【厳選】通訳会社ランキング! 英語・中国語・専門通訳はココ

通訳・翻訳

仕事で、「国際カンファレンスがあるけど通訳いないかなー」「海外の企業と大事な商談があるが1日派遣できる通訳会社いないかな。。」など思っている人!まさに “Right place”です!

本記事では、そんなあらゆる通訳ニーズに応えるべく人気の通訳会社をランキング形式でまとめてみました!

そもそも通訳会社とは?どんなサービス提供してくれるの?

通訳会社とは、「通訳者を派遣し、現場で通訳業務」を提供してくれる会社です。(そのままですが)

通訳者は、会議やカンファレンスなど国際的な場所で異なる複数の言語を話す人たちの間に立って、会話が円滑に進むよう両者の指定言語を話す、超かっこいい存在です。 テレビで首脳会談で通訳者をみたことありますよね。

一口に通訳会社といっても、その得意とする専門分野は様々なんです。

ざっと、通訳の種類はこんなにあります。

「ビジネス通訳」→ 企業間の取引の通訳を担当

「会議通訳」→ 国際カンファレンスなどで発言者を通訳する

「放送通訳」 → 報道番組でニュース内容を通訳する

「通訳ガイド」→ 訪日外国人を案内する

それぞれ専門性が違っていて、一概にどこからでも通訳者の派遣依頼することは出来ないということです。

同時通訳との違いは?

通訳の種類のほかに、通訳手法もタイプがあります。違いは下記の通り。

「同時通訳」→ 発言最中に同時に通訳する

「逐次通訳」→ 区切りの良いところで通訳

もちろん同時通訳の方が難易度が高いです。(話ながら聞き、通訳するなんて私には想像もつきません。。)

同時通訳の利点はやはり会議がスムーズに進む点。発言者が話しながら、傍聴者が理解できるため言語の壁によりタイムロスはほぼないです。

通訳会社の評判は?利用するメリットは?

結論からいうと、各通訳会社が派遣する「通訳者」によりけりです。ただ、通訳派遣会社と名乗る会社の中にはそこまでスクリーニングせずに通訳者を登録しているところも少なくはありません。ここで挙げる会社は、しっかりと通訳者を厳選しているので、「まったく通訳してくれなかった」ということはまずないでしょう。

あとは通訳者との相性です。やはり会話を訳すわけなのでどうしてもニュアンスがずれてしまうケースもあります。

その場合は、私の経験から以下、事前に通訳者に伝えることおすすめします。

「スキルで訳の分からない直訳をするのではなく、会話の流れをつかみ相手に理解しやすくかみ砕いて」

印象の良かった通訳者は次回も指名でアサインできるのでまずは信頼性の高い以下通訳会社に問いあわせしてみてください!

通訳会社の価格相場は?

通訳者の熟練度、専門性によって大きく料金は変動しますが、

1日拘束で相場は2万円~15万円ほどです。そこからプラスで交通費が発生します。

国際会議で同時通訳が必要な場合は専門性、経験値が要するため高いレートになります。あとは言語によってもレートは変動します。英語は安く、日本で話せる人が少ないマイナー言語はレートが高くなります。

おすすめ通訳会社ランキング 【英語・中国語・その他言語対応可】

No.1: サイマル・インターナショナル

サイマルインターナショナルは、政府での国際会談で長年利用されている日本でトップクラスの通訳会社です。通訳の質は間違いありません。また、登録通訳者数も多く、ほとんどの言語に対応できます。専門性の高い分野や重要会議において手配検討している場合はおすすめです!

No.2: ISS (アイ・エス・エス)

ISS (アイ・エス・エス)も老舗のトップ通訳派遣会社です。対応言語は、英語通訳者が多いですが、中国語、韓国語、ドイツ語、ロシア語、フランス語、スペイン語も対応可能です。

医療・国際会議に強い通訳者を抱えています。また、自社で通訳者の養成スクールを運営しており、毎年プロ通訳者を輩出しています。

No.3: TAS 通訳案内士紹介サービス

最後に通訳ガイドでおすすめの通訳派遣会社です。TASは、旅行系人材サービスで、通訳案内士(国家資格)を保有したガイドを派遣してくれます。

実は、通訳者に資格というものは存在しなく、唯一国家資格なのがこの「通訳案内士」。プロの観光ガイドとして歴史・文化・観光地の知識が豊富で他言語で説明する能力を持っている人たち。

VIPが日本にきて、観光案内する際にプロガイドを手配するのにおすすめです!

まとめ: まずは上記通訳会社に問い合わせしてみることをおすすめ!

通訳会社ランキングいかがでしたでしょうか? 実績を持つ上記翻訳会社ですので、サービス品質はまず問題ないです! まずは一度問い合わせしてみてください! 長く付き合える通訳会社を探せることを祈っております!