

まとめ:20代で外資系転職を狙うならこの転職エージェント4社!

こういうコロナのような経済が落ち込んでいる時期だからこそ、自分のキャリアアップのために外資系転職にチャレンジしようと思う方は尊敬します。微力ながら全力で応援したくなります!

是非とも、今回紹介したおすすめの転職エージェントのプロにまずは相談してみては?

20代で外資系に転職するなら登録すべき転職エージェント

JACリクルートメント
→ 「外資」「グローバル職」に特化した有名転職エージェント。ある程度キャリアを積んだ20代後半からがおすすめ。外資コンサル、金融、メーカーまで色んな業種を紹介してくれる。
外資の非公開求人も多く持っているので外資系への転職にはまずは登録をおすすめ。

ビズリーチ
→TV CMでおなじみのビズリーチ。スカウト型転職サービスなので、登録するだけでヘッドハンターや企業からの直オファーがガンガン来る。年収600万円以上のミドル〜ハイクラス転職向けと合って、20代外資系転職求人は結構ある。取りこぼしなく、外資コンサル・金融の優良求人の紹介を受けるなら登録マスト。(3ヶ月以降は有料アカウントではないと、ヘッドハンターからスカウトもらえないので、3ヶ月以内に転職終わらせることをおすすめ)

リクルートダイレクトスカウト
→年収600万円~2,000万円の求人中心のハイクラス特化した転職エージェント。ヘッドハンティング型で、待っていたら希望職種のオファーが来る仕組み。ハイクラス向けとあって、外資系企業の求人多い。また、担当エージェントも自らサイト内で選ぶことができ、無料で転職サポートが受けられる。年収600万円以上でキャリアアップ考えている人は登録必須!

doda
→ 何といっても求人案件の量は日本トップレベル。外資だとIT系企業の求人が多い。20代~40代ぐらいまで幅広い年代向けの総合型転職エージェント。転職サイトと転職エージェントサービスの両方が利用できる。併要するのをおすすめ。

※その他の業種・職種での転職も考えている方※
業種・職種別で転職エージェントを比較してみました。詳しくはコチラ↓

職種別・年代別おすすめの転職エージェント比較

【完全版】 職種・年代別おすすめ転職エージェント完全比較!一発でベストが見つかる

\おすすめ転職エージェントを探す/

  • 商社
  • ベンチャー
  • “WEBマーケター”
  • “エンジニア”
  • “WEBデザイナー”
  • “コンサル”
  • “外資金融”
  • “外資IT”
  • “外資メーカー”
  • “英語”
  • “海外勤務”
  • “営業”
  • “エグゼクティブ”
  • “800万以上”
  • “20代”
  • “30代”
  • “40代”
  • “第二新卒”
  • “女性20代”
  • “女性30代”