動画編集の外注はランサーズ?ココナラ?相場・コスパを比較してみた

動画・映像制作

動画編集のニーズって増えていますよね。Youtubeチャネルを始めるひと、動画広告を始める企業。

そんな面倒な動画編集の外注を考えているこの記事を読まれている方!正しい選択をしようとしています!

動画編集技術がない、初心者の方はまずは簡単な編集作業を外注してみることです。

それでは、動画エディターが多く登録するクラウドソーシングサービスの2大巨頭である「ココナラ」と「クラウドワークス」の相場、コスパを比較してみたのでご紹介します!

Youtube等の動画編集外注の相場は?

大きく分けて一般的な動画の編集は2パターンあります。

① フル編集(カット、効果音、字幕、テロップ、BGM挿入)

② 部分編集(カットして繋げるのみ)

それぞれ相場感を説明していきます。

フル動画編集の価格相場

個人への発注でおおよそ7,000円~15,000円ぐらいです。(めちゃめちゃ安いですよね!)

会社への発注となるとその約5倍~10倍です。

なので、個人への発注をおすすめします。

後程解説する、ココナラ や クラウドワークスには敏腕動画エディターも多数いるので品質的に問題ないと思います。

カットのみ動画編集の価格相場

個人での発注の場合、おおよそ 3,000円~5,000円です。

単純なカットして繋げるのみの作業のため、10分動画であれば1-2時間作業なのでまあ妥当な価格かと。

ただし、動画素材がかなり複雑かつ、カット数が多い場合はカット作業もかなり大変になりますね。

その場合でもこの価格で出来ればお得な気がします。(ただ、発注者側もストーリーボードを作成しないとか、細かく指示書作成しないといけない場合は、その分発注前の工数もかかります)

動画制作会社へカットのみの作業依頼は、べらぼーに高くなる可能性あるのでやめといたほうがいいです。

カット編集のみ外注する場合はクラウドソーシング一択かと。

動画編集の外注できる一押しサービス「ココナラ」と「クラウドワークス」を比較してみた

数年前から、デザイン、技術サポートをフリーランスから受けられるサービスが主流になりつつあります。もちろん私も色々な場面でクラウドソーシングサービス(ネットで外注先を探せるウェブサイト)を利用しています。

例えば、記事ライティング、ロゴ制作、販促アイテムデザイン、翻訳、そしてこの動画編集などなどです。

動画編集外注における、いちおしサービスは、「ココナラ」と「クラウドワークス」です。そんな2大サービスを比較してみました。そもそも、両サービスはユーザー体験が少々異なります。

ココナラは、出品者(クラウドワーカー)が自分のスキルを投稿して集客しているのが主流なのに対し、クラウドワークスは企業が案件を投稿して、それをクラウドワーカーが応募することが主流になっています。

動画編集系案件数 (2020年5月時点)

ココナラ:3420件

クラウドワークス: 952件

ということで、圧倒的にココナラの方が動画エディターが多いようですね。

それぞれの価格予算(2020年5月時点)

ココナラ:5,000円~15,000円

クラウドワークス:10,000円~ 100,000円

やはり、ココナラの場合、個人が投稿しているだけあって、格安ですね、、!

そしてクラウドワークスは、動画編集にはあまり強くないのか、今回の比較条件でヒットしたものも僅かしかなかったです。VRや英語字幕挿入などやや特殊な編集作業の場合は、価格高くなっています。

品質・安全性は?

私も、動画編集作業をクラウドワークスの委託したことがあります。そのときはシンプルなストーリーボードを渡しただけで、ほぼ完ぺきに編集してもらいました。もちろんクラウドソーシングサービスにいるひとがすべて動画編集のクオリティが高いとは言い切れませんが、応募する方々は継続して案件を獲得したいと思ってやっているので非常に一生懸命やっていただけます。

残念ながら、ココナラでの動画編集を外注したことはないですが、自信のある動画エディターが自らサービスを投稿しているため、クオリティは良いと思っています。募集中商品を見てみると、Youtube動画編集に特化した方々が多いです。

それでもなお、品質・安全性は気になるところ。そのさいのワンポイントアドバイスですが、初回発注者の場合まずは動画1本から発注することをおすすめします。その後、品質が良ければ、発注ボリュームを増やしていきましょう。

【2大巨頭】動画編集の外注先が見つかるサービス

ココナラ

前述の通り、スキルのあるひとと、そのスキルを購入したいひとを繋げるマーケットプレイスです。動画編集・加工というカテゴリを選択すれば数千件ものオファーが見つかります。そこからみなさんの要望にマッチするサービスがきっと見つかるはずです!投稿オファーをみていると、有名Youtuberの編集もやっているひとが散見されますね。

ココナラ公式サイトへ

クラウドワークス

あらゆるジャンルのフリーランサーと購入したい企業を繋げるマッチングサイト。昔からデザイン関連の案件が多い。(ロゴ作成、ブランドロゴ、販促アイテム等)

スキルフルなひとたちが集まっているので、初回でも安心・安全性を売りにできるかなと思います。

その他良い点は、クラウドワークスの場合、フリーランサーが過去に受注した履歴を閲覧することです。

この仕様は便利で、実際に私もスクリーニングの時間を大幅に削減できました!

クラウドワークス公式サイトへ

動画編集を外注するならココ

ダジャレみたいになってしまいましたが笑 そう、 「ココナラ」です。

やはり動画エディターが多く集まり、競争が活発なところで探していくのがベストです。

結果的に、安くて高品質な動画制作を仕上げてもらえる確立は上がります。

一方でクラウドワークスは、VRやアニメーションなどのやや特殊編集可能なひとは見つかるかもしれません!

今回は動画編集の外注先探しかたをご紹介しましたが、「撮影から全部お願いしたいなー」というひとには動画制作会社の利用も選択肢のひとつです。(というかその場合はほぼ1択かと)

こちらの関連記事も是非チェックしてみくださいー

■ 関連記事: おすすめの動画制作・映像制作会社6選!価格・目的・実績を徹底比較