年収1000万?最後の大勝負。50代でエグゼクティブ転職する方法

50代エグゼクティブ転職におすすめの転職エージェント 仕事の悩み解決

「年収1000万円以上のエグゼクティブ転職を50代で叶えることは出来る?」

「どうやって転職成功させる?そもそも50代で転職は可能?」

この記事はこんな

定年退職間近に控えた50代での転職は、これまでの豊富な経験を活かして年収もキャリアもよりアップできる「エグゼクティブ転職」を考える人は多いでしょう。

しかしここで会社選びに失敗してしまったら、さらなる転職は難しく定年まで我慢して働き続けることになります。

このタイミングでの転職は、人生最後の大勝負。必ず成功しなければなりません。

今回は「エグゼクティブ転職」について解説し、年収1000万クラスの転職成功に繋がるポイントを紹介していきます。

50代エグゼクティブ転職とは?

「エグゼクティブ」は明確な定義が存在せず、英語のexecutive「実行する・実行力がある」の意味から派生し、主に企業の管理職や役員などを指します。

そこにはCEO(最高経営責任者)やCTO(最高技術責任者)、COO(最高執行責任者)も含まれており、つまりは会社において重要なポジションでの転職といえます。

このようなハイレベルなポジションの求人をみると年収600~800万円がほとんどで、質の高い豊富な経験をもった50代であれば年収1,000万円以上や、びっくり仰天の数千万円ちかくの求人も多々あります。

一般的に転職は年齢が上がるほど、不利だと言われています。

しかし、エグゼクティブ層での転職は違います。実はまだまだ成長途中の企業にとっては、即戦力となる管理職などの人材が必要なのです。

では企業側が50代エグゼクティブ転職に、どのようなことを求めているのか具体的にみていきましょう。

50代エグゼクティブ転職に企業が求めること

企業が求める人材として、ポテンシャルや会社に勢いをつけたいと考えているのであれば若手を採用するでしょう。

また中小企業やベンチャー企業にとっては、新しく人材を育成する時間も費用もないのが現状で、即戦力となる経験豊富な人材への確保に力を入れています。

そのためエグゼクティブ求人となると勤続年数や経験・実績・スキルだけでは、とくに重要視されません。

企業が求めるものはより深く、マネジメントを主にした経験・会社に繋がる実績・専門性の高いスキルといえます。

1. マネジメントをした経験値

企業は採用後に、様々な考えをもった社員たちをどのようにしてまとめて会社の功績に繋いでいくのかを期待しています。

前職でどのようなマネジメント経験があるのか、さらにそれを踏まえた人間力も求められるでしょう。

多くの部下をもつポジションだと尊敬されるような実績も大切ですが、周りの人がついていきたいと思えるような人間であるかどうかも試されています。

2. 会社に繋がる実績

これまで多くの実績を積んでいても、転職先の会社に繋がるような実績をもっていなければ即戦力にならないと判断されてしまいます。

その実績にはかなり「具体的に説明出来るもの」が必要です。

悪い例として、石ころを投げれば当たるぐらい存在する「わたし、リクルートでじゃらんの立ち上げしてました」みたいな人。漠然とし過ぎていて個人の実績のアピールにはなりません。

最も大切なことは、会社にとって自分のスキルや実績がメリットと思ってもらえるかどうか。

つまりここが最大のアピールポイントともいえるでしょう。

3. 人脈

エグゼクティブ 転職

実績とは前職での成功体験や表彰経験などありますが、これまで築いた人脈も強いアピールができるでしょう。

会社にとっては、ビジネスに繋がる人脈を多くもっている人を採用することは大きなメリットです。

4. 専門性の高いスキル

50代のエグゼクティブ転職は通常のビジネススキルはあって当たり前。

企業側はより専門性の高いスキルを持った人を採用し、自社に取り入れたいと考えています。

さらに技術系や研究職の仕事であれば、よりハイレベルなスキルも持った人材を貴重とされています。

またスキルをもっているだけでなく、現代社会の進歩や変化についていけているかも大きなポイントです。

年齢を重ねても学び続け、スキルの再構築をしていく姿勢をみせましょう。

次はエグゼクティブ転職に成功するポイントをみていきましょう。

50代でエグゼクティブ転職成功させるために必ずやるべき「2つの準備」

エグゼクティブ転職ではより深い経験や実績、スキルをもった人材を求められることは先ほど紹介しましたが、求められるこまかい内容は会社によってさまざま違います。

ただ、共通してエグゼクティブ転職を成功させるためには今から言う「2つの準備」は必須です。

まずは転職したい会社へのこまかな分析が不可欠となり、どのような人材を求めているのか紐解いた上で、それに合わせた自分のアピールポイントを考えていきましょう。

自分のアピールポイントをより明確にする

自分が企業の求める人材であることを売り込めるかが勝負です。

そのためにはより、アピールポイントを充実させられるかが重要となります。

まずはこれまでのキャリアを思い出し、整理していきます。

そこからエグゼクティブ求人にも通用するか、尚且つ企業が求めている人材に適した内容かを念頭において、自分のアピールポイントを具体的にした内容でまとめていきます。

明確化にすることで、自分自身のことを知ったうえで企業に一貫性のあるアピールができ、伝わりやすくなります。

企業にとってどれほど魅力的で即戦力となる経験・実績・スキルかを証明でき、転職成功に繋がるでしょう。

最大の成功のカギは「転職エージェントの活用」にある

50代のエグゼクティブ転職をより効率的に進めるためには、転職エージェントの活用が必須です。

(コネクションがあって転職する以外は100%転職エージェントを活用しないと無理です)

仕事をしながらの転職活動は時間も限られ、全てを一人で進めるには体力的にも負担がありますよね。

転職エージェントを活用すれば求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書や面談のアドバイスもくれますし、年収などの採用に関する交渉から入社までのサポートもしてくれるのでとても安心です。

さらにエグゼクティブ転職となると、自分で探すと求人が限られていて選択の幅が狭くなります。

大半の転職エージェントは「非公開求人」というものがあり、利用者のみ紹介できる独占求人をもっています。

ハイクラスな好条件求人をたくさんもっているので、転職エージェントを活用してエグゼクティブ転職成功に繋げましょう。

転職エージェントを利用する理由

あまり知られていない「転職エージェントを利用するべき理由」

転職エージェントの賢い使い方

多くの人が知らない「転職エージェントの賢い使い方」【2022年編】

50代エグゼクティブ転職におすすめの転職エージェント

50代エグゼクティブ転職におすすめの転職エージェント

では、50代でエグゼクティブ転職を狙っている人にぴったりな転職エージェントをご紹介します。

これからご紹介する転職エージェントはいわゆる「ハイクラス転職に特化した」転職エージェントです。

(20-30代向けの総合型転職エージェントや転職サイトに登録しても、エグゼクティブ求人は一生見つからないので注意してくださいね。)

JACリクルートメント|外資・グローバル転職したい人におすすめ

国内大手、外資系、海外進出企業などの求人を豊富に扱い、グローバル転職を得意とする会社です。

求人数が多いだけでなく、全体の60%が「非公開求人」で、JACだけの独占求人も多くあるため、他ではない求人を紹介してもらえることもあります。

8割は年収800万円以上のエグゼクティブ求人を多く扱うため、若い年齢層よりも経験豊富な40~50代層への転職サポートが中心となります。

専門性の高いコンサルタントも所属しており、またグローバル転職の支援においては、英語スキルのあるコンサルタントが、英文レジュメ作成(外資系企業などに向けた履歴書)のアドバイスもしてくれます。

他の転職エージェントにはあまりないサービスなので、グローバル転職を考えるのであれば登録はしておくとよいでしょう。

▶JACリクルートメントに無料登録する

ビズリーチ|企業・ヘッドハンターから直接スカウト獲得!

ビズリーチは、3分の1以上が年収1000万円以上という国内最大級のエグゼクティブ求人を保有している会社です。

他の転職エージェントとの最も大きな違いは、ヘッドハンター・企業から直接スカウトがくる「スカウト型サービス」という点。

ヘッドハンターや企業の採用担当は、それぞれに非公開求人を保有しており、利用者の職務経歴書を閲覧して求めている人材と判断されれば、直接スカウトメールをくれます。

他の転職エージェントでいうコンサルタントのような役割をヘッドハンターが担ってくれるので、より自分に合う人を選ぶ必要があります。

ヘッドハンターはビズリーチの審査に通過した優秀な人のみで、各々のプロフィールから得意とする分野を確認でき、また自分が転職したい業界に精通しているのかも分かります。

その後はヘッドハンターと直接会って自分の希望を伝えると、その希望に合った企業を提案してくれます。

そして転職に向けたサポートが始まり、企業面談へと繋がるという流れです。

また、ビズリーチは有料会員と無料会員があるのも特徴です。

もちろん受けられるサービスも異なりますので、より良い求人に出会いたいのであれば有料をおすすめしますが、大事なことは自分の転職スタイルに合った登録をすることです。

ビズリーチは質の高い求人が多々あるのと同時に、求められている人材もハイレベル。

管理職などの経験やこれまでのキャリア、国家資格などを持っている人が重宝されます。

即戦力となると評価されれば、50代で年収1000万以上のエグゼクティブ転職も夢ではありません。

▶︎ビズリーチに無料登録する

同じスカウト型サービスであるリクルートダイレクトスカウトと併用すれば、もれなくエグゼクティブ案件に出会う確率がぐーんっと上がります。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカバー)| こちらもスカウト型サービス

こちらもビズリーチと同様、「スカウト型転職サービス」です。

リクルートグループのネットワークを活かし、年収800万〜2000万円のようなハイクラス向けの求人案件が豊富に取り扱っています。

登録している転職エージェント(ヘッドハンター)や、企業から直接スカウトがもらえます。

年収検索も600万円が下限となっており、より高年収の転職を考えている人におすすめの会社です。

また、顧問求人の種類が豊富で本業に加えて顧問として働きたい人にとっては、スカウトを受けることができてよいサービスが期待できます。

特徴としては、リクルートのあらゆるサービスを併用しながら、転職活動ができることです。

リクルートダイレクトスカウトはヘッドハンターを指名できますが、あくまでも企業を紹介してくれますが手厚いサポートは受けることができません。

そのため基本的な履歴書や面談についてサポートしてほしい人は、「リクルートエージェント」の併用をすることも可能です。

▶リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカバー)に無料登録する

同じスカウト型サービスであるビズリーチと併用すれば、もれなくエグゼクティブ案件に出会う確率がぐーんっと上がります。

ランスタッド | 英語を活かした専門求人を探している人におすすめ

ランスタッドは外資系企業の転職に強く、求人数も多いのが特徴です。

他にも英語スキルを活かせる仕事や、製薬・金融系の会社など専門的な求人も扱っています。

ハイクラス対象のみとしているので、全体的に質の良い求人が揃っているようです。

また手厚いサポートで、履歴書や職務経歴のアドバイスから面接練習まで充実していると評判です。

希望にあった企業を提案してくれるだけでなく、転職希望先の企業に年収の交渉もしてくれるため、寄り添ったサポートと少しでも年収アップを目指す人にはおすすめの転職エージェントです。

▶︎ランスタッドに無料登録する

※他にもハイクラス転職に特化したおすすめの転職エージェントをこちらの記事でも紹介しているので、決めきれない方は是非どうぞ▼

転職エージェントの賢い使い方

多くの人が知らない「転職エージェントの賢い使い方」【2022年編】

50代からでもエグゼクティブ転職で一発逆転出来る可能性は大いにあり!

転職エージェントの賢い使い方

50代のエグゼクティブ転職について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

年齢だけを考えると転職は難しいと思われがちですが、いまは平均寿命が延びるとともに現役時代も伸びています。

そのような時代、企業は会社全体の成長へと導いてくれることを期待し、より経験豊富で即戦力となる人材を求めています。

これまで積んできたキャリアやスキルは武器になります。そして、それを明確化にすることで企業に強いアピールができ、エグゼクティブ転職のチャンスを掴めるはずです。

また転職成功カギとして、よりよい求人に出会うには転職エージェントを活用することが必須といえるでしょう。

まずは自分の目で、エグゼクティブ転職の現状をみることが大切です。

どのような求人があるか知るためにも転職エージェンに登録して、スタートラインに立ちましょう。

人生最大の大勝負。成功すれば、年収1000万、2000万、3000万も夢ではありません。

※エグゼクティブ転職関連記事

いきなりベンチャー役員幹部になるには?

【実体験】”いきなり”ベンチャー役員・幹部として転職するには?年収・メリット・デメリット

ベンチャーの転職はリスクが高いのか?

ベンチャーへの転職リスクについて真剣に考えてみた 【年代別・年収・リターン】

エグゼクティブに強い転職エージェント

エグゼクティブ管理職なら登録必須の転職エージェント6社

\おすすめ転職エージェントを探す/

  • 商社
  • ベンチャー
  • “WEBマーケター”
  • “エンジニア”
  • “WEBデザイナー”
  • “コンサル”
  • “外資金融”
  • “外資IT”
  • “外資メーカー”
  • “英語”
  • “海外勤務”
  • “営業”
  • “エグゼクティブ”
  • “800万以上”
  • “20代”
  • “30代”
  • “40代”
  • “第二新卒”
  • “女性20代”
  • “女性30代”