海外勤務をしたい方必見!海外で就職する方法とおすすめ転職エージェント4選

海外勤務 転職エージェント 転職エージェント

海外で働きたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

ですが実際に海外で働くとなるとハードルが高そうと思っている方も多いですよね。

確かに海外で働くのは高いハードルですが転職エージェントの利用によって海外で働くのも可能になりました。

ここでは日本と海外における就職活動の違いから、海外で働く時のポイント、転職エージェントのメリット・デメリットについてまとめてみました。ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

日本と海外の就職活動の違いについて

海外と日本の就職・就職活動ではどのように違うのか抑えていきましょう。

海外では実力主義

海外では実力主義なため、日本の年功序列制度とは違って実力主義なためスキルや評価などが重要になってきます。実力に応じて給料も上がっていきます。日本と違い終身雇用制度などはないです。

それに対し日本では年功序列制度が多くなっています。

近年日本では実力主義なども取り入れていますが未だに年功序列制度を取り入れている会社も多くあります。年功序列制度とは年齢が上がるにつれて給料も上がっていく仕組みです。どれだけ成果を出しても年齢が上の人より給料がもらえない可能性が高いです。

日本での就職活動

日本では新卒時と既卒時に分かれます。

新卒時は就職活動時期が決まっており、企業エントリーが3月に始まり、6月に企業選考が開始となります。3月に学校を卒業しその後4月に入社という形が普通です。大体どの時期に入社するのかが決まっています。

一方既卒時はまだ正社員として働いたことがない卒業者です。こちらは採用時期などが決まっておらず中途社員として入社することになります。

海外での就職活動

海外では日本のように就職活動時期は決まっておらず、新卒採用といったことがなく、通年採用となっています。

人が足りなくなったら募集するという形ですので新卒だけではなく様々な年齢の方が応募されてきます。

日本と違って新卒の強みというのが活用できません。また新卒者にも即戦力が求められるためインターンシップなどの経験が重要になってきます。

海外での就職で求められるスキル

アクシスコンサルティングのヒアリング力

海外ではどのようなスキルがあると有利なのでしょうか。

2つのスキルについてみていきたいと思います。

1.語学力

海外で働くにはある程度の語学力が必要になってきます。

企業によってはビジネスレベルの英語が必要になってきます。英語ができるか、できないかで仕事の幅も変わってきますし、待遇も変わってきます。最低限日常会話レベルは出来た方がよいでしょう。

英語が喋れないと日系企業のみの転職になってしまいます。仕事の幅を広げるためにも英語はできるに越したことはないでしょう。

2.ITエンジニアスキル

特にITエンジニアの場合人手不足で、需要も高いのでITエンジニアに関するスキルを持っていると有利に転職を進めることができます。

欧米や東南アジアからの需要も高いので就職場所の幅も広がるでしょう。

またこれから最も伸びる分野の為、将来性もあり、求人にも困ることはないでしょう。またスキルを目的に募集しているため語学力が多少低くても大丈夫とされるところが多いです。

海外で必要なスキルを見てきましたが、どのような場所で働くかにもよって求められるスキルは大きく変わっていきます。自分がどのような場所で働きたいのかあらかじめ明確にすることによって、必要なスキルも見えてくるでしょう。

未経験でWEBマーケターになるには

就労ビザ海外で働くにあたって就労ビザが必要になってきます。

海外で働くにあたってビザは必ず取得しなければなりません。働く国によってビザの取得条件は違うのでよく確認しておくようにしましょう。

英語圏や欧米の国では大卒が原則になっていることが多く就労ビザを取ることは容易ではありません。

もし大学に出ていないなどといった方はアジア圏など就労ビザがとりやすいところを狙うのもよいでしょう。ルールが複雑なため、転職エージェントに相談することをお勧めします。

海外で転職する方法

海外で求められるスキルが分かったら次のステップアップとして海外で働きたいですよね。

海外で働くにはいくつかの方法があります。そちらを見ていきましょう

1.転職エージェントを利用する

コンサルに強い転職エージェント

海外で働くにはエージェントを利用し、そこから紹介された求人を自分で選び働くのが一般的です。

そこで今は海外勤務者向けのエージェントがあります。

代表例を挙げるとJACリクルートメントCAREER CAVER(キャリアカバー)リクルートエージェント海外営業転職ナビなどです。

様々なエージェントがあり特徴もそれぞれ違うのでこれらについては後々紹介していきたいと思います。エージェントを活用すると転職もスムーズにいくでしょう。

2.企業と直接コンタクトを取る

海外では直接コンタクトを取り企業に応募するのが一般的です。

しかし日本から海外企業にコンタクトを取ることは難しいため、海外転職に特化した転職エージェントを利用するのが方が近道でしょう。

また現代ではSNSも普及しているため、企業の人事がSNSをしている場合そこからコンタクトを取るのもよいでしょう。(例えばLinked-In)

しかし、現地の言葉で話しかける必要があるのである程度の語学力が必要になってきます。

3.インターンを利用する

海外でインターンをしてその場で就職することです。

インターンを重要視している企業も多いです。実際にどのように働き、どのように仕事ができるのかを見て採用されることも少なくありません。

現地の人を採用する場合にもインターンで働いてからそこで合否を決めることもあります。インターンからその場に就職することはよくあることなのでこういった手段もあります。

海外と日本のインターンは見られているポイントが違うため、就職をするためにも全力で挑みましょう。

海外で働く際のポイント2選

海外で働くといってもどこで働くか迷っていたり、思い描いている将来像があったりしますよね。

そこで海外で働く時のポイントを抑えていきたいと思います。

1.働く場所を明確にする

海外と一口に言ってもたくさんの場所があります。

また国によって仕事に対する考え方も違ったりします。

自分の仕事に対する考え方とその国の仕事に対する考え方がマッチしているか考えた方がよいでしょう。

どの国で働きどのような仕事をするか明確にすることによって自分の仕事に対する考え方を見直すことができます。

2.将来像について考える

自分の思い描いている将来像に近づくためにその国の特筆している分野や、自分がどんなキャリアを積みたいのか具体的に想像してみるのもよいでしょう。

転職エージェントは海外勤務するうえで有効?

商社マン 結婚

よく聞くエージェントですがメリット・デメリットがあります。メリット・デメリットを聞いてから自分に合っているのかよく考えて使うか見極めた方がよいでしょう。

転職エージェントのメリット

様々なメリットが挙げられますが大きなメリットとしては主に5つです

1.非公開求人を見ることができる

表に出ている求人だけでなく非公開求人を見ることができるため様々な働き口が見つかるでしょう。

数ある求人の中から自分に合った求人を見つけることができる可能性が高くなります。

2.自分の長所を知ることができる

専門のアドバイザーがいるため客観的なアドバイスをしてくれます。

自分の長所を知ることができるので、自分の強みなどを握れることができるでしょう。企業に応募する際に自分の強みを知っておくと転職がスムーズにいきます。

3.転職活動の手続きを代わりに行ってくれる

専門の方が代わりに手続きを行ってくれるため、自分の時間を確保しながら転職活動に専念することができます。そのため仕事をしながら転職活動をしたいといった方にお勧めできます。

4.面接の練習をしてくれる

専門の方が面接練習をしてくれるのも大きなメリットでしょう。

面接の練習ができるため、面接がうまくできないと自信のない方でも練習をしてもらうことで安心して面接に挑むことができます。

5.無料で相談をすることができる

相談をすることでお金がかかるなど心配している方も多いのではないでしょうか。

しかし、無料で相談することができるためお金についての心配もいりません。無料で相談できるためまずは使ってみるのも良いと思います。

転職エージェントを利用する理由

あまり知られていない「転職エージェントを利用するべき理由」

転職エージェントのデメリット

  • 身の丈に合った転職でないと厳しい
  • 必ずしも希望通りの求人が紹介されるとは限らない
  • 自分が行きたい場所に応募できないかもしれない
  • 内定をもらった後プレッシャーをかけられる

身の丈に合った求人でないと紹介されない可能性があります。

また面接日の設定から応募書類の作成を自ら行わなければなりません。

希望通りの求人が紹介されるとは限らないためそのことも視野に入れておかないといけません。またエージェント側の都合上自分が行きたい場所に応募できないことも考えられます。

転職エージェントを使わない方がよい人

自分のペースで転職活動をしたく、焦りたくない人は使わないほうがよいでしょう。

また、自分の行きたいところが明確になっている場合です。興味のない企業を紹介されても煩わしく感じるだけでしょう。

転職エージェントを使わずに転職することのメリット

  • 自分のペースで就職活動ができる。
  • 周りに指図されない

自分の好きなように転職活動ができるため縛られたくなく転職をしたい人にとってはお勧めでしょう。

転職エージェントでは望まない求人応募や、面接を無理に入れられてしまうことも少なくありません。そのようなことがないのが転職エージェントを使わずに転職をすることのメリットといえるでしょう。

エージェントは仕事をしながら転職をしたい方にお勧めです。エージェントを使うことによって様々な手間が省けます。

では、反対にエージェントを使った方が良い人はどのような人なのか見ていきましょう。

エージェントを使った方がよい人

大きなメリットとしては専門のアドバイスが受けれることですね。

求人紹介から応募、面接の日程調整など様々なことを任せることができます。

忙しくて手が回らない人でもエージェントに任せることによってスムーズに物事が進みます。仕事をしながら転職をしたい方におすすめです。

転職エージェントを使わないで転職することのデメリット

  • 公開求人しか見ることができない
  • 自己分析ができない
  • 業界の裏側まで知ることが難しい
  • 年収などの交渉が難しい

転職エージェントを使わないで転職をする際には、公開求人しか見ることしかできないため転職の幅が狭まってしまうでしょう。

また応募から書類作成まですべて自分で行わなければならないため休日などの時間がとられてしまうでしょう。年収などの交渉が厳しいため明確な希望がある方には厳しいかもしれません。

海外勤務を目指すなら、転職エージェントを使ってみよう

これを読まれてる方にも転職エージェントを使おうか迷うなといった方も多いのではないでしょうか?

もし迷っているならば登録することをおすすめします。

キャリア相談で、自分の適性やその業界についての将来性について教えてもらいましょう。

専門のアドバイザーが教えてくれるはずです。転職エージェントを使うことによって業界の将来性や自分の市場価値を知ることができます。

キャリア相談だけ受けて後は自分で行うといった方もいるので使ってみる価値はあると思います。

転職エージェントが希望の求人に応募させてくれない場合、自分で企業に応募するといったことも可能なのでぜひ視野に入れてみてください。また無料で利用することが可能なのでぜひ使ってみるとよいでしょう。

海外勤務できる求人に強い転職エージェント

ここまで読まれたら次は転職エージェントを使ってみようという方も多いのではないでしょうか?ここでは4つの転職エージェントについて紹介していきたいと思います。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

ミドル・ハイクラスと30代~50代がメインとなっており管理職や専門職に強いです。またイギリスとアジアに拠点をもち外資系企業や日系企業への転職が豊富です。東南アジアから中国、またイギリスにも拠点を構えており、現地の転職情報をたくさん得ることができます。英文履歴書などのサポートもしっかりしており、安心して任せることができます。

またご転職活動の支援実績も43万人としっかりとした実績を持っています。

職種では管理職から専門職と幅広くなっており登録しておいて損はないエージェントですね。

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)公式サイト (jac-recruitment.jp)

リクルートエージェント

リクルートエージェントの感想

日本最大級の転職エージェントサービスです。

圧倒的な求人数と転職決定数を誇ります。日本国内のみならず海外にも展開しており海外との繋がりも多いです。海外求人案件の数も豊富で日系転職エージェントではトップクラスといわれるほどです。

また年齢や経歴を問わないため幅広い求人から選ぶことが可能です。管理職や専門職に限らず一般の方にも対応することができます。公開求人が約10万7000件、非公開求人が約14万5000件と非常に沢山の求人があることもメリットです。

リクルートエージェント (r-agent.com)

CAREER CAVER (キャリアカバー)

国内最大級のハイクラス求人向け転職エージェントです。

ハイクラス(年収800-2000万円)求人に特化しており、海外支社責任者などの管理職ポストの求人の数が結構あります。

キャリアカバーの特徴は、ヘッドハンティング型転職サービスで、担当のヘッドハンター(キャリアコンサルタント)に希望条件・職種を伝えたらそれにマッチした求人を紹介してくれます。

管理職として海外勤務したい人はまずは登録すべき転職サービスです。

CAREER CAVER(キャリアカバー)

海外営業転職ナビ

海外営業転職ナビは約2600件と非常にたくさんの数の海外営業系求人を保有しています。

メーカー海外営業や商社の海外支店求人を数多く保有しています。

また利用しているユーザーも若手から経験豊富なミドル層と若手の人でも使えるのが魅力の一つです。

非公開求人も多く海外転職を視野に入れている人にはお勧めしたい転職エージェントです。

海外営業転職ナビ

まとめ

海外と日本では就職活動が大きく異なります。どういう風に違うのかしっかり抑えておきましょう。

転職エージェントは使った方が良いです。

転職エージェントを使うことによって様々な働き口を見つけることができます。また転職エージェントがありすぎてどれを使ったらいいのかわからないという方は掛け持ちして使うのも良いでしょう。